なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したければ、なりたい自分になってはいけない

 

 経営の世界では、マーケティングとブランディングの違いがよく議論の対象となる。マーケティングとは、製品やサービスの立ち位置を決定し、それにふさわしい売り方を考えていく一連の施策のことを指している。マーケティングの結果として、各種の宣伝活動も実施されていくのが普通だ。

マーケティングとブランディングは違う
 マーケティングというものは「ウチの商品にはこのような特徴がありますよ」と相手に知ってもらう活動であり、あくまで主体は自社にある。顧客はマーケティングの対象者という扱いである。

 一方、ブランディングの主体はあくまで顧客ということになる。
 
 「アップルの製品はセンスがいい」というのは、顧客が持つイメージであり、アップルが宣伝するものではない。もちろん企業側は、企業がの望むイメージを持ってもらえるよう、多くの働きかけを行うことになるが、あくまでも決定権は顧客側にあるという点が大事だ。

 この点を勘違いしてしまうとブランディングはうまくいかない。ブランド・イメージというのは、顧客側に憧れとしての願望があり、その潜在的な意識に合致するように、製品や企業のイメージを形作っていくことが重要となる。ブランディングで失敗する原因のほとんどは、逆のアプローチを採用してしまうことである。

 企業側が勝手に、自社のブランド・イメージを決めつけてしまい、それを広告などで周知徹底させようとしてしまう。顧客の側に潜在的な欲求がないものに対していくら宣伝を行っても、顧客が乗ってこないことは明らかである。

gatengaiku

自分ではそう思っていなくてもブランドになっているかもしれない
 出世にもブランディングの感覚が求められるが、出世における自己ブランディングについてもまったく同じことが言える。周囲が思っている人物像と自分がなりたい人物像が同じとは限らないからである。

 自分ではコミュニケーション能力が高いと思っていて、それを自分ブランドにしようと思ったとしても、社内の人にその意識がなければ、その試みは完全に空回りしてしまう。

 逆に、自分では、あまりそうなりたくないと思っていても、相手から見ればそれが得意と認識されていて、うまく演出すれば、自分のブランドになるというケースもある。その場合には、拒絶することなく、相手が求めるイメージを作った方が有利かもしれない。

 周囲に対する気遣いが得意と思われている社員がいると仮定しよう。本人は、気を遣うことはあまり楽しいこととは考えていない。しかし、気遣いが得意というのは、周囲が決めることであり、本人の意図はほとんど関係がない。ここが重要なポイントとなる。

 本人があまり認識していなくても、周囲がそう認識しているのであれば、それはブランディングにおける大きなチャンスといえる。この人は気遣いが得意だと周囲の人が認識していた場合、適切なタイミングで気遣いができれば、「やっぱりこの人は気遣いのレベルが違う」といって、そのイメージを何倍にも増幅させることができるのだ。

  関連記事

robot0081
ロボットに仕事を奪われないためには

 出世競争といえば、これまでは人と人の競争だったが、近い将来は、ロボットとも出世 …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

EY075_L
出世したいなら結果よりも言葉の言い回しに気を使え!

 日本のサラリーマン社会を生き抜くために忘れてはならないことは、結果ではなくプロ …

FE052_L001
相手の言葉の真意を理解せよ

 コミュニケーションは、相手が何を言いたいの理解することから始まる。相手の言葉を …

PHM11_0661
とにかくタテマエにこだわれ

 出世する人はホンネとタテマエの使い分けが上手だ。あまりいい印象を持たないかもし …

fresher02
新入社員の意識にみる出世のカギ

 新入社員はまだ社会人になったばかりなので、それまでの生活とビジネスマンとしての …

sodan
報告するタイミングは出世のバロメータ

 以前の記事で、出世のためにはマメに報告が欠かせないということを書いた。  上司 …

SHOTAIMEN
出世する人は人の話をよく聞く

 人の話をよく聞くことは出世において重要なことである。 ただし、人の話をよく聞く …

GD006_L
社内で誰が出世しているのか見極めろ

 出世するための絶対的な法則というものは存在しない。もちろん一般論として「こうい …

a0002_002425
オンリーワン戦略の罠

 オンリーワンな存在になることは非常に重要である。企業戦略の分野でも一時オンリー …