なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の変化で企業の組織は少しずつ変化しており、それにうまく対応していかないと、出世を続けることは難しい。

長期的スパンで生き残るために大切なこと
 ビジネスマンとして大事なことは、与えられた仕事をできるだけ早く、そしてしっかりとこなすことである。しかし、与えられる仕事が常に同じなわけではない。ヒラ社員の時と、中間管理職の時とでは、求められる仕事の内容は変わる。また時代の変化で会社の組織自体も変化する。

 最初は単純なセースルの会社だったのが、市場の変化に合わせてソリューション型に変わってくるというようなケースはよくある。会社の事業内容が変わると、求められる社員像も当然のことながら変化する。
 こうした変化にもうまく対応していかなければ、突然、途中でレースから降ろされてしまうことにもなりかねない。

 ビジネスマン自身をひとつの会社として考えれば、それは企業の経営と非常によく似ている。経営学の世界では、企業が環境の変化に対応し、長期的に生き残るためには、有効性と効率性という2つの視点が必要であるとしている。

 有効性は、製品やサービスが市場で求められているニーズとどれだけマッチしているのかを示している。効率性は文字通り、どれだけ効率良く、製品やサービスを提供できるのかを示している。市場で求められるものをしっかりと認識し、ムダのない動きをしなければ、競争に勝つことはできないという理屈である。

yukoseikouritusei449

変化への対応にも戦略性が必要
 当たり前といえば当たり前のことだが、現実にはその2つを並立させることは非常に難しい。かつて米国の自動車メーカーであるフォードは、徹底的な効率化で高い利益を上げていた。これに対して、ライバルのGM(ゼネラルモーターズ)はあまり経営効率が良くなかった。

 しかし、GMは顧客の好みに合わせて多くの車種を用意し、モデルチェンジを繰り返す戦略を採用した。これが市場のニーズにピッタリとマッチし、生産性ではフォードに追い付かなかったものの、フォードを抜いて、最大の自動車メーカーとなった。場合によっては、どちらか得意な部分を強化するという選択肢も必要となる。

 こうした経営学の理論は、そのままビジネスマン個人にもあてはめることができる。今いる部署で与えられているミッションを効率良くこなすことは非常に重要なことである。しかし、別な部署に異動となった場合や、役職が上がった場合、そして企業の環境が変化した場合には、求められる能力は変わってくる。

 あらゆる部署において、ある程度の成績を上げられる柔軟性を身につけていれば、GMのようにラインナップの多さで優位に立てるかもしれない。一方、求められることが非常に限定的な環境では、一つのことに秀でている人の方が評価されやすい。こちらはフォード型ということになる。

 有効性と効率性のバランスをどのように取るのかは、企業戦略のもっとも重要な部分のひとつである。個人の場合も同様で、どのような出世戦略をとるのかは、常に意識しておいた方がよい。

  関連記事

a0001_016562r
自慢をしていいことはほとんどない

 人はなぜか自慢をしたがるものである。他人の自慢話を聞くのは多くの人にとって苦痛 …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …

shanaieigyou0441
得意分野にこだわりすぎない方がよい

 アベノミクスで景気が持ち直しているといわれているが、企業の経営環境は決して良好 …

image01
東大話法を駆使しろ

 東大話法と呼ばれるものがある。「原発危機と東大話法」という書籍の中で述べられた …

Image3
同期社員との付き合いは出世に有効か?

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企 …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

zaimushohyou
自分自身のバランスシートを理解することの重要性

 企業は、自身の経済活動で富を生み出すための存在だが、それは個人も同じである。ビ …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

zangyojikan
出世できる人は常に生産性とポートフォリオを考える

 このところ日本企業における残業時間が社会問題になっている。残業問題は社風といっ …

sosikizu2147
指揮・命令系統の仕組みを理解できないと、出世は難しい

 会社というものは、基本的に上下関係で動いている。どんな組織にも、何らかの形で、 …