なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

上司や会社に割高なヤツと思われてはいけない

 

 出世できない人に共通するのはビジネス感覚の薄さである。特に日本企業の場合、組織が疑似家族的な形態になっていることも多く、会社を家のように、同僚や上司を身内のように考えてしまいがちである。
 しかし会社はあくまで契約をベースにお金を稼ぐ場所であり、ビジネスの世界であることを忘れてはならない。そこには冷徹なビジネスのルールが存在しているのだ。

ビジネスの世界で「価格」はもっとも大事な概念
 ビジネスの世界でもっとも重要なのはやはり「価格」である。経営学における競争戦略において、重要な位置を占める考え方のひとつに「コスト優位性」がある。これは、大量生産・大量販売によるコスト・メリットを生かし、競合他社より安い価格で製品を提供するというものである。

 コストで勝負するというのは、ビジネスの世界では基本中の基本といってもよい考え方であり、この世界では普遍的な価値観といってもよいだろう。当然のことながら、こうしたビジネスの基本は、出世の世界にもあてはめることができる。会社の中での出世競争と企業間の競争は、根本的には何ら変わるところがないからである。

 ただ、企業の中での出世競争の場合、名目上の価格は一定水準で固定されているという違いがある。従業員に払う給料は、基本的に一定であり、昇給などがない限り変化しない。また横並び意識の強い日本企業では、仕事の成果に関係なく、年次を基準に同レベルの給与を支払っているところも少なくない。

 そうなってくると、企業のように、随時、価格を見直し、安値で攻めるといった臨機応変なやり方はできない。だが出世競争において、価格戦略が無意味なのかということ決してそんなことはない。

kosuto4477

コスト競争力の維持が出世につながる
 見かけ上の給料は固定化されているかもしれないが、仕事をやり取りするにあたっては、目に見えない形でコストというものが発生している。会社の中で信頼され、仕事が集中する人は、周囲から見た時のコストが非常に安い。つまり価格優位性が非常に高いのである。

 組織内でのコストは、多くの場合、時間という形で意識されることになる。仕事を依頼した際にオーバーヘッドが多い人は、価格が高くコスパが悪いという印象を与えてしまう。

 仕事でのオーバーヘッドが多い人には共通の特徴がある。ひとつは依頼者の状況をよく把握していないということ、もう一つは、優先順位をつけるための明確なルールを持っていないことである。

 依頼者の状況が把握できていないと、仕事の依頼者が何をして欲しいのか理解することができない。このため望まないアウトプットを出してやり直しとなったり、相手からの依頼内容をなかなか飲み込めなかったりする。相手からすれば、仕事を依頼する上で手間と時間がかかる人物ということになってしまうだろう。相手が上司だった場合には、当然、評価が下がることになる。

 優先順位をどうつけるのかによっても、仕事の成果は大きく変わる。相手が望んだタイミングで仕事を終えられない人のほとんどは、優先順位の設定に問題がある。仕事そのものがあまりにも遅くてうまくいかないという人はそれほど多くないのだ。
 だが、それゆえに、自分なりにちゃんとやっているのにという意識が出てきてしまい、問題の解決をますます遅らせることになる。

 社内のライバルよりもコスト競争力が高い状態を維持していれば、出世できる確率はぐっと高まることになるだろう。

  関連記事

a0002_010614
世代間でコミュニケーションギャップがあることは出世のチャンスだ

 最近、スマホ世代の若者とバブル世代上司で、うまくコミュニケーションが取れないと …

suicchi
出世できる人は組織のスイッチを知っている

 若手のうちは自分の上司とチームだけを見ていればよいので話は単純だが、役職が上が …

EV091_L
怪しい人の見分け方

 外部とのやり取りが多い職場では、社外のいろいろな人付き合わなければならない。そ …

a0008_001844
交渉が上手い人は出世しやすい

 交渉が上手い人は出世しやすいといわれる。これは当然といえば当然である。社外での …

a0002_002133
書類の準備に手を抜かない人は出世できる

 会社では会議の書類や稟議書など多くの書類を取り扱う。これらの書類をそろえるのは …

HANNKOU
反抗的な人も場合によっては出世できる

 会社の方針に反抗的な人は普通は出世できない。だが日本の会社は独特なムラ社会であ …

a0002_007251
悪口を振られたらどうするか?

 会社のちょっとした雑談や飲み会で他人の悪口を振られることがある。当たり前だが、 …

Image4
出世する人は感情のコントロールが上手い

 会社で働いているといろいろと不愉快なことが起こる。時にはどうにも我慢ならないよ …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

bunseki9731
自身の強みと弱みの把握は出世に役立つか?

 社内の出世競争において自分の強みや弱みを把握しておくことは重要である。だが過度 …