なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世のためには転勤を受け入れるべきか

 

 サラリーマンをしていると、必ず突き当たるのが転勤という問題である。出世を考える人は、転勤というものをどのように捉えればよいのだろうか。

ゼネラリスト型人事の場合には転勤もセットになっている
 日本企業の場合、転勤の打診があった時には、これを受け入れなければ出世はできないというイメージが強い。必ずしもそうとは限らないが、出世の法則がそうした形に対応している企業の場合、やはり転勤は断らない方がよい。

 最近は違う雰囲気を持った企業も増えてきているが、基本的に日本企業の組織形態は、集団に対して滅私奉公を求めることで全体の秩序を維持する、いわゆる農村共同体型となっている。こうした組織では、個人がそれぞれのスキルを最大限発揮し、会社に利益を提供することで対価を得るという概念が薄い。

 むしろ共同体の構成員としてふさわしいのかという部分が問われることになるため、人事もそうした観点で実施される。このような日本型企業では、人事は基本的にゼネラリスト中心であり、幹部候補生はあらゆる部署をローテーションで経験する仕組みになっている。

 各部署を一通り経験してから特定の部を任され、そこで実績を上げた人は、その先に進めるというパターンだ。日本型の組織では、転勤も適性テストのひとつなので、基本的に断るという選択肢はないと思った方がよいだろう。

 hikkosi

まずは会社の出世ルールの見極めが大事
 一方、数は少ないがこうした人事体系を持っていない企業もある。現在、伸びている部門に属している人が出世に圧倒的に有利な企業や、昇進が完全に人と人の関係に依存しているということもあるだろう。このような組織の場合には、転勤を断ることについて別な解釈が必要となってくる。

 伸びている部門にいた方が有利であるならば、無理をしてでもその部門への異動を狙う、あるいは、不利な部門への異動を避けるというのはひとつの選択肢となる。

 とにかく大事なのは、自分が勤めている会社の人事のルール、ひいては出世のルールを熟知することである。それが理解できていないことには、転勤を断ることが良いことなのか、悪いことなのか、決めることはできない。

 海外転勤を受け入れ、現地で業績を上げて戻ってくることが出世に大きく影響する企業もあれば、海外赴任はひたすら不利になるだけというところも存在する。同じ海外転勤でも意味するところは180度異なっているわけだ。転勤の話が出てきた時のことを心配するよりも、まずこうした基本的なリサーチを行っておくことが大事である。

 もっともよくないのは場当たり的な対応であることは言うまでもない。マイホームの購入も同じことである。戦略がすべてを決めるというのは、出世に限らず、どの世界でも同じことである。

  関連記事

dokuritsu667
独立して失敗する人に共通するパターン

 出世とは組織の中で地位を上げることだけを指しているわけではない。独立したり、会 …

EG099_L
趣味は出世の妨げになるか?

 一般に趣味を持つことは良いことだとされている。だが趣味が高じて仕事がおろそかに …

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

EX186_L0001
相関関係と因果関係をごちゃまぜにするな

 「相関関係」と「因果関係」この二つのキーワードは似ているようで異なっている。仕 …

itabasami441
出世できる人は、仕事で板挟みにならない?

 仕事で板挟みになる人は少なくない。板挟みに状態になると、基本的にロクなことはな …

sukikirai003
上司の好き嫌いだけで出世が決まる会社に入ってしまったら

 「ウチの会社は上司の好き嫌いだけで出世が決まってしまうんだ」とボヤいているビジ …

seichou0010
成長したいと考える人は出世できない

 入社する企業を選ぶ基準として「自分自身が成長できる会社」というキーワードを上げ …

hitotososiki6740
人を動かすことと組織を動かすことは違う

 ある程度、組織の中での役職が上がってくると、物事に対する見方というものも変えて …

Image2
出世する人は決断を迫るのが上手い

 上司や顧客でなかなか決められない人は多い。すばやく決断ができる上司や顧客はむし …

EY075_L
出世したいなら結果よりも言葉の言い回しに気を使え!

 日本のサラリーマン社会を生き抜くために忘れてはならないことは、結果ではなくプロ …