なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

メールの書き方は出世を左右する

 

 毎日職場でやり取りしている電子メール。メールの書き方についてあまり気にしていない人も多いかもしれないが、実は出世に大きく影響してくるのだ。
 今回は電子メールの書き方と出世に関する話題である。

メール特有の問題など存在しない
 世の中には、電子メールのマナーと称するノウハウ本なども出回っているが、電子メールだからと特別に変わったルールがあるわけはない。口頭でのやり取りで望まれていることはそのまま電子メールでも望まれているし、口頭のやり取りでダメなものはメールでも原則ダメだ。
 電子メールの書き方で一番よくないのが、事実関係があいまいなことである。

*****
例の件の打ち合わせですが、明後日の午後などはどうでしょうか?
*****

 上記のメールは最悪である。そもそも例の件が何なのかさっぱり分からない。知っているのは出した本人だけという状況である。
  さらにまずいのが明後日という表現である。相手がタイムスタンプを見ないと、いつを基準にした明後日なのか分からない。場合によっては配信が遅れたり、深夜に見ることもあるだろう。このような表現は無用な混乱を招くだけだ。

ポイントは、題名、曜日、24時制、正誤表
 以下の例は理想的なメールの文面である。

*****
10月2日(火)14時25分に送信した「定例会議のお知らせ」というメールですが、
会議の日程に誤りがありました。以下のように訂正いたします。

(誤)開催日程10月17日(水)13時30分~
(正)開催日程10月18日(木)13時30分~
******

 このメールの良いところは元のメールのタイトルと時間が記載されており相手が探しやすくなっているという点である。
 また誤った情報と正しい情報が比較してあり、相手が勘違いしにくくなっている。時間は24時制で記載されているので、午前なのか午後なのかで混同することがない。
 さらに曜日の情報も付加されているので、仮に記載ミスがあっても相手が気がつきやすい。

相手の目線に立てているか?
 重要なのは、メールを読む相手の目線に立っていることである。これは対顧客なら顧客目線に、対上司なら上司の目線に立てることを意味している。

 これができるビジネスマンは、間違いなく営業成績も良いし、上司からも気に入られる。たまたま今はメールの書き方が話題になっているが、本質はメールの問題ではなく、仕事ができる人には共通のスキルの問題なのである。

 不明瞭なメールが送られてくると、送った人をマイナス評価する人は一定数存在する。逆にきちんとしたメールを受け取って怒る人はいない。出世はある意味で減点ゲームでもある。マイナス評価する人がいることが予見されるときに、わざわざその行動を取るのは愚の骨頂である。

【参考記事】
書類の体裁が整えられない人が出世できない理由
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ET134_L
たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しや …

PHM11_0260
出世するには鈍感力も重要

 出世するためには、仕事ができることことはもちろんのこと、上司に目をかけられ引き …

a0002_003636mm22
出世できる人は意見の伝え方が上手い

 同じ事を相手に言う場合でも、言い方や順番を変えるだけで相手への印象は大きく変わ …

a0002_005490
時間管理がうまい人は出世する

 順調に出世する人の多くは時間管理が上手だ。また机の上などが整理整頓されているこ …

FE011_L
自分で考えて解決する習慣をつけろ

 日本の職場では周囲との強調が第一である。自分で判断することはむしろ危険ですらあ …

ichiro
プロのスター選手をビジネスの参考にする愚

 マネジメントやスキルアップの分野において、しばしばスポーツの世界で活躍するアス …

a0008_001841000111
上司にベストなタイミングで報告するコツ

 上司への報告が仕事をスムーズにするコツの一つであることは多くの関係者が指摘して …

118g5rgk003
出世できる人は、自分と人は違うということを知っている

 仕事ができるのに出世できないという人は意外と多い。そうなってしまう理由は様々な …

a0790_000540
上司はなぜ飲みに誘うのか?

 最近では以前と比べてだいぶ減ったといわれているが、やはり上司と飲みにいく機会は …

tamatuska55
ローソン新社長の玉塚氏に見る出世の法則

 ローソンは、現CEOの新浪剛史氏の後任として、玉塚元一最高執行責任者(COO) …