なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

不満でも3年はガマンした方が出世には有利

 

 会社に入ったばかりの新入社員で、理想と現実のギャップにショックを受け、会社を辞めてしまおうと考える人は多い。

 また望まない部署に配属され、転職を真剣に考えている人もいるかもしれない。もちろん転職によってキャリアをアップすることは可能だが、長期的な視点で出世を考えるのであれば、とりあえず3年はガマンした方がよい。

仕事は相手に評価されないと実績にならない
 組織で働く人にとって大事なことは、働いている組織が市場であることを認識することである。人や仕事を評価するのは自分ではなく市場なのである。

 これが起業家の話であれば、一般的な巨大市場が相手になるので、そこで受け入れられる商品やサービスを提供すれば成功することができる。だが組織人における市場とは、会社の内部という狭い社会に限定される。自分ではどんなに仕事ができると思っていても、その狭い組織の中で評価されないと、仕事ができることにはならないのである。
 外部にはとても通用しそうもない人材なのに、うまく出世している人をよく見かける。これは社内と社外の市場構造がまったく異なっている事実をよく表している。

 学生のうちは、過去の実績がゼロなので、将来性を評価するしか方法がないが、ひとたび社会人になってしまうと、まずは過去の実績が問われることになる。

 仮に転職するにしても、今度は人材市場という市場であなたが評価されることになる。お金を出して買う側の人の立場になってみればわかると思うが、どんな人材かも分からない人にポンと大金を出すことはできない。とりあえずは、前の会社でどんな仕事をしてきたのかを確かめたくなって当然である。

相手にとって自分はどう見えるのか?
 結局のところ職務経歴書に書いてある内容がすべてを決めることになる。このとき、1年足らずで会社を辞めていたりすると確実にマイナスのイメージになる。

 先方にしてみれば、どうしようもない会社だが本人は優秀なのか、あるいはその逆なのか丁半バクチになってしまうからだ。転職も考えているなら、なおさら外部の人が自分を見た時にどのように映るのかを意識しなければならない。

 人材の流動化が激しく、転職のチャンスが溢れている米国でも、人材の評価方法はそれほど日本と変わらない。まず職務経歴書を見て、不審な点を徹底的に質問していく。キャリアが不連続であったり、期間が異様に短い場合には、これでもかというくらい徹底的に何故短期間で職を変えたのか質問されるという。

 また現実的なスキルという意味でも3年ガマンすることは重要だ。3年の時間があれば、その分野において必要とされる専門知識やスキルをほぼ身につけることが可能だ。どんなにクダらない職場であっても何がしかのスキルというものは存在する。そのスキルや知識を身につけておいて損はない。

 3年経ってみれば、実はその業務が自分に合っていると気付くかもしれないし、新しい異動で別な部署に配属されるかもしれない。
 3年経ってみても転職したければ、そこでの業務経験をどのように経歴書に生かすことができるのか、十分に情報や知識を持ち合わせているはずだ。完璧な職経歴書を書いた上で落ち着いて転職活動をすればよい。

【参考記事】
会社から出ても出世する人
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FE052_L
部下に人気がないと出世できない?

 年功序列の制度を維持するためには継続的な規模の拡大が必要となるが、もはや多くの …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …

guntai040
ガバナンスのメカニズムを知れ

 組織で出世しようと思ったら、その会社の出世のルールを知る必要がある。そして、出 …

PHM11_0260
出世するには鈍感力も重要

 出世するためには、仕事ができることことはもちろんのこと、上司に目をかけられ引き …

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

FE117_L
総合力は評価されにくい

 「○×すべき」というべき論が出てきた時は要注意だ。学歴にとらわれず採用すべきだ …

SHOTAIMEN
出世する人は人の話をよく聞く

 人の話をよく聞くことは出世において重要なことである。 ただし、人の話をよく聞く …

ET134_L
たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しや …

a0001_001904
出世したければ、日報・報告書は甘く見るな

 会社によっては、日報や報告書の作成を義務付けているところがある。多くの場合、形 …

a0055_000551
上司が使うマネジメント手法を理解する

 以前の日本企業は、仕事はガムシャラにやればよいというカルチャーが主流でマネジメ …