なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

台風での出社をめぐる是非。根底にある話はなぜか皆、無視している

 

 台風10号の通過によって、多くの地域で交通網が混乱する結果となった。毎度のことなのだが、台風や大雨がやってくると、その状況でも出社することの是非についてネットで激論となる。多くが水掛け論に終わるのだが、その理由は、この問題の根底部分について触れることを皆が避けているからである。

日本企業で精神論が重視される理由
 常識で考えれば分かることだが、暴風雨で交通が乱れる中、半日以上もかけて、わざわざ出社する合理的な意味などほとんどない。もちろん、インフラ系などどうしても出社が必要な職場は話は別だが、そうではない一般的な職場では、その日は休むか在宅勤務にした方が圧倒的に効率がよいだろう。

 だが、こうした話に対してはかなりの反発があるのも事実だ。一定数以上のビジネスマンが精神論を重視しているからこそ、サービス残業や台風での出社という話はなくならないのだ。

 では、そもそもなぜこうした精神論が重視されるのだろうか。その理由は、日本では基本的に成果ではなく、時間で仕事が評価されているからである。では、なぜ成果ではなく、時間で評価するのかといえば、それは、終身雇用が原則であり、社内では競争しないことが暗黙の了解となっているからである。

 一般論として、1人の人間のスキルや感覚が、半永久的に通用することはありえない。常に競争が行われ、人が入れ替わらないと企業の競争力は維持できない。人も、こうした競争を通じて、新しいスキルや感覚を身につけていく。つまり競争力を維持するために、組織は一定割合で社員を入れ替える必要があるのだ。

 こうした環境が維持されているからこそ、時間ではなく、成果で評価するということが可能になる。

taifushussha1367

結局は終身雇用の問題
 だが、多くの日本企業では原則として人の入れ替えはない。成果主義で差を付けたところで、人は入れ替わらないのだから大きな意味はない。また終身雇用を守るためには、年功序列的な賃金も維持しなければならず、ますます、従業員の中で大きな待遇差は付けにくくなる。

 このような状況が長く続くと、成果ではなく、時間で評価する方が合理的になってくる。成果主義が何度も叫ばれながら、日本企業でほとんど定着しなかったのは、日本人に成果主義が向いていないのではなく、戦後日本の労働慣行と成果主義が両立しにくいからである。

 仕事が成果で評価されるようになっていれば、半日もかけて会社に出社する意味はほとんどなくなり、出社を強要するような雰囲気もなくなってくるだろう。出社したい人は出社し、そうでない人は在宅にという形に落ち着くはずだ。

 ところが、こうした雇用という根底にある問題は多くの人が触れたがらない。台風での出社を非合理的と批判している人も、こうした非合理的な社風がなくなる代わりに、終身雇用という権利もなくなるということであれば、多くが、台風での出社を選択することになるだろう。

 したがって「出世を考えるなら、台風でも出社して、忠誠心をアピールすべき」という話もあながちウソではなくなってくる。あまりお勧めはしないが、これが日本の組織の実態なのである。

  関連記事

joshi020
上司に経営者目線を持てと言われたらチャンスだ

 従業員に「経営者視点を持て」と要求する経営者や上司は少なくない。だがこれはよく …

mensetu
転職先でまず気を付けるべきこと

 前回は出世と転職の全般的なことについて書いた。今回はより具体的に、転職先で出世 …

FE022_L
常に即答できるようにしておけ

 上司に仕事のことで急に質問され、返事に窮したことはないだろうか? 一方で、急な …

kaigisitsu667
出世できる人は場所の選択がうまい

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明 …

Image8
完璧な情報などあるわけがない

 世の中には相手に対して完璧な情報を求める人がいる。残念だがそのようなタイプの人 …

PHM11_0258
アンケート結果から逆算する出世の法則

 日本人の職場に対する考え方は諸外国に比べるとかなり変わっているという。職場に対 …

FE052_L001
相手の言葉の真意を理解せよ

 コミュニケーションは、相手が何を言いたいの理解することから始まる。相手の言葉を …

pc
同じ部門を進む人とあちこち異動する人

 会社の中の人事異動をよく観察してみるといろいろ面白いことが分かる。  基本的に …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …