なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は常に生産性とポートフォリオを考える

 

 このところ日本企業における残業時間が社会問題になっている。残業問題は社風といったメンタルな部分で語られることが多いが、現実には生産性というもっと切実な問題から発生している。出世できる人は、生産性の考え方が身に付いており、これが昇進してから大いに役立つことになる。

日本企業において残業がなくならない本当の理由
 日本企業の生産性は諸外国と比べてかなり低いことで知られている。日本のサービス産業はここ20年売上高が横ばいだが、従業員の数は大幅に増えている。つまり日本企業の生産性は年々低下していることになる。

 同じ売上高で人数が減っているのだから、1人あたりの労働時間が少なくなっていても良さそうだが、日本人の残業時間もこれまた増加傾向となっている。つまり仕事の効率が悪くなっているのだ。

 長時間残業を減らすためには生産性を上げることが重要といわれる。生産性は簡単に言えば、売上高を総労働時間で割ったものである。世の中では生産性を上げてムダな残業を減らそうと、ノー残業デーを設定したり、朝型に変えるといった試みが行われているが、あまりうまくいっていない。

 これらの取組みはなぜうまくいかないのだろうか。その理由は、生産性の式における分母にしか着目していないからである。生産性を大きく向上させるためには、分母をいじっているだけではダメなのだ。分子、つまり売上高を伸ばさないと生産性は上がらない。

 時間を減らすことは、見かけ上、簡単そうなので、ついそちらに行きがちなのだが、それでは効果は上がらない。生産性を上げて、残業時間を減らすには、付加価値の高い商品やサービスを売ることがもっとも重要である。

zangyojikan

ポートフォリオの発想ができる人が出世する
 会社というのは稼いでナンボの世界である。出世できる人は常に「稼ぎ」という認識がある。どれだけ努力をして、長時間働いたとしても、稼ぎが大きくなければ何の意味もない。多くの日本企業がこの努力をしないので、結局は残業も減らないのだ。

 同じ営業の仕事をする場合でも、全体の稼ぎを大きくするという発想があれば、案件のポートフォリオは大きく変わってくる。多少リスクが高いが大きな数字が得られる案件と、手間はかかるが小さい数字は着実に得られる案件、さらには手間もかかって数字が得られない案件など様々なパターンに分かれる。

 こうした案件ポートフォリオをしっかりと構築し、それに合わせて営業活動を行う人とそうでない人では、稼ぎの額が大きく変わってくる。
 出世してチームを率いるリーダーに求められているのは、まさにこうしたポートフォリオを構築し、それをマネジメントする能力である。個別の案件を獲得することの上手下手ではない。

 ヒラ社員であれば、自分自身の仕事配分でのポートフォリオになるし、課長であれば課員ポートフォリオになる。部長であればそれは部内のポートフォリオに拡大するが基本は同じだ。人やチームをリソースと捉え、徹底的にポートフォリオとして収益を最大化できる人が、組織の運営には向いている。

  関連記事

a0003_001857
出世する人は話を聞くフリが上手

 日本の組織では相手の話を聞くことは極めて重要である。それは相手の話をじっくり聞 …

image3
「なかったこと」にしてしまう人に要注意

 自分が主張したことが完全に間違いだと分かったときなど、都合が悪い事態に遭遇する …

a0002_003636
話は絶対に最後まで聞け

 要領を得ない話をされたり、話が延々と長いと正直イライラする。だが人の話を聞くと …

ES120_L01
グルメの方が出世できる

 グルメの人は出世に有利である。いろいろなお店をバランスよく知っていることは仕事 …

sharphonhai
鴻海によるシャープの買収劇から考える、出世するための交渉術

 シャープがとうとう鴻海精密工業に買収されることになった。シャープの買収をめぐっ …

soutaihyouka1001
絶対評価よりも相対評価が重要

 出世とは組織の中で立場を上げていくことである。出世するためには、組織の中での相 …

PHM11_0259
無理難題の断り方は出世に大きく影響する

 長くサラリーマンをやっていると、無理難題を押し付けられ、ババを引かされるケース …

mekakusi5564
出世できない人は他人が見えていない

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えな …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …