なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は何十通りもの方法を考えている

 

 出世する方法には様々なものがある。その中には自分の思い込みだったりするものもあれば、逆に自分が想像もつかないような方法もある。本気で出世を目指したいのであれば、100通りの方法を列挙するくらいの心構えが必要だ。

自身の直感に加えて、他人の意見も参考にする
 よく起業家は100以上のビジネスプランを考え、その中から徹底的に取捨選択して1つか2つのビジネスモデルに到達するといわれる。出世も基本的には似たようなものである。漠然と「こうすれば出世できるのではないか」などと思っているだけでは、十分な成果を上げることはできない。

 実際に100通りのパターンを列挙する必要はないかもしれないが、20通りや30通りのパターンは考えた方がよい。ここで重要なことは、具体的な項目の選び方である。

 最初は、直感で自分自身が思いつくままに出世する方法を列挙してみる。だが、自分自身の思考回路には限界があり、必ずそこには漏れが生じてしまう。自分の考え方で一通りパターンを列挙したら、次は、逆算的に、自分ではあまり効果的ではないと思える方法も列挙してみる。

 自分のバイアスを避けるという意味では、雑談などを通じて、他人からヒントをもらうというやり方もあるだろう。それとなく「A部長ってなぜ出世したんだろう」と同僚に聞いてみるのだ。くだらない反応しかないこともあるが、場合によっては自分が気付かないポイントが浮上してくるかもしれない。

bunkipurezen

方法を細分化して、具体例を探す
 出世する方法を列挙したら、次は、その方法をさらに細かく分類していく。上司とのコミュニケーションを深めるという項目があったとしたら、それを細分化し、「上司との飲みに付き合う」「上司と話す時間を確保する」といったより具体的なアクションに切り分けていくのだ。

 そうなると最初は20個から30個だった出世の方法が、さらに細分化され、その倍くらいの数になっているはずである。ここまでくれば、おおよその方法論はすべて列挙したのも同然である。今度は、その方法論についてひとつひとつ検証していくのだ。

 社内を見渡し、その方法論を実施していると思われる人が、現実に出世できているのかチェックしていく。話はシンプルにした方がよいので、出世に効果があれば○、なければ×といったものでもよい。

 こうした作業を続けていくと、それほど○の数は多くないことが分かってくるはずだ。逆に×の数も以外と多いことに気付くだろう。最終的には、残った○の項目が、あなたの会社にとって重要な出世の項目ということになる。

 この方法をうまく活用するコツは、最初の項目をいかに適切に列挙するのかにかかっている。狭い視野に限定されないための工夫が大事だ。このような時は、いわゆる出世本に書いてある項目も、付け加えてみるとよいかもしれない。

  関連記事

ET105_Lmm
出世する条件は一般にどのように解釈されているか?

 出世において本当に必要とされる条件と、世間において出世に必要と思われている条件 …

kaigisitsu667
出世できる人は場所の選択がうまい

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明 …

tuskiai7500
付き合いは等距離が基本

 出世を考えるのであれば、若いうちの社内の付き合いは、できるだけ各方面と等距離な …

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …

kyuka45ty78
長い休暇は出世に響くか

 企業の中には、制度としては比較的長めの休みを取れる仕組みを設けているところも多 …

a0002_009635
出世する人は、電子メールと対面を使い分ける

 電子メールがビジネスの現場に普及してから20年も経っているのに、いまだにITが …

a0002_008546
出世する人の感謝の仕方

 人は感謝されて悪い気はしない。不思議なものでお世辞と分かっていても感謝されると …

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

senryaku3279
出世の基本戦略を考える

 企業に経営戦略があるように、出世にも戦略が必要である。だが、戦略という言葉は非 …

a0002_002241
出世したければ後輩の面倒を見ろ!

 チームには後輩の面倒見がいい人と、そうでない人がいる。後輩といっても部下でなけ …