なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世の基本戦略を考える

 

 企業に経営戦略があるように、出世にも戦略が必要である。だが、戦略という言葉は非常に安易に使われており、その本質的な意味は誤解されがちである。出世できる人というのは、プレゼンテーションで綺麗に図示できるものではないかもしれないが、明確な出世戦略を描いているものだ。

出世できる人は、戦略的な行動様式が身に付いている
 戦略というのは、ある目的を実現するための、具体的な方策、あるいは道筋のことを指す。ある製品分野で圧倒的なシェアを持つナンバーワン企業になるという目的があるとする。具体的にそれを実現するためには何をしなければならないのかを示したものが戦略ということになる。

 よく、売上高○億円、経常利益○億円という数字を戦略として掲げる経営者がいるが、それは戦略とはいわない。これは単なる数値目標に過ぎない。戦略は、目的を達成するための具体的に道筋のことであり、目標はそのために掲げる当面の到達地点のことである。

 戦略という言葉はよく戦術という言葉とも混同される。戦術は、戦略を実施するにあたり、個別のプロジェクトをどう進めるのかについて示したものである。営業担当者の数を増やす、SNSによるマーケティングを強化するといった措置は戦術的なものということになる。

 経営的なセンスのある人は、こうしたキーワードを使わなくても、戦略と戦術の違い、目的と目標の違いなどを直感的に理解し、行動に反映させることができる。こうした行動様式が身に付いている人は当然、出世においても有利になる。

senryaku3279

最初に行うべきなのは目的の明確化
 では出世において戦略とはどう考えればよいのだろうか。先ほど述べたように、戦略というのは、目的を実現するための具体的な方策である。正しい出世戦略を立案するためには、まずはしっかりとした目的を持つことが重要となる。

 出世において具体的な目的を定めている人は実は少ない。多くの人が何となく出世したいと考えているが、どこまで出世して、何をしたいのか、具体的にイメージできている人は少数派ではないだろうか。
 同じ出世といっても、トップに立つ、あるいは役員に昇進することで会社全体の舵取りをしたいと考えるのと、とりあえず管理職になれればよいとだけ考えるのとでは、大きな違いがある。

 重要なのは、どのくらいの時期に、どのような立場になりたいのか、そしてその立場になって何をしたいのか、出世における目的を定めることである。この目的がはっきりしないと、それを実現するためのシナリオを描くことは難しい。はっきりとした目的を持つことで、はじめて戦略を描くという作業をスタートさせることができる。

 戦略を立案する作業の第一歩は、目的に到達するまでのシナリオをいくつか描いてみることである。描いたシナリオに沿ってシミュレーションを行い、どの程度、実現可能なのか検証していく。
 描いたシナリオは状況の変化にともなって絶えず見直しが必要となる。戦略的な出世というのは、この作業を常に、頭の中で継続するということを意味しているのだ。

  関連記事

zaimushohyou
自分自身のバランスシートを理解することの重要性

 企業は、自身の経済活動で富を生み出すための存在だが、それは個人も同じである。ビ …

shanaieigyou0441
得意分野にこだわりすぎない方がよい

 アベノミクスで景気が持ち直しているといわれているが、企業の経営環境は決して良好 …

sosikizu2147
指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、 …

situsmon761
人から何かを聞かれたら

 出世できる人は、自分が詳しい分野について人から尋ねられた時、分かりやすく丁寧に …

FE024_L
出世するほど仕事が面白くなるのは本当か?

 出世すると会社の仕事が面白くなるといわれているが、それは本当である。特に管理職 …

hokoku
出世できないタイプの鉄板「社内評論家」

 前回、出世できないタイプとして取り上げた「でもでも」君だが、これに引き続いて今 …

EY061_L
上司をコントロールしろ

 上司に対して不満を持つビジネスマンは多い。指示が不明瞭、うまくいかないと部下の …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

EV124_L
数字に強い人は出世しやすい

 世の中には数字に強い人そうでない人がいる。だが出世するためには数字に強いことが …

menomae3211
ライバルは目の前にいない可能性が高い

 会社の中には、自分のライバルになる社員がいる。だが今、目の前にいて、成果を競っ …