なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の変化で企業の組織は少しずつ変化しており、それにうまく対応していかないと、出世を続けることは難しい。

長期的スパンで生き残るために大切なこと
 ビジネスマンとして大事なことは、与えられた仕事をできるだけ早く、そしてしっかりとこなすことである。しかし、与えられる仕事が常に同じなわけではない。ヒラ社員の時と、中間管理職の時とでは、求められる仕事の内容は変わる。また時代の変化で会社の組織自体も変化する。

 最初は単純なセースルの会社だったのが、市場の変化に合わせてソリューション型に変わってくるというようなケースはよくある。会社の事業内容が変わると、求められる社員像も当然のことながら変化する。
 こうした変化にもうまく対応していかなければ、突然、途中でレースから降ろされてしまうことにもなりかねない。

 ビジネスマン自身をひとつの会社として考えれば、それは企業の経営と非常によく似ている。経営学の世界では、企業が環境の変化に対応し、長期的に生き残るためには、有効性と効率性という2つの視点が必要であるとしている。

 有効性は、製品やサービスが市場で求められているニーズとどれだけマッチしているのかを示している。効率性は文字通り、どれだけ効率良く、製品やサービスを提供できるのかを示している。市場で求められるものをしっかりと認識し、ムダのない動きをしなければ、競争に勝つことはできないという理屈である。

yukoseikouritusei449

変化への対応にも戦略性が必要
 当たり前といえば当たり前のことだが、現実にはその2つを並立させることは非常に難しい。かつて米国の自動車メーカーであるフォードは、徹底的な効率化で高い利益を上げていた。これに対して、ライバルのGM(ゼネラルモーターズ)はあまり経営効率が良くなかった。

 しかし、GMは顧客の好みに合わせて多くの車種を用意し、モデルチェンジを繰り返す戦略を採用した。これが市場のニーズにピッタリとマッチし、生産性ではフォードに追い付かなかったものの、フォードを抜いて、最大の自動車メーカーとなった。場合によっては、どちらか得意な部分を強化するという選択肢も必要となる。

 こうした経営学の理論は、そのままビジネスマン個人にもあてはめることができる。今いる部署で与えられているミッションを効率良くこなすことは非常に重要なことである。しかし、別な部署に異動となった場合や、役職が上がった場合、そして企業の環境が変化した場合には、求められる能力は変わってくる。

 あらゆる部署において、ある程度の成績を上げられる柔軟性を身につけていれば、GMのようにラインナップの多さで優位に立てるかもしれない。一方、求められることが非常に限定的な環境では、一つのことに秀でている人の方が評価されやすい。こちらはフォード型ということになる。

 有効性と効率性のバランスをどのように取るのかは、企業戦略のもっとも重要な部分のひとつである。個人の場合も同様で、どのような出世戦略をとるのかは、常に意識しておいた方がよい。

  関連記事

kaigihatugen664
ゆるキャラビジネスをこれでもかと続けられる人は出世できる

 今回は少し皮肉っぽい話である。 自治体などを中心に、ゆるキャラのブームが依然と …

zenryoku001
出世できる人は入社初日から全力投球している

 社内で出世に関して具体的に差が付き始めるのは、多くの企業では管理職になってから …

a0002_002253
上司がなぜ出世できたのか考えよ

 サラリーマンとして組織で仕事をする以上、会社からの評価は100%受け入れなけれ …

a0002_008023
不満でも3年はガマンした方が出世には有利

 会社に入ったばかりの新入社員で、理想と現実のギャップにショックを受け、会社を辞 …

kosuto4477
上司や会社に割高なヤツと思われてはいけない

 出世できない人に共通するのはビジネス感覚の薄さである。特に日本企業の場合、組織 …

ET116_L
悪い話は引きずる。良い話はすぐ忘れられる

 日本の会社は減点主義だといわれる。学歴などでどのようなタイプを出世させるのかあ …

a0002_003651
仕事がデキる人は話の中に数字が頻繁に登場する

 テレビのニュースでイベントなどが紹介され、企業の担当者がインタビューを受ける場 …

a0001_009257
身だしなみは出世に大きく影響する

 職場での身だしなみは出世において極めて重要である。身だしなみといってもブランド …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …