なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人が、人の心理を最優先するのはコスト面で有利だから

 

 組織は結局のところ、人のコミュニケーションの集大成である。組織の中で有利に振る舞うためには、他人の心理を熟知していなければならない。出世というものは、心理の理解度合いを試すゲームということになる。

環境をもとに戻しても生産は元に戻らない
 仕事の効率は、一般的に生理的な労働条件に大きく依存すると考えられている。一定時間ごとに休憩を取ったり、過重な労働にならないようにするといった考慮があると、そこで働く人の生産性は向上する。
 しかし、人間とは不思議なもので、こうした外部環境だけで仕事の効率が決まるわけではない。

 これは比較的単調な仕事でも同じである。一定時間ごとに休憩を取っていたチームから、休憩を取り上げると、当然のことながら、そのチームの生産性は低下する。
 しかし、生産性が低下した後、再び休憩を与えるようにした場合、生産性が元に戻るのかというとそうはならないのである。

 これまでに行われた実験によると、しばらくの間、低い生産性が続き、チーム同士の話し合いの場を増やすことでようやく生産性が向上したのである。

 しばらく生産性が低い状態が続いたのは、休憩がなくなるという労働環境の悪化に対する反発など心理的な面が大きく影響したからである。一旦、精神的にマイナス状態になってしまうと、物理的な環境を改善してもすぐには結果が出なかったのである。

 つまり、状況を悪化させるのは簡単だが、それを回復させるのは容易ではないということが分かる。したがって、労働環境について気を配ることは、最終的には大きなコストダウンにつながるのである。

sinnri

最終的には心理が大きく影響する
 この話は、組織での仕事のすべてに応用することができる。上司との関係、部下との関係、同僚との関係など、社内の関係性やそこでの仕事の進め方について、状況を悪化させるのは、いとも簡単である。ちょっとしたきっかけがあれば、すぐに状況が悪くなる。

 一方、悪くなった状況を元通りに戻すのはそう容易なことではない。心理的な面が邪魔して、物理的な環境の改善を受け付けないのである。

 対人コミュニケーションにおいては、状況が悪くなってからそれをリカバーするのは非常に効率が悪い。少々面倒であっても、常に状況が悪化しないように気を配ることの方が圧倒的にコスト効率が高いのである。

 出世できる人はこのことを熟知している。このため多少面倒であっても、対人関係のメンテナンスに時間を割く。最終的にはその方が、ロスとなる時間が少なく、本来の仕事のために時間を確保できるのである。

  関連記事

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …

EY075_L
出世したいなら結果よりも言葉の言い回しに気を使え!

 日本のサラリーマン社会を生き抜くために忘れてはならないことは、結果ではなくプロ …

ittooltoraburu7410
出世できる人はITツールをめぐるトラブルとは無縁

 新しいITツールをめぐる職場のトラブルはなくならいようである。ネット上では「L …

rimawari6647
出世できる人は、人生の利回りが高い

 出世できる人は、ビジネスマン人生における利回りが非常に高い。同じ努力をしても、 …

0001
演繹と帰納、出世するための思考回路とは?

 ビジネスで直面した課題を解決するために、ビジネスマンはいろいろと知恵を絞ってい …

a0008_001842
上司はたいがい矛盾したことを考えている

 「上司は矛盾したことばかり言う」部下の多くはそう考えている。それは半分は合って …

kosuto4477
上司や会社に割高なヤツと思われてはいけない

 出世できない人に共通するのはビジネス感覚の薄さである。特に日本企業の場合、組織 …

sochoshussha
新人は朝早く来るべきというコラムが波紋を呼んでいるが・・・

 新入社員はなるべく朝早く来た方がよいという大学准教授のコラムが波紋を呼んでいる …

jikoshucho556
自己主張にはコストがかかる

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の …

itabasami441
出世できる人は、仕事で板挟みにならない?

 仕事で板挟みになる人は少なくない。板挟みに状態になると、基本的にロクなことはな …