なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の変化で企業の組織は少しずつ変化しており、それにうまく対応していかないと、出世を続けることは難しい。

長期的スパンで生き残るために大切なこと
 ビジネスマンとして大事なことは、与えられた仕事をできるだけ早く、そしてしっかりとこなすことである。しかし、与えられる仕事が常に同じなわけではない。ヒラ社員の時と、中間管理職の時とでは、求められる仕事の内容は変わる。また時代の変化で会社の組織自体も変化する。

 最初は単純なセースルの会社だったのが、市場の変化に合わせてソリューション型に変わってくるというようなケースはよくある。会社の事業内容が変わると、求められる社員像も当然のことながら変化する。
 こうした変化にもうまく対応していかなければ、突然、途中でレースから降ろされてしまうことにもなりかねない。

 ビジネスマン自身をひとつの会社として考えれば、それは企業の経営と非常によく似ている。経営学の世界では、企業が環境の変化に対応し、長期的に生き残るためには、有効性と効率性という2つの視点が必要であるとしている。

 有効性は、製品やサービスが市場で求められているニーズとどれだけマッチしているのかを示している。効率性は文字通り、どれだけ効率良く、製品やサービスを提供できるのかを示している。市場で求められるものをしっかりと認識し、ムダのない動きをしなければ、競争に勝つことはできないという理屈である。

yukoseikouritusei449

変化への対応にも戦略性が必要
 当たり前といえば当たり前のことだが、現実にはその2つを並立させることは非常に難しい。かつて米国の自動車メーカーであるフォードは、徹底的な効率化で高い利益を上げていた。これに対して、ライバルのGM(ゼネラルモーターズ)はあまり経営効率が良くなかった。

 しかし、GMは顧客の好みに合わせて多くの車種を用意し、モデルチェンジを繰り返す戦略を採用した。これが市場のニーズにピッタリとマッチし、生産性ではフォードに追い付かなかったものの、フォードを抜いて、最大の自動車メーカーとなった。場合によっては、どちらか得意な部分を強化するという選択肢も必要となる。

 こうした経営学の理論は、そのままビジネスマン個人にもあてはめることができる。今いる部署で与えられているミッションを効率良くこなすことは非常に重要なことである。しかし、別な部署に異動となった場合や、役職が上がった場合、そして企業の環境が変化した場合には、求められる能力は変わってくる。

 あらゆる部署において、ある程度の成績を上げられる柔軟性を身につけていれば、GMのようにラインナップの多さで優位に立てるかもしれない。一方、求められることが非常に限定的な環境では、一つのことに秀でている人の方が評価されやすい。こちらはフォード型ということになる。

 有効性と効率性のバランスをどのように取るのかは、企業戦略のもっとも重要な部分のひとつである。個人の場合も同様で、どのような出世戦略をとるのかは、常に意識しておいた方がよい。

  関連記事

kaigisitu00a
部下を守る人は出世できない

 部下を守ったり、取引先との信用を維持することはビジネスマンとして重要といわれて …

hayakuchi01
出世する人に早口は少ない

 出世できる人には早口な人は少ないといわれる。おそらくそれは、しゃべるスピードと …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

a0001_017007
ゼネラリストとスペシャリストのどちらが出世できるか?

 日本の会社はゼネラリスト指向だといわれる。かなり以前からスペシャリティが大事だ …

a0003_001763
自分より年下の人脈を重視せよ

 最近は多くの企業で出世させる人とさせない人を明確に区別するようになってきている …

wakariyasui5556
出世できる人の話し方には共通項がある

 出世できる人の話し方には一定の共通項がある。逆に言えば、これを真似すれば、あた …

kaigi
出世したければすぐに体を動かせ

 通常の業務の最中であれば、指示された仕事を皆淡々とこなしているだけなので、各人 …

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

PHM11_0259
出世できる人は大変そうに仕事をしない

 同じ仕事をしていても、つらそうに仕事をしている人とそうでない人がいる。もちろん …

Image2
ミスはかなり大目に見てもらえる

 仕事でミスをしてしまい悩んでいる人は多い。意外なことだが、仕事のミスは実は出世 …