なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

外資系で出世する人 日本で出世する人

 

 外資系の企業で出世する人と日本の企業で出世する人は、まるでタイプが違う。もちろんどちらでもうまく行くという人もいるのだろうが、基本的に外資系企業と日本企業は別なものと思った方がよい。

外資系最大の特徴はボスが絶対というところ
 外資系企業といってもいろいろなのだが、それでも外資系企業に共通する特徴というものがある。それは「ボス=上司」が絶対という点だ。

 日本ではローテーション人事も多く、直属の上司が会社人生のすべてを左右するわけではない。ソリがあわなくても数年でお互いに異動になるので、大ゲンカをしなければ致命的なことにはなりにくい。

 だが外資系では、採用から評価、解雇に至るまで、すべての権限を直属の上司が持っているところが多い。直属の上司に好かれないと採用もされないし、採用された後も嫌われたら完全にアウトという世界だ。

 日本では上司と仕事の進め方をめぐって上司と衝突したが、後で「まあまあ、お前の気持ちも分かっているから」と上司がとりなすという光景が見られるが、外資系ではほぼあり得ない。上司に意見した段階でそれは戦線布告を意味する。次の日に机とイスがなくなっているかもしれない。そのくらい上司の権限は強い。

自分の役割は明確で逸脱は許されない
 もう一つの特徴はミッションが明確で、仕事の進め方がガチガチに論理的であるという点だ。ほとんどの会社がトップダウンでものごとが決まるので、各部署には数値目標が上から強制的に降ってくる。その目標をどのようにして実現するのかが、各部署のミッションというわけだ。

 この目標は絶対である。これを達成できなければ部署ごとリストラされてしまう可能性もある。日本の会社では、各部署がなんとなくそれぞれの役割分担を果たすようなところがあるが、基本的にそれはない。自分の部署のミッションと関係ないことをするのは犯罪ですらある。

 とにかく、会社のミッション、部署のミッション、自分のミッションをクリアにすることが重要となる。

 さらにもう一点、日本企業にない特徴として、専門性重視という考え方がある。日本企業は、スペシャリストが重要と叫ばれてからもうかなりの時間が経っているが、基本的にはゼネラリスト指向であることに変わりはない。

 外資系はマーケティング部門の人はマーケティングの専門家であり、転職するとしても他社のマーケティング部門である。営業から異動で情報システム部というパターンはほとんどない。
 このため自分のキャリア・アップの道筋についても、自分が属する部門に沿ったデザインができていないと、転職などで不利になってしまう。

ルールはシンプルで明確だが、精神的にタフでないとキツイ
 このように、外資系は、自分に与えられたミッションを明確にし、それにしたがって全力で結果を出せばよいので、ある意味で分かりやすい職場といえる。

 ルールはシンプルで明確だ。とにかく結果を出せば昇給などで上司と交渉できるだろうし、ダメならクビかもしれない。クビになりたくなければ、何としてでも上司に取り入るしかない。良くも悪くも自分と上司次第なのだ。


 それぞれの役割分担も明確になっているので、周囲の人に妙な気を使ったりする必要もない。目標が与えられれば、周囲を気にせず全力で取り組めるようなタイプの人間であれば順応しやすいだろう。

 一方、精神的には相当タフでないと生き残るのは難しいかもしれない。
 
 上記のように、外資系では直属の上司の権限が強大である。したがって、直属の上司へのゴマスリもかなり露骨である。日本企業ではそれほど多くないが、男性、女性を武器にして上司に取り入り、出世しようという人もゴマンといるし、また実際にそれができてしまう。

 日本のメーカーからある外資系メーカーの日本法人に転職したWさんは、10年ほど勤務した後、その会社を辞めた。理由は「あまりにも精神的にキツイから」というものだ。
 ライバルを陥れるためになら何でもアリの世界で、上司もまた有能なWさんを警戒して、評定を意図的に下げられてしまったという。
 確かに外資系企業の管理職にはこのようなジョークもある。

 問「あなたにとって理想的な部下はどんな人ですか?」
 答「決まってるだろ。俺よりバカなヤツだ」

 自分より仕事ができるヤツは自分のポストを脅かす。自分の上司にその存在がばれる前にクビにしなければならないのだという。

 なんでも「なあなあ」で不透明な日本企業と、良くも悪くもクリアな外資系企業。出世に必要なスキルも異なって当然といえるだろう。

【参考記事】
英語はできた方がよいに決まっている
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

KURU
冷静さをムリに装う人は出世できない

 冷静であることは基本的によいこととされている。すぐ熱くなるようなタイプは感情に …

komyunike
コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだ …

ET195_L
会社を「売る」ことは絶対のご法度

 自分の会社の悪口を取引先に言ったり、内部事情を漏らしたりすることは絶対にしては …

ET196_L
仕事が早いことはいいことだ

 出世できる人の共通の特徴に仕事が早いというものがある。人の2倍長時間労働すれば …

zaimushohyou
自分自身のバランスシートを理解することの重要性

 企業は、自身の経済活動で富を生み出すための存在だが、それは個人も同じである。ビ …

taishokugo5004
地域デビューで失敗するのはデキないビジネスマン?

 定年退職したビジネスマンが、町内会など地域社会にうまく溶け込めないというケース …

PHM11_0260
出世するには鈍感力も重要

 出世するためには、仕事ができることことはもちろんのこと、上司に目をかけられ引き …

sfc
SFCっぽい社員は出世できるのか?

 SFCとは1990年に設立された慶応大学の湘南藤沢キャンパスのことである。総合 …

sodan
報告するタイミングは出世のバロメータ

 以前の記事で、出世のためにはマメに報告が欠かせないということを書いた。  上司 …

ET106_L
常に本気を出すことが出世の早道

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだら …