なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できない人が乱発する言葉「そんなつもりはありませんでした」

 

 出世できない人は、何かの失敗をすると、必ず「そんなつもりはありませんでした」と言い訳をする。これはプロならば絶対に言ってはならない言葉だ。
 人は追い詰められると自分を正当化しようとしてしまう。ここで踏ん張ることができるかどうかは、出世の分かれ道となる。

社内事情を挙げて言い訳することほど無意味なことはない
 何かの仕事をするにあたって、最初から相手に迷惑をかけようと思っている人などいるわけがない。「迷惑をかけるつもりなどありませんでした」というのは、当たり前のことであり、逆に、そのつもりがあったらのなら、それこそ大問題だ。
 失敗について自分を叱責している相手に対して「そんなつもりはありませんでした」と言い訳をしてもほとんど意味がないことは明白である。

 同じような話に、自分側の事情で物事を正当化するというものがある。納品が遅れて怒っている相手に対して「ウチの経理の処理が遅かったので」などと、自社の社内事情を言い訳にしている人をよく見かける。遅刻した理由に、目覚ましが鳴らなかったと言い訳しているのも同じ理屈である。

 当然のことながら、相手にしてみれば、社内事情がどうだったのか、目覚まし時計が故障したのかどうかなど関係のない話である。相手は結果に対してクレームを付けているのであって、社内事情を説明したところで、それは何の意味もないどころか、逆効果になることも多い。

shuudan

チームプレーとただの集団行動は違う
 人は責められると、つい自己弁護してしまうものだが、ここを乗り越えられるのかどうかが、ビジネスマンとしての別れ道でもある。ビジネスは基本的にチームで行うものであり、すべては結果で評価される。これがビジネスの基本原理であり、これをしっかりと理解し、行動に移せる人が優秀なビジネスマンである。

 チームで仕事をしている以上、チームとして結果が出せなかったらそれはチームの責任である。そこで「経理のだれそれが」と言っている段階で、その人はチームプレーを理解していない。また相手は、どんなつもりだったのかについて評価しているのではなく、チームとしての成果を評価している。そこで個人の名前を挙げても意味がない。

 このような人は出世の法則についても誤解している可能性が高い。出世というものは、自分でするものではない。チームの構成メンバーが自分を評価して、初めて出世というものが実現する。そのためにはチームプレーというものを十分に理解していなければならない。

 日本人は集団になることを好むと言われるが、集団で群れを成していることと、チームで仕事をするということは似ているようで違う。
 チームとして成果が上がっていないことを、チーム内の誰かのせいにするという思考回路は、チームプレーには向いていない。その人は、チームで仕事をしているのではなく、ただ群れているだけだ。

 このようなタイプの人は、チーム内で高い評価を得ることはできず、結果として出世も難しくなってくることが多い。

  関連記事

nomikai1391
出世できる人は、酒席を戦略的に活用している

 お酒の席は無礼講とよくいわれるが、実際は違う。酒の席での発言で失敗したビジネス …

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

shatiku
社畜にならないと出世できないのか?

 世の中には社畜という言葉がある。企業に飼いならされ、自らの意思を放棄した奴隷状 …

EV124_L
数字に強い人は出世しやすい

 世の中には数字に強い人そうでない人がいる。だが出世するためには数字に強いことが …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …

ET114_L
隣の芝生は青く見える

 自分の会社にはどうしてこんなにも活気や夢がないのだろうか?多くの人がそう考えた …

gyoumusiji
出世できる人は仕事の指示が、とことんまで具体的だ

 出世できる人の多くは仕事ができる人だが、仕事のできるできないにもいろいろなパタ …

a0008_001844
交渉が上手い人は出世しやすい

 交渉が上手い人は出世しやすいといわれる。これは当然といえば当然である。社外での …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

yubi001
出世する人は新しい仕事を理解するのが早い

 多くの日本企業が現在でもゼネラリストを重視している。技術系など特殊な例はあるが …