なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

お客さんを第一に考える人は出世できない?

 

 ビジネスにおいてもっとも大切なことの一つが顧客対応である。

 顧客からのクレームや問い合わせがあった場合には最優先で対応するのがセオリーである。ただし会社での出世というものを考えると必ずしもそれが当てはまらないこともある。

社内事情を優先する社風
 機械部品関係の販売会社に勤務するCさんは、数ヶ月前にこの会社に転職してきた。以前は同じ業界の別な会社に在籍していた。前の会社は規模が小さくノルマもきつかった。今の会社は業界でも大手であり、求人を見つけたので思い切って応募したのだ。

 以前の会社に比べるとノルマも厳しくなく、会社の雰囲気も落ち着いている。給料も多少上がったので、Cさんはこの転職に満足している。だが一点だけ、Cさんがこの会社に来て大変驚いたことがある。それは社内の事情を最優先する上司の課長Tさんであった。

 Cさんが着任して早々、担当顧客から納品についてクレームが入った。Cさんはすぐに電話で対応し、上司の課長のスケジュールを確認して午後一番にアポイントを入れた。
 昼過ぎ出発する時間になり、課長に声をかけたその時である。担当役員のSさんが課長のTさんを呼びつけた。

 役員Sさん「ちょっとT君。今、○×社の状況聞かせてもらえないか?」
 課長Tさん「はいっ。わかりました。今すぐ部屋に伺います」
 Cさん「ええーっ!(心の叫び)」
     「お客さんとのアポはどうするんですか?」
 課長Tさん「C君。先に行ってテキトーに処理しておいて!」

 クレーム処理で顧客を訪問し、責任者の課長が来ませんでは話にならない。結局役員との話は延び、課長はついに現れなかった。先方にはCさんがひたすら謝った。

社風に逆らうといいことはない
 以前いた会社ではこのようなことは考えられなかった。すべてが顧客優先で、社内の打ち合わせはすべて後回しにするのが常識であった。

 今回のようなケースでも、課長がアポをパスしたことを知ったら、その役員は怒っただろう。
 Cさんはさりげなく、同じ部署の営業アシスタントのR美さんにこの話を振ってみた。すると彼女の反応は「ウチの会社そういう人多いですよ」という感じであった。
 
 Cさんがその後社内を注意深く見渡してみると、顧客優先というスタンスの人は熱血営業タイプの人で、社内ではどちらかというと少数派であることに気付いた。また出世が早いとされているのは、社内での関係を優先してうまく立ち回るタイプの人であった。

 Cさんは少し気乗りがしなかったが、出世のことを考え、その後は基本的に社外よりも社内の事情を最優先して行動するようにした。

 上記のような社内事情を優先する社風は、しばしば見られるものである。

 どちらかというと大企業に多い。その会社の長期的な利益を考えるとそのような社風は会社の利益を減少させることかもしれない。だが現実問題として、顧客を犠牲にした方が出世しやすいということは十分にあり得るのだ。

 いい悪いは別にして、社風に逆らうと出世にとっていいことはない。特に日本の会社は権限と責任が明確になっておらず、雰囲気でものごとが決まる傾向が強い。つまりムラ社会である。

 このような組織においては、組織の空気はある意味で絶対であり、これに逆らうと村八分になってしまう。出世を考えるのであれば、どのような社風であっても受け入れる方が賢明だ。

【参考記事】
誰が出世するのかを見極める方法
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …

a0055_000577
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その2)

 前回に引き続いて、オヤジ向けのビジネス誌から出世のヒントをつかむコツについて解 …

itabasami4001
メッセンジャーボーイにはなるな

 会社の仕事で板挟みになるケースは多い。上司と取引先や、他の部署の上司と自分の上 …

doryoku220
努力は必ず報われるという話の真偽

 先日、「努力は必ず報われるとは思うな」という明石家さんまの発言がネットで話題に …

zenryoku001
出世できる人は入社初日から全力投球している

 社内で出世に関して具体的に差が付き始めるのは、多くの企業では管理職になってから …

setsumei4001
出世できる人はまず結論から入る

 上司などに仕事の説明をする機会は多いが、これは上司があなたの能力を評価する場と …

kaigisitu00a
部下を守る人は出世できない

 部下を守ったり、取引先との信用を維持することはビジネスマンとして重要といわれて …

komyunike
コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだ …

a0002_0106001a
年上の部下を持ったらどうするか

 一部の企業ではまだまだ続いている年功序列だが、すでに年功序列が崩れてしまった企 …

houkoku
出世のためには「マメに報告」を欠かすな!

 組織で仕事をしている以上、上司への報告は避けて通ることができない。しかも上司の …