なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

会議の本当の意味

 

 日本の会社は会議が多い。会議が会議になっていないという意見は昔からあり、ビジネス書の棚を見れば、会議をどのように活性化させるかというテーマの本が並んでいる。だが今も昔も、日本の会議は変わっていない。いい悪いはともかくとして、日本の会社における会議は議論することが目的ではないのだ。

部長に浴びせられた一言
 ある広告会社では毎週月曜日に営業会議を行っている。営業担当者は先週の営業状況を報告し、案件が進みつつある顧客については提案内容を皆に報告する。それについて質問や意見などを出し合うというのが、会議の趣旨である。

 営業担当のEさんは、いつものように会議に出席していた。隣の課のNさんが営業の進捗状況を説明し、その後、Nさんが提案している内容についての説明に移った。

 Nさんが説明を終えると会議を仕切っている営業部長のT氏が「何か質問や意見は?」と聞いた。誰も答えない。T部長は突然Eさんを指名した。「何かあるか?」

 Nさんはその会社のことをよく知っていた。そこでNさんはその会社がどのようなマーケティングを行っているか、顧客層はどのような状態か、当社としてはどのようなアプローチで提案していくのが望ましいか、などにについて意見を言った。
 T部長は感心したように「よく勉強しているね」Nさんに言った。Nさんがホッとしたのもつかの間「N君、そんなに詳しいのに、何でこの会社に営業できていなかったワケ?」と冷たく言い放った。

会議の本当の目的とは?
 Nさんは会議を行う本当の目的を理解していなかったのである。日本の会社は予定調和が第一である。会議は予定調和にしたがって、ものごとが順調に進んでいることを相互に確認し、共同体としての「和」が保つための儀式なのだ。たとえそれが虚構であってもだ。

 実際、ムリなノルマが課されていて、どう考えてもクリアできるはずがないのに、来週までは100%達成します!という空虚な宣言で会議は終わる。
 本当の意味で情報を共有したり、議論をする場ではないのだ。 
 T部長はいろいろと自説を述べたNさんを「生意気だ」と思ったのかもしれない。こういうムラ社会では、やはり大人しくしているのが無難なのだ。

なぜか批判を受けるプラン
 会議のもう一つの重要な目的は、社会の力関係を再確認することである。

 あるメーカーの新入社員G君は、何回か会議に出るうちに、会議における暗黙のルールを知った。それは、力を持っている人が正しいという身も蓋もないものである。

 その会社の会議では、新しい技術開発のプランについてそれぞれが発表する場であった。発表した内容について意見を出し合い、その方向性を決めることになっている。

 社内で出世候補と呼ばれている社員が発表する内容には質問や多少の意見がでるものの大きな異論は出てこない。

 これに対して社内であまり評価されていない社員の発表には、否定的な意見が集中する。部門の責任者は総合的に判断する役目なのだが、多くは「空気」で評価をしているようだった。出世候補の社員の発表にはやたらとポジティブなコメントを出すのだ。

力のある人の言うことが正しいこと
 技術は評価方法によって様々解釈があり得るので、絶対的な答えというものはない。だがG君から見ると、批判を受けている社員の発表内容はかなり有意義に思えた。G君は自分の技術に対する理解が間違っているのかと思い、比較的親しい先輩社員にたずねてみた。

G君「○○さんの案はずいぶん批判されていましたが、そんなに悪い案なのですか?」
先輩「君はどう思うの?」
G君「いい技術だと思います」
先輩「僕もそう思うよ」「でもそんなことウチでは関係ないんだよ」

 G君はまだ新人だが、出世のひとつの糸口は掴んだようだ。

【参考記事】
敵を作らないことは成果を上げることより重要
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sasaki
出世できない人はなぜがすぐに体調が悪くなる

 自身の体調不良や家族の病気など、どうしても避けられない理由で仕事をキャンセルし …

PHM11_0259
出世する人は怒られたこと自体は気にしない

 怒られるのはいい気分ではない。人によっては怒られてしまうと全否定されたような感 …

taihen01
出世したいなら下積みで手を抜いてはダメだ

 ベンチャー企業や中小企業は、人材に余裕がないので、新入社員にのんびり下積み仕事 …

a0001_017480
最後の局面ではやはり義理人情

 ものごとを論理的に解釈したり、論理的にプランを立てて仕事を進めていくことは重要 …

abeshusho
とうとう年功序列の賃金体系にメス?

 これまで日本の労働市場ではタブーといわれていた年功序列の賃金体系にメスが入る可 …

a0002_003636
話は絶対に最後まで聞け

 要領を得ない話をされたり、話が延々と長いと正直イライラする。だが人の話を聞くと …

a0001_016895
自分の給料は妥当な額か?

 出世の第一のバロメータは昇進によって上がっていく役職だろう。だが、毎月もらう給 …

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …

houkoku
出世のためには「マメに報告」を欠かすな!

 組織で仕事をしている以上、上司への報告は避けて通ることができない。しかも上司の …

Image2
出世する人の期待の裏切り方

 出世する人は期待の裏切り方が上手だ。いい意味で相手の期待を裏切ることができれば …