なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は何十通りもの方法を考えている

 

 出世する方法には様々なものがある。その中には自分の思い込みだったりするものもあれば、逆に自分が想像もつかないような方法もある。本気で出世を目指したいのであれば、100通りの方法を列挙するくらいの心構えが必要だ。

自身の直感に加えて、他人の意見も参考にする
 よく起業家は100以上のビジネスプランを考え、その中から徹底的に取捨選択して1つか2つのビジネスモデルに到達するといわれる。出世も基本的には似たようなものである。漠然と「こうすれば出世できるのではないか」などと思っているだけでは、十分な成果を上げることはできない。

 実際に100通りのパターンを列挙する必要はないかもしれないが、20通りや30通りのパターンは考えた方がよい。ここで重要なことは、具体的な項目の選び方である。

 最初は、直感で自分自身が思いつくままに出世する方法を列挙してみる。だが、自分自身の思考回路には限界があり、必ずそこには漏れが生じてしまう。自分の考え方で一通りパターンを列挙したら、次は、逆算的に、自分ではあまり効果的ではないと思える方法も列挙してみる。

 自分のバイアスを避けるという意味では、雑談などを通じて、他人からヒントをもらうというやり方もあるだろう。それとなく「A部長ってなぜ出世したんだろう」と同僚に聞いてみるのだ。くだらない反応しかないこともあるが、場合によっては自分が気付かないポイントが浮上してくるかもしれない。

bunkipurezen

方法を細分化して、具体例を探す
 出世する方法を列挙したら、次は、その方法をさらに細かく分類していく。上司とのコミュニケーションを深めるという項目があったとしたら、それを細分化し、「上司との飲みに付き合う」「上司と話す時間を確保する」といったより具体的なアクションに切り分けていくのだ。

 そうなると最初は20個から30個だった出世の方法が、さらに細分化され、その倍くらいの数になっているはずである。ここまでくれば、おおよその方法論はすべて列挙したのも同然である。今度は、その方法論についてひとつひとつ検証していくのだ。

 社内を見渡し、その方法論を実施していると思われる人が、現実に出世できているのかチェックしていく。話はシンプルにした方がよいので、出世に効果があれば○、なければ×といったものでもよい。

 こうした作業を続けていくと、それほど○の数は多くないことが分かってくるはずだ。逆に×の数も以外と多いことに気付くだろう。最終的には、残った○の項目が、あなたの会社にとって重要な出世の項目ということになる。

 この方法をうまく活用するコツは、最初の項目をいかに適切に列挙するのかにかかっている。狭い視野に限定されないための工夫が大事だ。このような時は、いわゆる出世本に書いてある項目も、付け加えてみるとよいかもしれない。

  関連記事

torisimariyaku
取締役と執行役員の違いを知らないと出世できない?

 最近では執行役員という肩書きは普通になってきたので、あまり意識することはなくな …

GD006_L
社内で誰が出世しているのか見極めろ

 出世するための絶対的な法則というものは存在しない。もちろん一般論として「こうい …

a0002_002253yy
絶対の禁句「そんなこと分かってます」

 出世を望むビジネスマンにおける絶対の禁句のひとつに「そんなこと分かってます」と …

ET060_L
敵を3人作ったら終わり

 本コラムでは、日本の企業社会は前近代的なムラ社会であるという表現をよく用いてい …

a0055_000585
上司から注意された場合の対処法

 職場で仕事をしていれば上司から注意されることもある。中には不当な内容の注意も多 …

bokuboku
知ったかぶりも使い方次第では・・・

 知ったかぶりは、もっともやってはいけないことの一つと言われている。実際に知識の …

GD080_L
誰にでも平等に接した方がよいのか?

 誰に対しても分け隔てなく平等に接するべきとうのは一般によく言われていることであ …

SUGOI01
やたらヨイショする人は出世できる?

 やたらと人をヨイショする人がいるが、このような人は出世しやすいのだろうか?   …

ET009_L
自分が考える適性と会社が考える適性は違う

 自分一人で出世することはできない。出世するためには、会社に自分を評価してもらう …

soutaihyouka1001
絶対評価よりも相対評価が重要

 出世とは組織の中で立場を上げていくことである。出世するためには、組織の中での相 …