なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、自分と人は違うということを知っている

 

 仕事ができるのに出世できないという人は意外と多い。そうなってしまう理由は様々なのだが、ありがちなのが、普通の社員の気持ちが分からないというケースである。

仕事ができる社員が求める管理職像
 機械メーカーに努めるTさんは、若い時から仕事が出来た。Tさんは、仕事というのは、与えられた権限の範囲で最大限、努力すべきものと考えていた。Tさんがヒラ社員だった時に、一番嫌だった上司は、厳しいタイプの人ではなく、決断できないタイプの人であった。

 ある一時期、Tさんが付いた課長は、交渉をどのように進めたらよいのか指示をせず、仕方なくTさんがうまく調整して話をまとめてきても、あまりいい顔をしなかった。Tさんが交渉をやり直そうとすると、突然、前の形でよかったのにと言い始める。理由を聞くと、部長がその形でいいと言ったからだそうである。

 上司が、こうして欲しいと指示さえしてくれるのであれば、それを達成すべくTさんは全力で仕事に取り組むつもりであった。時には徹夜することがあっても、上司がそのように采配してくれるのであれば、それに応えるのが部下の義務だとも思っていた。

 こうした決断できない上司を見るたびに、Tさんは自分が上司になったら、部下が働きやすいよう、明確に指示を出そうと決めていた。そのように振る舞うことが、部下にとっても、そして自分にとっても理想的な環境だろうと信じていたのである。

 だが実際に管理職になってみると、想像と現実はかなり違っていた。管理職になる前は考えもしなかったのだが、Tさんに部下が付いてこないのである。管理職としての評定はどんどん下がっていき、出世が危ぶまれるようになってきた。ヒラ社員だった時のTさんには想像もできない事態である。

118g5rgk003

他人が自分と同じ感覚を持っている保証はない
 Tさんが部下のマネジメントに失敗したのは、部下が自分と同じ考えを持っていると勘違いしてしまったことにある。
 ある部下に、取引先との交渉を任せた時のことである。Tさんは部下に具体的な交渉のやり方を説明し、相手の出方に合わせていくつかの回答を用意してあげた。そして、相手がどれにも当てはまらないことを言ってきたら「私には分かりません」といって持ち帰ってこい、と指示したのである。

 Tさんは、自分としては、最高にいい上司だと思っていた。きちっと仕事の方向性を伝え、選択肢を用意し、どうしてもダメだったら持ち帰って来いと言ったのである。部下は、交渉の進め方に悩む必要はないし、最終的な責任はTさんが負ってくれる。全力で取り組める環境を提供したと思っていたのである。

 だが部下は、選択肢にない話を先方から振られ、指示通りに持ち帰ることはせず、悪い条件で、その話を受け入れてしまったのである。Tさんはなぜそうしたのか問い詰めたが、明確な答は得られなかった。
 実は、部下は、厳しい環境で交渉をすること自体が嫌だったのである。持ち帰ってしまうと、また次回も交渉が続く。その場で交渉が終わることを優先したのだ。

 Tさんは、課長になるまで、会社の利益を微塵も考えない社員が存在しているのだということを、まったく知らなかった。多くの人が自分と同じ価値観を持っていると信じていたのである。

 マネジメントとは、自分と比較して恐ろしく仕事ができない人に、うまく仕事させる仕事である。この事実に気が付いていない人は意外と多い。

  関連記事

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

newton
時代の変化を知る方法

 同じ会社で出世を目指すにしろ、転職でキャリアアップを目指すにしろ、時代の変化を …

PHM11_0259
出世できる人は大変そうに仕事をしない

 同じ仕事をしていても、つらそうに仕事をしている人とそうでない人がいる。もちろん …

ET195_L
会社を「売る」ことは絶対のご法度

 自分の会社の悪口を取引先に言ったり、内部事情を漏らしたりすることは絶対にしては …

suteru8744
出世する人は、やることではなく、やらないことを決める

 当たり前のことだが、出世できる人は、仕事の進め方や判断が素早い。仕事を素早く進 …

a0002_003651
仕事がデキる人は話の中に数字が頻繁に登場する

 テレビのニュースでイベントなどが紹介され、企業の担当者がインタビューを受ける場 …

PHM11_0272
苦手な人はあえて克服するな

 会社の中には必ず2~3人くらいは苦手な人というのがいるものだ。自分が苦手とする …

sumahorenraku6441
LINEで欠勤の連絡がアリなのかについて、どう判断すべきか?

 LINEで欠勤連絡はありか?という記事があった。LINEで欠勤の連絡をすること …

taishokugo5004
地域デビューで失敗するのはデキないビジネスマン?

 定年退職したビジネスマンが、町内会など地域社会にうまく溶け込めないというケース …

GD169_L
ブラック企業から学べること

 最近ブラック企業が話題である。企業の中には確かに犯罪まがいのところもあり、その …