なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

誰にアピールすればよいのか?

 

 組織で出世するためには、誰かの「押し」がなければダメだ。営業職など数字がモノを言う職場やプログラマなど技術中心のチームであっても、結局は上にいくためには誰かからの推薦が必要となる。結果がすべてであるはずのスポーツの世界ですら、監督やコーチなどとソリが合わない選手は捨てられていく。ましてや結果が数字になりにくい職場ではなおさらである。

管理職でない場合には、まずは直属の上司
 若いうちの人事は単なるローテーションであったり、機械的な配置が行われたりしている。だがある程度役職が上になってくると、人事は確実に誰かからの推薦がモノをいうようになる。小さい組織であれば、若いうちからそうである。

 このメカニズムに気がついた社員の中には、自分をアピールしようと躍起になる人も出てくる。だがここで気をつけなければならないのは、年齢や役職によって、アピールする相手は変わってくるということだ。

 まだ管理職になっていない段階の社員であれば、まずは直属の上司、さらにその上の部長クラスの上司がもっとも重要なターゲットとなる。この範囲であれば、上司は部下がどのような人物なのかおおよそ見当がつくため、推薦を出しやすいのだ。範囲は隣の部門など、ある程度情報がいきわたるところであれば、他部署も含まれる可能性がある。

 ただし、このようなヒラの段階では、あまり露骨にアピールしても効果はそれほど大きくない。同じ部署、あるいは近い範囲の部署であれば、上司は部下全員を把握することができるからである。

 このような場合には、露骨にアピールするよりも普段の仕事で能力が高いことを証明する方がてっとり早く確実だろう。また目が届く範囲なので、あまり成果に結びつかない仕事でも取り組んだ事実は理解してもらえる。
 それでも上司にアピールしたいなら、徹底的にここまでするか、というレベルまでおべっかを使うことがポイントだ。だがそれは賭けになってしまう可能性もあるのでよく考えてからにした方がよい。

管理職になると周辺の「評判」の重要度が増してくる
 管理職になると少し状況が変わってくる。管理職であっても、やはり直属の上司やさらにその上の上司はもっとも重要なターゲットである。だが管理職以上になると、他の部署の管理職や役員など、本人のことをそれほど知らない人の発言が重要になってくる。つまり普段の仕事ぶりを見ていない人からの評判が出世を左右するようになる。

 こうなると、成果に結びつかない仕事を抱えてしまった管理職は不利になる。逆にいうと、対して成果がなくても、役員などの評判がよければ出世できる見込みも出てくる。このため、上層部からの推薦をもらおうと、露骨にアピールをする人が増えてくるのだ。
 だが、アピールする人を間違えると、取り返しのつかない失敗を犯すことにもなりかねない。

 あるメーカーの課長であるSさんは、自分の部署が関係する稟議が役員会にかけられるときは、社長をたずねて説明しついで自分を売り込んでいた。課長クラスでわざわざ社長のところまで説明する人はそれほどおらず、社長もまんざらではなかった。

 だが社長は基本的にかなり多忙である。スケジュールは10分刻みだ。社長とのアポを取るために、Sさんは秘書室に何度も連絡をしていた。
  最初のうちはいろいろ協力していくれていたが、あまりにSさんがしつこいので、とうとう秘書室から嫌われてしまった。

 もちろん秘書室側は今までと変わらずSさんに接していたものの、他の部署の人に、社長室に通い詰めるSさんのことをペラペラと話すようになってしまったのである。
 このような話はあっとう間に社内に広まる。何人かの部長がそれを耳にして「あいつはまだ課長になったばかりのクセにどうしようもないヤツだ」と悪い印象を持ってしまった。

サラリーマン社会は状況の変化が早い
 管理職以上になると、直接業績には関係ない「評判」が出世を左右するとの法則通り、Sさんは悪い「評判」をもらってしまったのである。

 オーナー企業でない限り、社長が長期間にわたってその椅子にあることはめずらしい。やがてSさんが通っていた社長は退任し、新しい社長が就任した。役員も世代交代が行われ、Sさんを嫌っていた部長がとうとう役員に就任することになってしまった。

 上へのアピールは重要だが、やりすぎてマイナスなることは避けなければならない。またサラリーマン社会は異動が多く、状況が変化しやすいことも忘れてはならないだろう。

【参考記事】
誰が出世する人を決めているのか?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ET060_L
敵を3人作ったら終わり

 本コラムでは、日本の企業社会は前近代的なムラ社会であるという表現をよく用いてい …

Image4
ミスをすること自体には何の問題もないが・・

 人は誰でもミスをするものである。だがミスをした時の対応が悪いとそれはキャリアの …

a0001_017136
無表情な相手への対処方法

 上司であれ、部下であれ、また取引先であれ、無表情な相手は対応に苦慮するものであ …

sjob
アップルのジョブズ氏に学んではいけない

 アップルのカリスマ経営者であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってから1年が経 …

situsmon761
人から何かを聞かれたら

 出世できる人は、自分が詳しい分野について人から尋ねられた時、分かりやすく丁寧に …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

Image3
同期社員との付き合いは出世に有効か?

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企 …

a0001_013647
文章力を鍛えることは出世の早道

 出世する人は文章が上手なことが多い。文章が上手とっても、あくまでビジネスの世界 …

Image2
出世する人の期待の裏切り方

 出世する人は期待の裏切り方が上手だ。いい意味で相手の期待を裏切ることができれば …

sochoshussha
新人は朝早く来るべきというコラムが波紋を呼んでいるが・・・

 新入社員はなるべく朝早く来た方がよいという大学准教授のコラムが波紋を呼んでいる …