なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

上司はなぜ飲みに誘うのか?

 

 最近では以前と比べてだいぶ減ったといわれているが、やはり上司と飲みにいく機会は多い。
  上司と飲みに行くことが楽しくてしょうがないという人は何の問題もないが、そうでない人にとっては、時間のムダに感じられるかもれない。アルコールが苦手な人はなおさらである。
 そもそもなぜ上司は飲みに誘うのだろうか?またそれには必ず付き合った方がよいのだろうか?

飲みに誘う理由は大したことではない
 上司が飲みに誘う理由は主に以下の3種類である。

 ①自分が一緒に飲みに行く相手が欲しい
 ②悩みなどを聞こうと思っている
 ③飲みに誘うことが上司らしいふるまいと考えている

 上記からも分かるように、あまりたいした理由で部下を誘っているわけではないのだ。だから誘われる方もそれほど真剣に考える必要はない。

 ただし、上司が飲みに誘うことで何を求めているのかはよく把握しておいた方がよいだろう。上司とのコミュニケーションがうまくいかないのは、飲みに行く行かないの問題ではなく、上司が求めていることと部下の行動に食い違いが生じることが原因だからである。

上司のニーズを探れ
 もし上司が誘う理由が①なら、ほどほどの頻度で付き合いのが無難だ。よほど無神経な人でない限り、自分に付き合わせているという自覚はもっているはずだ。

 ②のパターンの場合は、上司も不器用であることが多い。
 部下の話を聞いて上司らしくうまくリードしなければならないと考えている。
 そのような場合には、部下の方からうまく誘導してあげればよい。
 普段から気軽に悩みを打ち明ける雰囲気が出来ていれば、飲みに誘われる回数も少なくなるだろう。要するに上司も何らかのきっかけが欲しいのである。

 一番メンドーなのが③である。部下を連れ歩くことが上司のシンボルだと思っている。この場合はあきらめて参加した方がよいだろう。秘訣はイヤイヤいく雰囲気を決して見せないことである。どうせ行かなければならないのなら、速攻で「行きます!」返事した方が効果的だ。

一切の誘いを断るという方法もある
 どうがんばってもアルコールや飲み会の雰囲気がダメだという場合には、思い切ってその手の誘いをすべて断るというやり方もある。

 付き合いが悪いと思われ、多少不利になることはあるが、飲みに行かないことそのものが、出世にとって致命的になることは、実はほとんどない。ただし付き合いが悪いと思われている分、ほかでカバーする努力は必要である。

【参考記事】
コミュニケーションを取らない人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

taishokugo5004
地域デビューで失敗するのはデキないビジネスマン?

 定年退職したビジネスマンが、町内会など地域社会にうまく溶け込めないというケース …

ED171_L
出世する人は書類の整理方法に特徴がある

 出世する人の多くは書類の整理が上手だ。だが書類の整理が上手といっても、それは必 …

atodonokurai665
どのくらい時間がかかるの?と聞かれたら

 前回のコラムでは、出世できる人は「時間の作り方」が上手いという話をしたが、時間 …

coffee
コミュニケーションを取らない人は出世できない

 どんな会社や組織であれ、人とスムーズにコミュニケーションを取ることは出世の必須 …

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

suimin001
夜眠くなる人は出世しやすい

 出世する人はパワフルに活動し徹夜など平気。そんなイメージがあるが実際はそうでも …

sukejuru
出世できる人は時間ポートフォリオを進化させる

 出世して役職が上がるに連れて、大きく変わってくるのが時間の配分である。役職が高 …

PHM11_0259
出世する人は怒られたこと自体は気にしない

 怒られるのはいい気分ではない。人によっては怒られてしまうと全否定されたような感 …

a0002_004908
評価されにくい仕事をアサインされたらどうするか?

 会社の中には、周囲から見えにくい、評価されにくい仕事というものがある。このよう …

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …