なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

決められない人の思考回路

 

 組織の中には、物事を決められない人というのが一定数存在する。出世するためには、決められない人にならないことはもちろんだが、決められない人がなぜそうなっているのかについても理解しておく必要がある。こうしたことが分からないと、組織の中でうまく動くことはできない。

どらも大事なので選ぶことができない?
 ある企業で、商品Aと商品Bのどちらかを選択しなければならない状況になったとする。決断できない人に、その理由を尋ねてみると、ある程度、共通した反応が見られる。それは、どちらも大事という反応である。

 商品Aを採用すれば、商品Bは捨てなければならない。商品Bを採用すれば、当然だが、商品Aは捨てなければならない。決められない人は、どちらも大事なので、斬り捨てられないと考えてしまう。

 これは企業の中で、リストラすべき部署を選ぶことができない経営陣にも見られる傾向である。部門Aも大事だし、部門Bも大事なので、どれか一つを選べないという。

 だが、よくよく考えてみると、この考え方は少しおかしい。そもそも組織の中で大事でない部門など存在するはずがない。大事ではない部門などを持っていたのだとしたら、それこそ大問題である。
 つまり、どの部門をリストラするのか、どの商品を選択するのかということを議論するにあたって、大事か大事でないかを判断基準にするのは、ナンセンスなのである。

 企業の中では、すべてが大事な仕事であり、すべてが大事な商品であることを大前提にしなければ、意思決定は不可能である。

yesno9637

決められない人の多くは自己中心的
 すべてが大事な中で、どれかを選択するという行為は、要するに優先順位を決める行為である。意思決定というのは、どれが大事なのかが問題ではなく、どう優先順位を付けるかに集約される。

 物事の優先順位というのは、状況によって変わってくるし、絶対的な基準というものは存在しない。それ故に、意思決定権者の存在が重要であり、そこには責任というものが生じることになる。

 ところが決められない人というのは、優先順位ではなく、大事なのかどうかを基準にしてしまう。その結果、あれも大事、これも大事といって決められなくなってしまうのだ。

 このようなタイプの人は、一見、人がよさそうに見えるが決してそうではない。大事か大事でないかはかなり主観に左右されるものであり、客観的な基準とは言い難い。つまり決められない人というのは、物事を主観で判断している可能性が高く、場合によってはかなり自己中心的に振る舞うことになる。

 人は大きな決断を迫られるケースが少ないので、あまり表面化しないが、こうした人の割合は実はかなり高い。このような人と関わる際には細心の注意が必要である。
 普段の言動を注意深く見ていれば、決められないタイプの人を見分けることはそれほど難しくはない。普段からしっかり観察しおき、イザという時に、とばっちりを受けないようにしておきたい。

  関連記事

a0001_015855
ルール違反を指摘するのはルール違反

 前回は日本社会で生き残るための格言として「何を言っているのかではなく、誰が言っ …

image3
「なかったこと」にしてしまう人に要注意

 自分が主張したことが完全に間違いだと分かったときなど、都合が悪い事態に遭遇する …

ET071_LL
人は見た目がすべてだ

 人は見た目が重要なのか、中身が重要なのかという論争はかなり以前から存在している …

PHM11_0044man
忙しがりは出世できない

 やたらに忙しいことを強調する人がいる。これは百害あって一利なしで、出世にとって …

wakamono001
時代で人は変わらない

 会社員の世界では、常に「最近の若いヤツは」という話題で持ちきりである。インター …

google00aa
Googleの採用基準は出世の参考になる

 従来型の学業成績にこだわらない米Googleの採用基準が話題となっている。同社 …

Image2
ミスはかなり大目に見てもらえる

 仕事でミスをしてしまい悩んでいる人は多い。意外なことだが、仕事のミスは実は出世 …

jikoshucho556
自己主張にはコストがかかる

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

Image4
ミスをすること自体には何の問題もないが・・

 人は誰でもミスをするものである。だがミスをした時の対応が悪いとそれはキャリアの …