なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、上から下への指揮・命令系統が存在している。組織の中でうまく振る舞うためには、当然のことながら、指揮・命令系統のルールを熟知していることが望ましい。出世できる人は、組織の指揮・命令系統には敏感だ。

スタッフとラインの違い
 組織がそれほど大きくなければ、指揮・命令系統は単純なピラミッド型でうまく機能する。トップに立つリーダーがすべてを把握し、それぞれの部門ごとに上級管理職に指示を出し、上級管理職は、その下の管理職に、そして最終的には全社員に指示が行き渡る。

 しかし組織の規模が大きくなってきたり、取り扱う業務が複雑になってくると、単純なピラミッド組織はいろいろな問題を抱えてくることになる。最初に直面するのは、上に立つリーダーがすべてを把握できなくなることである。

 トップ・マネジメントになると、営業、技術、マーケティング、人事といった具合に、あらゆる分野にわたって部下に指示を出す必要に迫られる。最近は各分野での専門性がより高度になってきており、外部の人には理解できないことも多くなってきている。いくらトップマネジメントに立つ人が優秀でも、詳細なマーケティング手法や技術動向について、すべて把握することは不可能である。

 そこで、規模の大きい組織では、意思決定を行うマネジメントをサポートするための人員や組織というものが配置されることになる。それがいわゆるスタッフ部門である。スタッフ部門の社員は、専門的な知見を生かして、マネジメントを行う人の意思決定を手助けすることになる。

 社長を補佐する経営企画室や、調査部門などは典型的なスタッフ組織ということになる。また典型的なスタッフ組織となっていなくても、事実上、役職者を補佐する仕事が存在しているケースは多く、明示的ではないが、これもスタッフ部門ということになる。

sosikizu2147

最終的な立場を絶対に忘れてはダメ
 企業の組織においては、指揮・命令系統に属するラインの職種と、サポート業務を行うスタッフの職種は厳密に区別されるべきものである。しかし、時として、これらの関係が曖昧になることがある。

 社長を補佐する仕事に就いている人は、場合によっては、社長から「全部任せるから君が決めてくれ」と丸投げされることがある。こうした仕事の出し方はあまりよくないのだが、面倒くさがりの社長の場合、こうなるケースは少ないない。そうなってくると、スタッフ部門の社員が事実上、社長のような振る舞いをすることになり、スタッフ部門の人物が物事を決めてしまうようになる。

 これは社長レベルに限らず、部長に付いている補佐役の課長でも同じようなことが起こり得る。また実行部隊と調査部門という関係でも同じである。ここで大事なのは、スタッフ部門の人は、自身はスタッフ部門であるという自覚を決して失わないことである。ここが組織で成功できるかの大きな分かれ目となる。

 中堅メーカーに勤務するTさんは、経営企画室で社長の補佐をしている。社長は多くの案件をTさんに任せたので、Tさんは社長の代弁者として社内で絶大な影響力を持っていた。Tさんよりずっと年長の部長も、Tさんをおだてていたくらいであった。だがTさんは社長が交代すると、たちまち地方の支社に左遷さてしまった。社内では、Tさんに対する不満が鬱積していたのである。

 このように、スタッフ部門の人物が、上席者の交代で一気に左遷されるケースは多い。役職者から信頼されることは出世の要件だが、それだけでは不十分だ。上司の中には、自分に対する不満をスタッフ部門の人に負わせようと意図的に仕事を丸投げする人もいる。組織の習性をしっかりと理解できなければ、組織での出世は難しい。

  関連記事

EQ014_Lgq
子会社や関連会社の出世の法則は変わりつつある

 かつて大企業の子会社や関連会社の人事は非常につまらないものであった。主要役員は …

gyoumusiji
出世できる人は仕事の指示が、とことんまで具体的だ

 出世できる人の多くは仕事ができる人だが、仕事のできるできないにもいろいろなパタ …

wakariyasui5556
出世できる人の話し方には共通項がある

 出世できる人の話し方には一定の共通項がある。逆に言えば、これを真似すれば、あた …

sumahorenraku6441
LINEで欠勤の連絡がアリなのかについて、どう判断すべきか?

 LINEで欠勤連絡はありか?という記事があった。LINEで欠勤の連絡をすること …

a0055_000577
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その2)

 前回に引き続いて、オヤジ向けのビジネス誌から出世のヒントをつかむコツについて解 …

putin
スパイの技術を出世に応用する①

 スパイというと人を暗殺したり、施設を爆破したりといった派手な映画のシーンをイメ …

ekkenkoui3217
出世できる人は、よい意味で越権行為が上手

 組織で仕事をする上では、自分の職責の範囲を出ないことは極めて重要なことである。 …

potechi
カルビーCEOから学ぶ組織のマネジメント

 最近、菓子メーカーのカルビーの経営がメディアに取り上げられるケースが増えている …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …

situsmon761
人から何かを聞かれたら

 出世できる人は、自分が詳しい分野について人から尋ねられた時、分かりやすく丁寧に …