なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は効率化を考えない

 

 「効率化」は魔法のキーワードである。効率化を求めることは絶対的にいいことであり、それに疑問を差し挟む余地はないと考えられている。ビジネスの現場を見渡しても、無意識に、空気のような感覚で効率化という言葉を口にする人は多い。
 だがここには大きな落とし穴が待ち受けている。出世したいと思っているのなら、こうした思考停止は要注意だ。

効率化は「昭和」なキーワード?
 では効率化の何がいけないのだろうか。もちろん効率化そのものが悪いことであるはずがない。同じ仕事をより短い時間でこなすことができれば、その分、余力ができる。その余力を使えばより多くのモノを生産することができる。

 ここで重要なことは、余力を生産の拡大につなげるという部分である。これが成立するためには、常に需要が供給を上回っている必要がある。ある工場で1個の製品を作るのに10分の時間がかかるとしよう。これが5分で出来れば生産量は倍になり、収益も倍になる。しかし、そのためには注文が次々にやってくる、つまり供給よりも需要が多いことが大前提なのである。

 需要がない中で効率だけを追求しても意味がない。注目がやってこないのに、作る時間を短縮してもムダな努力に終わってしまうのだ。効率化という概念も下手をすると、大量生産が当たり前で、たくさんモノを作れば黙っていても売れた「昭和」な時代の遺物になりかねないのである。

 今の時代は、大量に作ることよりも、売れる商品を生み出すことの方がずっと大事である。仕事に対するリソースは、効率化に向けるよりも、新しい価値の創造に向けた方が合理的な場合もあるのだ。

kouritsuka4597

大事なのは効率化ではなく最適化
 これを社内の仕事にあてはめてみよう。同じ仕事を効率的に進めれば、余剰の時間を作り出すことができる。この時間を他の仕事に回すことができれば、より大きな成果につながってくる可能性がある。
 ここで重要なのは、生まれた余力をどこに回すのかという部分だ。つまり効率化というのは、余ったリソースを他に回し、従来以上の収益が得られることが確実になった時点で初めて意味を持ってくる。

 出世できる人は、与えられた仕事以外に、何をすれば自身の評価が上がるのか、出世につながってくるのかを常に考えている。上司が案件を抱えて困っている状況であれば、自身の仕事をさっさと終わらせて、上司に「次の仕事を下さい」とアピールする効果は非常に高いだろう。そのような時には、全力で仕事の効率化に邁進した方がよい。

 一方、他部署との調整などで、思うように仕事が進まない時もある。遅く進捗にイライラすることもあるが、このような時はあえて動かない方が得策だ。時間が問題を解決してくれることもあるからだ。出世できる人は、このような局面では、効率性など考えない。あえて時間をかけてムダなコミュニケーションを重ね、コンセンサスを得ることに注力している。

 要するに、出世できる人は仕事の「効率化」ではなく「最適化」が上手ということになる。仕事の効率化は最適化の中のごく一部でしかない。それがすべてになってしまっている人と、そうでない人との間に差がつくのは当然のことである。

  関連記事

putin
スパイの技術を出世に応用する①

 スパイというと人を暗殺したり、施設を爆破したりといった派手な映画のシーンをイメ …

a0002_008023
不満でも3年はガマンした方が出世には有利

 会社に入ったばかりの新入社員で、理想と現実のギャップにショックを受け、会社を辞 …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …

itabasami441
出世できる人は、仕事で板挟みにならない?

 仕事で板挟みになる人は少なくない。板挟みに状態になると、基本的にロクなことはな …

netuidake
仕事ができないならせめて熱意くらいは見せろ

 会社の中の人材を見渡してみると、仕事の能力と熱意の組み合わせで以下の4つのパタ …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

FE052_L
部下に人気がないと出世できない?

 年功序列の制度を維持するためには継続的な規模の拡大が必要となるが、もはや多くの …

baransusito6541
自分のバランスシートを理解することは出世の早道

 単純に仕事ができたり、コミュニケーション能力があるだけでは、それを確実に出世に …

a0001_016llk
人に感謝される仕事をしたいと考える人は出世できない

 ビジネスマンで「世の中の役に立つ仕事をしたい」「人に感謝される仕事をしたい」と …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …