なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

部署の異動はタイミングがすべて

 

 企業を取り巻く状況は時代によって変化する。一方、組織というのはどちらかといえば保守的で変化を嫌う。最終的に変化するにしても、それなりのタイミングというものがある。
 出世も同じである。組織の変化に対応していかないと常に出世候補でいることは難しくなるが、変化への対応が早すぎることも問題である。

マーケティングにおいてイノベーションはどう理解されているか
 こうした問題は、企業のマーケティングとよく似ている。企業はイノベーションに対応していかなければならないが、そのタイミングは、早すぎても遅すぎてもいけない。適切な市場参入タイミングを掴んだ企業が、イノベーションの果実を手にすることができる。

 イノベーションに対する顧客の心理は、マーケティングの世界ではかなり体系化されている。新しく画期的な技術に対する人々の反応は主に以下の5種類に分類される。

  ①革新者
  ②初期採用者
  ③前期追随者
  ④後期追随者
  ⑤遅滞者

 革新者に属する人は全体の2.5%しかいない。イノベーションの初期段階では、こうした冒険心に溢れた人たちの利用が中心となるが、市場としてはそれほど大きくないことに留意する必要がある。続いて全体の13.5%程度といわれる②の初期採用者が受け入れ始め、やがて本格的な普及が始まり、③以降の人が利用を開始する。

 新しい技術に企業が対応するためには、本格的に普及する前に手を付けておく必要がある反面、早すぎた場合には失敗してしまう。新しい技術が市場に本格的に拡大する境目は普及率15%程度といわれているので、このあたりが目安ということになるだろう。

taimingu

タイミングを逸すると逆効果
 画期的な技術を持っていても、参入時期が早すぎて失敗し、模倣した後続企業にシェアを奪われるというケースは少なくない。すべてはタイミングがモノを言う。

 組織の出世も同様である。企業の花形部署は時代ごとに変化する。変化を見据えてうまく部署を移動することは、出世戦略のひとつの方法だが、大事なのはタイミングである。

 ここ数年、パソコンからスマホへのシフトが進んだが、それを見越して、パソコン関係の部署からスマホ関係の部署に異動できるよう画策するというのは、非常に賢い選択ではある。だがスマホ関係の部署がピークを迎える時期は、必ずしもすぐにやってくるわけではない。

 あるメーカーに務めるCさんは、スマホ時代の到来を見越して関連部署への異動の希望を出し、見事、異動に成功した。だがその会社でスマホ関連部門が脚光を浴びるのは、Cさんが予想したよりもずっと後だった。
 結局、スマホ関連部署が大きな立場を占めるようになった時、すでにCさんは別の場所に異動していたのである。常に勝ち馬に乗る戦略を採用する場合には、くれぐれもタイミングに注意する必要がある。

  関連記事

sitsumon664
出世できる人は、相手からの質問に「はい」か「いいえ」で答えられる

 出世できる人は、常に自分ではなく、相手の目線で物事を考えている。このためコミュ …

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

sosikizu2147
指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、 …

a0003_0019210a
ベンチャー企業なのか大企業なのか?

 同じ企業といっても、ベンチャー企業と大企業では、求められるスキルが全く違う。当 …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

GD123_L
人をうまく操って出世する方法

 他人というのは本当に思うようにならない存在である。人を思うように操ることができ …

jikannai
敵を作らないことは成果を上げることより重要

 人間は喜びの感情はすぐ忘れるが、怨みの感情はなかなか解消しないという。社内で一 …

a0002_002427
出世できる人はわざわざ人脈作りをしなくてもよい

 人脈はビジネスマンが持つべき重要な資産の一つである。だがいわゆる人脈拡大術のよ …

a0001_013647
文章力を鍛えることは出世の早道

 出世する人は文章が上手なことが多い。文章が上手とっても、あくまでビジネスの世界 …