なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

転職で出世するにはどうしたらよいか

 

 このコラムを読んでいる読者の中には、今後転職してステップアップすることを考えている人もいるだろう。すでに1回くらい転職している人もいるかもしれない。
 今回は出世と転職について考えてみたい。

転職する場合はゴールをどこに設定するかが大事
 日本社会も雇用の流動性が高まり、転職は以前ほどめずらしことではなくなった。だが一方で多くの企業が、形だけとはいえ終身雇用を維持しており、純粋に転職でステップアップしていく社会になっているわけではない。

 アメリカぐらい雇用に流動性がある社会の場合には、とりあえず有利なところに転職していって問題はないが、日本の場合には、最終的なゴールをどこにするのかある程度決めておかないと不利な立場になってしまう。
 転職を繰り返した後のゴールとしては、以下のようなものが考えられる。

 ①転職した会社で定年まで勤める
 ②プロの経営者になることを目指す
 ③独立・起業する

転職先で定年まで勤めるなら若い方がよい
 転職した会社で定年まで勤めようと考えている場合には、どのタイミングでその会社に入るのかによって転職の成否は大きく変わってくる。

 日本型の新卒採用重視、終身雇用型の会社であれば、転職する時期はできるだけ若い時の方がよい。このような純粋培養型の会社では、仮に中高年の中途採用を実施したとしても、社内での扱いはお客さん的になる。専門性がある職種で、その分野のプロになれる場合はよいが、そうでない場合には、社内で主流派になることは難しいと思った方がよい。社内の主流派はどうしても新卒採用組になってしまうのだ。

 そのような企業では、若い世代の中途求人は多いが、マネジメント・クラスの求人は非常に少ないという特徴がある。このあたりが会社の雰囲気を見分けるコツだ。

 社歴が浅く、とにかく広く人材を募っている会社であれば、若い時期の転職でも中高年になってからの転職でもあまり状況は変わらないだろう。出世できるかは、転職後の成果次第だ。

 いずれにしても転職した会社で定年まで勤める気であれば転職回数は1回か2回程度がよい。あまり多いと不利になる可能性が高い。


プロの経営者はキャリアの見せ方が重要
 日本ではまだまだ外部から社長を迎えれる企業は少ないが、外資系の日本法人ではプロの経営者を外部から採用するのはポピュラーなことである。また最近ではコンサルティング会社から、中堅企業やベンチャー企業の経営幹部に転職するというケースも増えてきている。

 プロの経営者を目指している場合には、基本的に転職ごとに地位を上げていかなければならない。回数の問題ではなく、美しいステップアップの絵が描かれている必要がある。経歴書を見て、転職するたびにどんどん成果が上がっているように見えなければ、経営幹部として採用されるわけがない。

 このような転職をする人は、転職するたびに地位と給料も上がっていくが、その分採用されなかった時には他に引き取り手がいなくなるというリスクを抱えている。

 また無事社長になったとしても、業績不振で解雇されてしまうと、なかなか次が見つかりにくい。プロの経営者を目指す場合にはそれなりの覚悟とタフさ必要だ。



日本企業の外部登用は少ないがおいしいケースも 
 経営者としての転職で一番おいしいのは、日系企業で新規事業として設立された会社の経営幹部ポストである。

 普通は新会社の幹部は親会社から天下ってくるが、まったく新しい分野だったりすると外部から採用するケースもある。その会社がうまく立ち上がれば、外資系と異なり長期間クビになることなく経営者として在籍し続けることができるのだ。

 例えば、大手企業の新規事業として設立されたインターネット証券会社では、日本企業でありながら経営者は外部から採用しているところも多い。日本企業としては比較的若い年齢で経営幹部に就任しているので、長期間経営者のポストにいることができている。

 独立・起業は転職のゴールとしてはもっとも醍醐味のあるものである。
 独立・起業を最終目標にしているのであれば、会社での勤務はすべてノウハウの獲得や情報収集と割り切った方がよい。転職の回数やキャリア形成の見え方もあまり気にする必要はないだろう。
 条件面についても同様である。あまり気にしても意味はない。給料をもらいながら、ある分野のノウハウや情報が得られるのは、考えようによってはスゴイことなのだ。

 年齢については若い方が有利なことは確かである。中高年からの起業もめずらしくはないが、やはり体力的に余裕がある若い世代の方が向いている。30歳くらいで起業できるパターンが一番よいだろう。

【参考記事】
人を機能として理解する能力
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sinia
出世する人は、詳しい人を大事にする

 社内にはある特定の分野のものごとにとても詳しい人がいる。それはコンピュータであ …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

Image2
出世する人は決断を迫るのが上手い

 上司や顧客でなかなか決められない人は多い。すばやく決断ができる上司や顧客はむし …

a0008_001842
上司はたいがい矛盾したことを考えている

 「上司は矛盾したことばかり言う」部下の多くはそう考えている。それは半分は合って …

PHM11_0672
リストラされた時の対処方法

 終身雇用の制度が崩壊した今、どんなに優良な企業に勤めていても、会社をリストラさ …

FE063_L
グローバル化はいろいろな形でやってくる

 「世の中はグローバルが進んでおり、そのための対応が必要だ」。マスメディアなどで …

shatiku
社畜にならないと出世できないのか?

 世の中には社畜という言葉がある。企業に飼いならされ、自らの意思を放棄した奴隷状 …

zenryoku001
出世できる人は入社初日から全力投球している

 社内で出世に関して具体的に差が付き始めるのは、多くの企業では管理職になってから …

kosuto4477
上司や会社に割高なヤツと思われてはいけない

 出世できない人に共通するのはビジネス感覚の薄さである。特に日本企業の場合、組織 …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …