なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

東大話法を駆使しろ

 

 東大話法と呼ばれるものがある。「原発危機と東大話法」という書籍の中で述べられたもので、自分に都合のいいように話を持っていき、責任を回避し、自分だけが得するための論法のことを指す。

 「東大」というのは、いわゆる「釣り」のタイトルだ。

 原発事故で無責任な言動を繰り返す官僚など、日本型のエリートに共通してあてはまる論法ということで「東大」はその象徴として使われている。

東大話法は良くないことらしいが、では何で通用しているのか?
 ところでこの東大話法、書籍では当然「良くないこと」として取り上げられているわけだが、逆に考えれば、この話法が通用しているということは、いい悪いはともかくとして、日本社会では大変有効だということの表れである。

 現実に東大話法を繰り返している東電幹部や官僚は何の責任も取らされていないどころか、皆、美味しい思いをしている。

 ではこれにならって、皆、東大話法を駆使すればよいではないか?このようなことを皆が考え出すと、国全体としてはとんでもないことになっていくのだが、そんなことはこの際、知ったことではない。この話法が有効で、それを使って得している人がいるのであれば、それを活用しない人間がバカを見てしまう。

 東大話法の法則には以下のような例がある。

 ・自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
 ・自分の立場に都合のいいように相手の話を解釈する。
 ・都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事をする。
 ・どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
 ・自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りする
 ・「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。
 ・自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
 ・見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
 ・ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
 ・仮定条件つきでしか謝罪しない

日本のムラ社会の奇妙なルールを明文化したもの
 実はこの東大話法には、本コラムで述べてきたこととの共通点がいくつもある。「都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事する」は「ルール違反を指摘するのはルール違反」と同じような話である。

 都合の悪いことは無視して、都合のよいことだけに返事をしていたら、本来なら相手から「都合の悪いことは無視しやがって!」と逆に激しい攻撃を受けそうな気がする。

 だが日本では、ルール違反を指摘した方が和を乱したということで逆に弾劾されるという奇妙な現象が発生する。

 したがって、都合のいいことばかりに返事をしている人の方が得をして、それに対して攻撃した人の方が「過激だ」とか「冷静じゃない」というレッテルを貼られて損するのである。ちなみにこのレッテル貼りも上記東大話法の一つである。

 「自分の立場に都合のいいように相手の話を解釈する」は「何を言っているかではなく、誰が言っているか」に関係した話である。


 日本では、話されている内容はほとんど意味をなしていないことが多い。重要なのは誰が言っているかという点なのだ。したがて、エライ役員が言っている以上、その中身が何であれ、立場が覆ることはない。相手の話はすべて立場が上の人が都合のいいように書き換えてしまう。もちろんこれに異議を唱えれば「和を乱した」として総攻撃される。

  東大話法は以前からいわれている日本のムラ社会の奇妙なルールを別の視点で明文化したものなのだ。

既得権益者に絶対的有利という事実
 つまりこの東大話法というものは、究極的には他人とコミュニケーションや交渉を一切せず、既得権益者の利益を絶対化するための方策ということができる。

 コミュニケーションが存在しないということは、ルール違反について、違反が起こった後に解決する方法はないということを意味している。

 日本には「やったモン勝ち」という格言があるが、まさにこのことを表している。ルールは守った方が負けなのだ。非常に悲しいことがだが、これが日本社会の現実である。ルール違反をされて犠牲になるのか、自分からルール違反をして他人を犠牲にするのか、究極的にはどちらかしかない。

 どの道を選択するのかは、あなた自身だが、東大話法を使わないで正直に生きると、かなりの確率で損をするという現実はよく理解しておいた方がよいだろう。

 ちなみに、この本の作者は東大の教授で、筆者が読む限り、論旨の展開は自身が批判している東大話法のオンパレードであった。やはり、日本では東大話法が有効らしい。

【参考記事】
ルール違反を指摘するのはルール違反
何を言っているかではなく、誰が言っているか
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

zaimushohyou
自分自身のバランスシートを理解することの重要性

 企業は、自身の経済活動で富を生み出すための存在だが、それは個人も同じである。ビ …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

a0002_002427
出世できる人はわざわざ人脈作りをしなくてもよい

 人脈はビジネスマンが持つべき重要な資産の一つである。だがいわゆる人脈拡大術のよ …

shuudan
出世できない人が乱発する言葉「そんなつもりはありませんでした」

 出世できない人は、何かの失敗をすると、必ず「そんなつもりはありませんでした」と …

a0002_0001002
勉強会好きな人には残念な人が多い

 仕事帰りや朝の時間帯などを利用した勉強会は数多く存在している。カリキュラムも実 …

itabasami4001
メッセンジャーボーイにはなるな

 会社の仕事で板挟みになるケースは多い。上司と取引先や、他の部署の上司と自分の上 …

PHM11_0170
セクハラが怖いなどと言う人は出世など到底ムリ

 最近はどの会社もコンプライアンス重視で息苦しいといわれる。またセクハラなどへの …

houkoku
出世のためには「マメに報告」を欠かすな!

 組織で仕事をしている以上、上司への報告は避けて通ることができない。しかも上司の …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …

sharphonhai
鴻海によるシャープの買収劇から考える、出世するための交渉術

 シャープがとうとう鴻海精密工業に買収されることになった。シャープの買収をめぐっ …