なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

セブン&アイ・ホールディングス鈴木会長辞任から考える出世の法則

 

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEOがグループの経営から退く意向を表明した。直接の原因は、自らが提示した人事案が取締役会で否決されたことだが、本当の原因は子息の世襲問題といわれる。

鈴木氏は創業家から会社を託され、創業家から追放された
 鈴木氏は、今でこそ同社の株式を一部所有しているが、もともとはイトーヨーカ堂に社員として入社した人物であり、いわゆるサラリーマン社長である。イトーヨーカ堂は、その名前から分かるとおり、伊藤家が創業した企業であり、当初は、伊藤家の同族経営だった。

 創業家は、一族出身者ではなく、高い実績を残した鈴木氏を社長に据えた。一族以外の人物に経営を託すことについては、紆余曲折があったが、最終的には実力のある鈴木氏に会社を任せたわけである。

 ところが、今回、鈴木氏を辞任に追い込んだのも、やはり創業家といわれる。その理由は、鈴木氏に自身の子息を社長に据えようとする動きがあり、これを株主から厳しく批判されたからである。
 この件については鈴木氏は否定しているものの、関係者の多くは、今回、鈴木氏が提案した人事案は、将来、自身の息子を社長に据えるための布石であると認識している。

 つまり伊藤家は、同族経営から決別し、実績のある鈴木氏に会社を託したものの、今度は鈴木氏が、自身の子供を社長に据えようとして、伊藤家からノーを突きつけられたという図式だ。

 世の中では、世襲人事はすべて同じように扱われているが、会社オーナーの子息が社長に就任することと、単なるサラリーマン社長の息子がコネで社長に就任することは、天と地ほど異なる。

sevenseshu

サラリーマンが役職に付くためには客観的な実績が必要
 創業家の出身者であれば、経営の舵取りを誤った場合、自身に数十あるいは数百億円もの損失が発生することになり、これが安易な情実人事を防ぐ効果をもたらしている。

 実際、伊藤家は能力のない身内に会社を任せるよりも、鈴木氏に任せた方がよいと判断したからこそ、鈴木氏は社長に抜擢された。鈴木氏にはコンビニ事業の立ち上げという明確な実績があり、これが客観性を担保したのである。

 一方、サラリーマン経営者の場合には、仮に経営に失敗しても自身には金銭的な被害が発生しないため、安易に情実人事を行ってしまいがちである。このため、サラリーマン経営者の子息が会社の経営を引き継ぐ行為については、市場から厳しい目で見られることになる。

 今回、鈴木氏が、本当に息子を社長に据えようとしたのかは定かではないが、少なくとも周囲からそう解釈されたのは事実である。こうなってしまうと、創業家や市場は黙っていないだろう。

 サラリーマンは実力を評価されてポストに就くことが大前提となる。仮にコネという部分があったとしても、実績があるから地位に就くという原則は曲げてはならない。
 実際にどの程度実力があるのかはともかく、実力があると周囲が認める材料がなければ、出世は難しいと考えた方がよい。

 「俺は実力があるのに・・・」と思っている人は、少し冷静に自身を見つめ直して欲しい。周囲が完璧に実力として認める要素が揃っていなければ、それは実力とは認定されない可能性がある。出世を考えるならば、自身をお化粧するという発想も持っていて損はない。

  関連記事

yukoseikouritusei449
出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の …

denwa
出世できない人はなぜかタイミングも悪い

 一生懸命やっているのだが、いつもタイミングが悪くて成果に結びつかない人がいる。 …

memotori
出世する人はエラい人が話をしている時メモを取る?

 会議などの場でエラい人の挨拶や発言についてメモを取っている人がいる。現実にはほ …

EY067_L
気が利かないと言われたら

 「君は気が利かないな」と言われた経験はあるだろうか?もし、そのようなことを言わ …

Image3
同期社員との付き合いは出世に有効か?

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企 …

taimingu
部署の異動はタイミングがすべて

 企業を取り巻く状況は時代によって変化する。一方、組織というのはどちらかといえば …

jikan9771
出世できる人は時間の「作り方」が上手い

 出世を意識するのなら、目の前の仕事で着実に成果を上げるのはもちろんのことだが、 …

a0001_001838
日本ではなぜ学歴差別がなくならないのか?

 日本は学歴社会といわれている。学歴社会の弊害が指摘され、一部の企業では大学名を …

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

FE055_L
教えてもらって当たり前と思うな

 年配のビジネスマンによれば、最近の若い人は、イチから仕事のやり方を教えないと覚 …