なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したければ、なりたい自分になってはいけない

 

 経営の世界では、マーケティングとブランディングの違いがよく議論の対象となる。マーケティングとは、製品やサービスの立ち位置を決定し、それにふさわしい売り方を考えていく一連の施策のことを指している。マーケティングの結果として、各種の宣伝活動も実施されていくのが普通だ。

マーケティングとブランディングは違う
 マーケティングというものは「ウチの商品にはこのような特徴がありますよ」と相手に知ってもらう活動であり、あくまで主体は自社にある。顧客はマーケティングの対象者という扱いである。

 一方、ブランディングの主体はあくまで顧客ということになる。
 
 「アップルの製品はセンスがいい」というのは、顧客が持つイメージであり、アップルが宣伝するものではない。もちろん企業側は、企業がの望むイメージを持ってもらえるよう、多くの働きかけを行うことになるが、あくまでも決定権は顧客側にあるという点が大事だ。

 この点を勘違いしてしまうとブランディングはうまくいかない。ブランド・イメージというのは、顧客側に憧れとしての願望があり、その潜在的な意識に合致するように、製品や企業のイメージを形作っていくことが重要となる。ブランディングで失敗する原因のほとんどは、逆のアプローチを採用してしまうことである。

 企業側が勝手に、自社のブランド・イメージを決めつけてしまい、それを広告などで周知徹底させようとしてしまう。顧客の側に潜在的な欲求がないものに対していくら宣伝を行っても、顧客が乗ってこないことは明らかである。

gatengaiku

自分ではそう思っていなくてもブランドになっているかもしれない
 出世にもブランディングの感覚が求められるが、出世における自己ブランディングについてもまったく同じことが言える。周囲が思っている人物像と自分がなりたい人物像が同じとは限らないからである。

 自分ではコミュニケーション能力が高いと思っていて、それを自分ブランドにしようと思ったとしても、社内の人にその意識がなければ、その試みは完全に空回りしてしまう。

 逆に、自分では、あまりそうなりたくないと思っていても、相手から見ればそれが得意と認識されていて、うまく演出すれば、自分のブランドになるというケースもある。その場合には、拒絶することなく、相手が求めるイメージを作った方が有利かもしれない。

 周囲に対する気遣いが得意と思われている社員がいると仮定しよう。本人は、気を遣うことはあまり楽しいこととは考えていない。しかし、気遣いが得意というのは、周囲が決めることであり、本人の意図はほとんど関係がない。ここが重要なポイントとなる。

 本人があまり認識していなくても、周囲がそう認識しているのであれば、それはブランディングにおける大きなチャンスといえる。この人は気遣いが得意だと周囲の人が認識していた場合、適切なタイミングで気遣いができれば、「やっぱりこの人は気遣いのレベルが違う」といって、そのイメージを何倍にも増幅させることができるのだ。

  関連記事

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

yesno9637
決められない人の思考回路

 組織の中には、物事を決められない人というのが一定数存在する。出世するためには、 …

sochoshussha
新人は朝早く来るべきというコラムが波紋を呼んでいるが・・・

 新入社員はなるべく朝早く来た方がよいという大学准教授のコラムが波紋を呼んでいる …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

sinnri
出世できる人が、人の心理を最優先するのはコスト面で有利だから

 組織は結局のところ、人のコミュニケーションの集大成である。組織の中で有利に振る …

hitodefusoku3301
人手不足というのは本当か?

 今、ビジネスの世界では、深刻な人手不足になっているという。まだ景気が完全に回復 …

ibaru4469
凝り固まった思考は出世の邪魔

 思考が凝り固まってしまうと、同じような考え方しかできなくなる。それだけならまだ …

dokuritsu667
独立して失敗する人に共通するパターン

 出世とは組織の中で地位を上げることだけを指しているわけではない。独立したり、会 …

newton
時代の変化を知る方法

 同じ会社で出世を目指すにしろ、転職でキャリアアップを目指すにしろ、時代の変化を …