なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自分自身のバランスシートを理解することの重要性

 

 企業は、自身の経済活動で富を生み出すための存在だが、それは個人も同じである。ビジネス・パーソンは、自身という資産を活用して、富を生み出す企業のような存在である。だとするならば、企業と同様、財務諸表という概念が適用できるはずだ。

企業はバランスシートから利益を得ている部分も大きい
 財務諸表は、大きく分けて、損益計算書と貸借対照表(バランスシート)の2種類で構成されている。企業の売上げは、個人に当てはめれば年収ということになるので、損益計算書の方は、イメージしやすいだろう。問題はバランス・シートである。

 有能な経営者は各期の利益も重視するが、それ以上にバランスシートの状況に対して注意を払う。同様に出世できるビジネスパーソンは、自身のバランスシートを強く意識して、日々の仕事を行っている。

 企業の収益は、毎年のコストによって生み出されている部分と、資産が生み出している部分の2つに大別することができる。ある商品を仕入れて、それを販売するというビジネスであれば、商品の仕入れやそのために必要となった人件費は単純なコストである。

 個人にあてはめれば、仕事のために費やした労力がコストということになる。効率の良い仕事ができれば、最小限の労力で最大の年収を得ることができる。企業でいえば、利益率が高いビジネスということになる。多くの人が、仕事の効率を上げようとするのはそのためである。

zaimushohyou

個人における資産とは?
 しかし企業の収益はそれだけでもたらされているわけではない。例えば鉄道会社は、最初に手間をかけて敷設した線路が富の源泉である。確かに、電車の機関士や車掌、駅員などは日々のコストだが、もっとも大事なのは、線路という資産(インフラ)である。

 また、同じ商品を扱う小売店でも、見えない資産である店のブランド力によって売上げは大きく異なる。企業の収益は、こうした資産の部分によって大きく変わってくるのである。線路は有形の固定資産ということになり、ブランド力は無形の資産ということになる。

 これは個人も同じで、資産に相当する部分が積み重なっている人とそうでない人とでは、同じ環境で仕事をしていても、そのパフォーマンスは異なってくる。この積み重ねは大きく、放置すると年々、差が開いてくることになる。

 個人における資産は、知識、人脈、仕事のノウハウ、健康管理など多岐にわたる。こうした自分自身の資産をうまく管理し、それを育てることができた人は、同じ労力でも、仕事の成果はまるで異なってくるのだ。

 毎日の仕事の中で、自分の資産をいかに蓄積していくかという視点を持つ人と、持たない人では、その結果が違うのは当たり前である。目の前にある仕事をただこなすのではなく、これが自身にとってどのような資産になるのか、常に考えて仕事を進めるべきである。

  関連記事

joushi77a
出世のために超えなければならない2つのカベ

 出世のためには超えなければならないカベが2つある。ひとつは上司を顧客と思えるか …

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

a0055_000585
上司から注意された場合の対処法

 職場で仕事をしていれば上司から注意されることもある。中には不当な内容の注意も多 …

FE198_L
裏切られないためにはどうしたらよいか

 会社では基本的に皆、自分のことしか考えていない。「社員は皆家族である」などとい …

ET106_L
常に本気を出すことが出世の早道

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだら …

a0002_002133
書類の準備に手を抜かない人は出世できる

 会社では会議の書類や稟議書など多くの書類を取り扱う。これらの書類をそろえるのは …

a0001_016llk
人に感謝される仕事をしたいと考える人は出世できない

 ビジネスマンで「世の中の役に立つ仕事をしたい」「人に感謝される仕事をしたい」と …

ET058_L
出世の法則は二極化してくる

 これまでの出世の法則は基本的にひとつだった。日本の「カイシャ」の仕組みは、会社 …

EQ014_Lgq
子会社や関連会社の出世の法則は変わりつつある

 かつて大企業の子会社や関連会社の人事は非常につまらないものであった。主要役員は …

FE021_L
誰にアピールすればよいのか?

 組織で出世するためには、誰かの「押し」がなければダメだ。営業職など数字がモノを …