なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

評価されにくい仕事をアサインされたらどうするか?

 

 会社の中には、周囲から見えにくい、評価されにくい仕事というものがある。このような仕事をアサインされてしまうとせっかく努力して成果を上げても評価されないのではないかと疑心暗鬼になりがちである。このような仕事の担当になってしまった場合にはどうすればよいのだろうか?

評価されにくい仕事は「便利な人」にアサインされやすい
 上司が見えにくい仕事をアサインするのには理由がある。残念ながらそれはあまりいい理由からではない。

 上司の中には、あえて評価されにくい仕事をまかせて適性を見たり、少し辛い経験をさせて、今後の成長に生かせるようにしようと配慮する人もいるかもしれない。

 だが多くの場合、見えにくい仕事をアサインするのは、その人が「都合のいい人」だからである。もしあなたがそのような仕事ばかり上司から指示されているとすれば、それはあなたが「文句を言わない、便利な人」とみなされている可能性が高い。

 上司にしてみれば、部下の仕事は自分の出世にも影響するわけだから、重要な仕事については、仕事ができると上司が評価している人にまかせる可能性が高い。
 逆にマイナスになることが明確な仕事については、上司が高く評価していない人を担当者にするだろう。これらはある意味で当たり前のことである。
 だが問題は、プラスでもマイナスでもない目立たない業務の担当者にされてしまう場合である。

便利な人からは抜け出す方策を考えるべし
 上記のように、重要で花形とみなされている仕事には、高く評価している部下を配置する。だが一方で「文句ばかり言うメンドーな部下」というのも存在する。

 外資系ならクビにして終わりだが、日本企業の場合にはそうはいかない。そうなると人事異動で体よく追い出すまでの間は、波風立てずに処遇したいとい意向が強く働く。

 このため、それほど評価していなくても、本人が満足するように重要な仕事をまかされたりする社員も存在する。

 目立たない仕事の担当になったということは、上司から嫌われてはいないものの、それほど評価されているわけではない可能性が高い。さらによくないのが「便利な人」になってしまっているケースなのである。

 便利な人は、それどマイナスの評価をされることはないが、都合の悪いときには必ず損な役割が回ってくる。もし自分がそのような位置付けになっている可能性がある場合には、できるだけ早くその状況から脱出する必要がある。

 もっとも、突然上司に質問したり、掛け合ったりするのは厳禁である。「便利な人」だったのが、いきなり「メンドーな人」に格下げになる可能性もある。

 とりあえずは、与えられた仕事をきちんとこなして、その結果を上司に報告することを心がける。上司との間で、面談などを持つ機会があれば、別な仕事にも取り組みたいという旨をさりげなくアピールするとよい。

大企業の場合にはあまり派手に動かない方が得策
 もし便利な人として使われているのであれば、上司にも多少の後ろめたさがあるはずだ。間接的にアピールすることで、事態はある程度解消されるかもしれない。

 その後も一向に状況が改善しない場合には、残念だが上司はあなたにそれほど高い評価をしていない可能性が高い。その場合には、上司の異動を待つか、自身が希望を出して他の部署に移ることも考えた方がよいだろう。

 もっとも、社歴の古い大企業など、ガツガツした競争がない組織では、あまり派手な動きをすると損をすることも多い。評価されにくい仕事で不利な状況ではあるが「待ち」の姿勢を保ちつつ、可能な範囲で抜け出す努力をするのが無難である。

 これがベンチャー系の企業であれば状況は少し変わってくる。

 ベンチャーなどの成長企業であれば、人の出入りも激しいはずである。また異動の希望も積極的に受け入れられる可能性が高い。そのような場合には、正直に上司に相談し、他の部署への異動を希望してもよいだろう。ただし、直属の上司の心象を悪くすることはいずれの場合も避けた方がよいことに変わりはない。

【参考記事】
同じ部門を進む人とあちこち異動する人
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0001_017007
ゼネラリストとスペシャリストのどちらが出世できるか?

 日本の会社はゼネラリスト指向だといわれる。かなり以前からスペシャリティが大事だ …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

a0003_001916
曖昧上司にあたってしまったら

 何事にも曖昧な上司の下で苦労しているビジネスマンは多い。曖昧にしか指示をしない …

Image2
出世する人は質問力が高い

 多くの人は会話の中で何気なく質問、あるいは疑問形の言葉を発しているかもしれない …

pc
同じ部門を進む人とあちこち異動する人

 会社の中の人事異動をよく観察してみるといろいろ面白いことが分かる。  基本的に …

a0002_0106001a
年上の部下を持ったらどうするか

 一部の企業ではまだまだ続いている年功序列だが、すでに年功序列が崩れてしまった企 …

FE081_L
仕事ができる人が陥りがちな失敗

 仕事ができる人は、多くの場合、他の凡庸な社員とは異なる思考回路を持っていること …

a0001_017136
無表情な相手への対処方法

 上司であれ、部下であれ、また取引先であれ、無表情な相手は対応に苦慮するものであ …

keikoku001
徐々に出される警告を理解できない人は出世できない

 最近は日本企業でもグローバル企業的な文化を持つところも増えてきた。グローバル企 …

putin
スパイの技術を出世に応用する①

 スパイというと人を暗殺したり、施設を爆破したりといった派手な映画のシーンをイメ …