なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

とにかく嫌な顔はするな

 

 無愛想や無表情はコミュニケーションという観点から非常にマイナスだが、感情がオモテに出やすいのも問題だ。
 特に何か嫌なことを頼まれた時に、露骨に嫌な表情が出てしまう人がいるが、これは何としても直した方がよい。

いわゆる右脳人間と左脳人間
 人間の脳には論理的に処理する部分と感情的に処理する部分に分かれている。俗にいう「右脳」「左脳」というヤツだ。

 何か決断しなければならない時は、右脳と左脳の結果が異なることも多い。最終的にはどちらかが優先されて行動が決まる。

 いわゆる右脳型の人は、感性の部分が強く表面に現れる。自分が好きな仕事をアサインされると嬉々として仕事に取り組むが、嫌な仕事を頼まれると露骨に嫌な顔をする。仕事をしている最中もイヤイヤ感丸出しである。

 また自分が好きな人のことを話題にしているときは表情豊かに話すが、自分が嫌いな人の話題になると急に暗くなってしまう。

 同じ右脳型といっても逆の人もいる。感性が非常に乏しいというパターンだ。嬉しいのかつまらないのかわからず、表情がない。嫌な仕事でも楽しいと思われる仕事でもあまり違いが見られないのが特徴だ。
 いずれにしても出方が違うだけで、感性部分が優先されているという意味では同じだ。

 これに対して左脳型の人は、感情よりも損得で物事を考える傾向が強い。
 嬉しいという気持ちが強くても、理性で「はしゃぎすぎてはいけない」と考え行動を抑制する。あるいは、つまならい、面白くないと思っても、理性で「嫌な顔はしない方がよい」とコントロールするタイプの人である。

 このタイプの人は、感情がないのでなく、激しい感情があったとしても理性でコントロールしているという点が重要だ。

右脳人間が多いので左脳人間は相対的に有利だ
 感性をうまく生かすことができる職種もあるにはあるが、仕事を遂行するということを考えると、多くの場合、いわゆる左脳型の方が有利だ。その理由は、多くの人間が右脳型だからだ。

 同じ頼まれごとをするにしても、ニコニコと快く引き受けてくれると、頼んだ方は圧倒的に気持ちがいい。自分が人に嫌なことを強要しているという後ろめたさから逃れることができるからだ。これが嫌な顔をされてしまうと自分が悪い人であることを指摘されているような気分になり面白くない。

 嫌なことを頼まれても、理性でうまく表情をコントロールできれば、逆に相手をコントロールできるようになるのだ。嫌なことを頼まれた時に露骨に嫌な顔をすることには何のメリットもないのだ。

 自分は左脳型で、論理的、理性的だと思っていても実はまったく右脳型だという人は多い。中には、自分の感情的な欲望を満たすために、論理を持ち出す人までいる。
 議論をしていても最初から答は決まっていて、とにかくその結論に強引に結びつけるためにありとあらゆる知識や論理を駆使する人がいるが、このような人は実は典型的な右脳型人間である。

事実関係ではなく「共感」が大切
 このような人にも、感情に訴えかけるやり方は効果的だ。
 相手が絶対と思っていることについて、まず共感してあげれば、相手はすんなりと話を受け入れる。極端な話、内容はどうでもよいのだ。

 よく日本では、いろいろと対立していてもお酒を飲むと最後は仲良くなっているという光景をよく見かける。論理的に考えれば、お酒を飲んだところで何も解決するはずがない。だが右脳型の人間にとって大事なのは「共感」であって「事実関係」ではない。共感が確認されればOKなのだ。
 バカバカしい話だが、お酒を飲むだけで解決するなら安いものではないか。

 理性で表情をコントロールできる人が注意しなければならないのは、感情の限界値である。どんなに理性的に振舞っても人間には限界値がある。だがそれを超えた途端に一気に爆発してしまったのでは「ブチ切れた」と思われ、かえって逆効果である。
 ふだん理性的に見えた人が感情的になることほど、みっともないことはない。

 したがって理性で感情をコントロールする場合でも、あくまで行き過ぎを抑制するくらいにとどめておいた方が無難であろう。

【参考記事】
冷静さをムリに装う人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_003636mm22
出世できる人は意見の伝え方が上手い

 同じ事を相手に言う場合でも、言い方や順番を変えるだけで相手への印象は大きく変わ …

118g5rgk003
出世できる人は、自分と人は違うということを知っている

 仕事ができるのに出世できないという人は意外と多い。そうなってしまう理由は様々な …

dora
ドラッカーを信奉する人は出世できない?

 日本ではなぜかドラッカーが大流行である。日本ではドラッカーは経営学の世界的権威 …

SHOTAIMEN
出世する人は人の話をよく聞く

 人の話をよく聞くことは出世において重要なことである。 ただし、人の話をよく聞く …

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

a0001_016895
自分の給料は妥当な額か?

 出世の第一のバロメータは昇進によって上がっていく役職だろう。だが、毎月もらう給 …

purezen
大きな仕事が取れる人と取れない人

 出世の多くが社内政治に左右されているが、そうはいっても、一定以上の成果を上げて …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …

oboerarenai5563
出世できる人は物事の理解の仕方が違う

 出世できる人とできない人には、物事の学び方に大きな違いがある。この違いは最初は …