なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

SFCっぽい社員は出世できるのか?

 

 SFCとは1990年に設立された慶応大学の湘南藤沢キャンパスのことである。総合政策学部や環境情報学部などこれまで日本にはなかった学際的な新しいプログラムが用意され、開設当時は大変な話題となった。

 当初から、起業家、社会起業家、NPO、NGOなど新しいタイプのリーダーを育成することを念頭においており、ITを駆使した充実した環境で勉強することができる。

斬新な発言は日本社会では嫌われるはずだが
 SFCの卒業生の多くは、ITを使ったプレゼンが上手で、社会問題の解決などに対して非常に関心が高い。また自らが受けてきた教育環境について非常に誇りに思っている。確かに既存の詰め込み型教育で育てられた学生とは大きく異なっている。

 現在では、他の大学でも同様の学際的なプログラムなどが整備されてきたことなどから、今となっては同校だけが特別というわけではないが、新しいタイプの人材という意味では象徴的な存在といえるだろう。

 ではこのタイプの社員は出世しやすいのだろうか?

 普通に考えると、日本企業においてこのタイプの社員は極めて不利である。
 なにせ日本企業は「和」を最重要視するムラ社会であり、年功序列、前例踏襲の文化である。そんな中、ドブ板営業をしなければならない現場において「社会イノベーションが云々・・」や「会社として世界の貧困問題にもっとコミットすべき・・・」のような発言をすれば「何だアイツは」ということにもなりかねない。

 実際、SFC卒業生の中には、日本企業の文化になじめず、転職を繰り返した人も少なくないという。だが一方で、予定調和をひっくり返すような発言を連発しているにも関わらず、それが社内でポジティブに評価されている人も多い。

入社早々、新しい提案を連発
 SFCを卒業したBさんは、かなり保守的な財閥系のメーカーに就職した。営業企画に配属されたBさんは、新人であるにも関わらず矢継ぎ早に提案を行った。

 「Webサイトをもっとクールにしてはどうか?」
 「外部のコンサルタントを活用してはどうか?」
 「他の部署との柔軟な連携ができないか?」
 「やりがいを感じられる職場環境にしたい」

 などなど、周辺は上の人が激怒しないかヒヤヒヤした。だが結果は違った。

 「B君はなかなか斬新なことを言うね」
 「新しいことをまかせてみてはどうか?」

 上の評価は意外にもかなり高かったのである。実際に新しいプロジェクトの担当者に指名され、本来はつかない予算も、Bさんがズケズケと申請したら通ってしまった。

日本社会は「権威」と「空気」がモノをいう
 これはどういうことだろうか?
 実はBさんのような大胆発言をする若手社員は過去にも一定数存在していた。だがそのような社員のほとんどが「生意気だ」ということでつぶされてしまっていた。この違いは何を意味するのだろうか?

 ITを駆使したプレゼンや新しいカタカナ概念などは、変化を望まない上の世代にとっては一種の恐怖となる。通常であれば、本能的にこれを拒否し、総出でつぶしにかかることになる(ホリエモンがヒステリックにつぶされたのは同じメカニズムによる)。

 だが、そうならない局面も存在する。それは「権威」が伴う場合である。旧世代の人たちは「権威」や「空気」に極めて弱い。慶応大学という権威や、新しい人材を育成するのだという社会的な「空気」には極めて従順なのである。

 Bさんの場合にはそれがプラスに作用した。上司の逆鱗に触れ、つぶされてしまった社員には、タイミングが悪いことにその時には「権威」や「空気」が欠けていたのである。

 Bさんの社内での処遇は、日本企業の組織文化をよく表している。確かに権威や空気でものごとが決まる風潮は、日本社会の後進性をよく表している。だが、これを批判しても始まらない。これはムラ社会のまぎれもない現実なのである。
 同じ発言をしても、つぶされる人とつぶされない人には、違いがある。明日から周辺をよく観察してみることをオススメする。

【参考記事】
反抗的な人も場合によっては出世できる
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

Image1
始業時間すぐにクソをする人は出世できない

 外回りの営業マンなどは別として、管理部門など一日中オフィスの中で過ごす業種では …

shanaieigyou0441
得意分野にこだわりすぎない方がよい

 アベノミクスで景気が持ち直しているといわれているが、企業の経営環境は決して良好 …

ET134_L
たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しや …

ekkenkoui3217
出世できる人は、よい意味で越権行為が上手

 組織で仕事をする上では、自分の職責の範囲を出ないことは極めて重要なことである。 …

purezen
大きな仕事が取れる人と取れない人

 出世の多くが社内政治に左右されているが、そうはいっても、一定以上の成果を上げて …

putin
スパイの技術を出世に応用する①

 スパイというと人を暗殺したり、施設を爆破したりといった派手な映画のシーンをイメ …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

zenryoku001
出世できる人は入社初日から全力投球している

 社内で出世に関して具体的に差が付き始めるのは、多くの企業では管理職になってから …

GD194_L001
出世にリーダーシップはいらない

 組織の中で上に立つ人にはリーダーシップが必要だとよくいわれる。確かにその通りな …