なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

部署の異動はタイミングがすべて

 

 企業を取り巻く状況は時代によって変化する。一方、組織というのはどちらかといえば保守的で変化を嫌う。最終的に変化するにしても、それなりのタイミングというものがある。
 出世も同じである。組織の変化に対応していかないと常に出世候補でいることは難しくなるが、変化への対応が早すぎることも問題である。

マーケティングにおいてイノベーションはどう理解されているか
 こうした問題は、企業のマーケティングとよく似ている。企業はイノベーションに対応していかなければならないが、そのタイミングは、早すぎても遅すぎてもいけない。適切な市場参入タイミングを掴んだ企業が、イノベーションの果実を手にすることができる。

 イノベーションに対する顧客の心理は、マーケティングの世界ではかなり体系化されている。新しく画期的な技術に対する人々の反応は主に以下の5種類に分類される。

  ①革新者
  ②初期採用者
  ③前期追随者
  ④後期追随者
  ⑤遅滞者

 革新者に属する人は全体の2.5%しかいない。イノベーションの初期段階では、こうした冒険心に溢れた人たちの利用が中心となるが、市場としてはそれほど大きくないことに留意する必要がある。続いて全体の13.5%程度といわれる②の初期採用者が受け入れ始め、やがて本格的な普及が始まり、③以降の人が利用を開始する。

 新しい技術に企業が対応するためには、本格的に普及する前に手を付けておく必要がある反面、早すぎた場合には失敗してしまう。新しい技術が市場に本格的に拡大する境目は普及率15%程度といわれているので、このあたりが目安ということになるだろう。

taimingu

タイミングを逸すると逆効果
 画期的な技術を持っていても、参入時期が早すぎて失敗し、模倣した後続企業にシェアを奪われるというケースは少なくない。すべてはタイミングがモノを言う。

 組織の出世も同様である。企業の花形部署は時代ごとに変化する。変化を見据えてうまく部署を移動することは、出世戦略のひとつの方法だが、大事なのはタイミングである。

 ここ数年、パソコンからスマホへのシフトが進んだが、それを見越して、パソコン関係の部署からスマホ関係の部署に異動できるよう画策するというのは、非常に賢い選択ではある。だがスマホ関係の部署がピークを迎える時期は、必ずしもすぐにやってくるわけではない。

 あるメーカーに務めるCさんは、スマホ時代の到来を見越して関連部署への異動の希望を出し、見事、異動に成功した。だがその会社でスマホ関連部門が脚光を浴びるのは、Cさんが予想したよりもずっと後だった。
 結局、スマホ関連部署が大きな立場を占めるようになった時、すでにCさんは別の場所に異動していたのである。常に勝ち馬に乗る戦略を採用する場合には、くれぐれもタイミングに注意する必要がある。

  関連記事

atodonokurai665
どのくらい時間がかかるの?と聞かれたら

 前回のコラムでは、出世できる人は「時間の作り方」が上手いという話をしたが、時間 …

kaigisitsu667
出世できる人は場所の選択がうまい

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明 …

a0001_016659waka
若手と年配の携帯電話論争から出世のヒントを得る

 最近、携帯電話の使い方をめぐって若手社員と年配社員との間で論争が起きているとい …

ED118_L
日本語を理解できる人は意外と少ない

 日本語を話す日本人なのに日本語を理解できないとは変な話だが、表題に書いてあるこ …

EY153_L
一流論に騙されるな!

 ビジネス書やキャリア論の世界では、いわゆる「一流論」と呼ばれるものがある。大方 …

PHM11_0019
不本意な結果を受け入れる方法

 サラリーマン人生をすべて順調に過ごせる人はそれほど多くないかもしれない。退職す …

FE063_L
グローバル化はいろいろな形でやってくる

 「世の中はグローバルが進んでおり、そのための対応が必要だ」。マスメディアなどで …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

a0002_008546
出世する人の感謝の仕方

 人は感謝されて悪い気はしない。不思議なものでお世辞と分かっていても感謝されると …

FE011_L
自分で考えて解決する習慣をつけろ

 日本の職場では周囲との強調が第一である。自分で判断することはむしろ危険ですらあ …