なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人はITツールをめぐるトラブルとは無縁

 

 新しいITツールをめぐる職場のトラブルはなくならいようである。ネット上では「Lineで欠勤の連絡はアリか?」「「客先でスマホをいじるのはどうなのか?」「就活でGmailを使うのはどうなのか」さらには「ツイッターで会社の愚痴を言ったら降格になった」といった話題が飛び交っている。

トラブルの原因のほとんどは「べき」論
 こうした新しいツールをめぐるトラブルはいつの時代も発生していることであり、特段目新しいことではない。この手のトラブルが起こる原因は基本的にはひとつしかない。お互いが「べき」論を語っているからである。

 Lineで欠勤の知らせを受け取っている上司は、こうした連絡は電話か正式なメールで送ってくる「べき」だと思っているので、そうではない社員の対応が気にくわない。一方、Lineで欠勤の連絡する社員は、連絡手段はどんなものでも許容される「べき」だと思っている。

 つまり、両者とも、単純にベキ論をぶつけ合っているにすぎないのだ。他のテーマも同様である。

 出世できる人はこうしたトラブルとは一切無縁である。出世できる人は、つまらない「べき」論など持っていないからである。出世は基本的に上の人が下の人を評価するシステムなので、言動について最初に意識すべきなのは下の人ということになる。

 上司の様子を一通り観察していれば、Lineで連絡したらどの上司が怒り出すのかは容易に想像が付くはずである。そのような上司にはLineで連絡しなければよいだけだ。わざわざ突っ込まれる行動を自ら実践するメリットはない。

ittooltoraburu7410

誰が正しいのかを証明しても意味がない
 客先でスマホをいじることや就活でGmailを使うことも同じである。これに対して小言を言いそうな相手は容易に判別が付くようでなければ組織の中でスムーズに仕事をすることは難しいだろう。

 それでもこのようなトラブルになってしまうというのは、相手をよく観察できていないか、自分の中に過剰な「べき」論があるかのどちらかということになる。両者のどちらだったとしても、出世にはあまりプラスに作用しないだろう。

 ツイッターで愚痴を書いて降格も同じ話である。その処分自体が正統なものか不当なものかなどこの際、どうでもよい。問題はツイッターで愚痴を書いた結果、何が起こるのか予見できなかった点にある。

 自分の行動ですら予見できないのだから、ましてや部下を持った時、部下によるSNSへの書き込みで会社がどのようなトラブルに巻き込まれるのか予見することは難しいだろう。だとすると、基本的に組織で仕事をすることには向いていないのかもしれない。

 会社は誰が正しいのかを証明する場所ではない。そのような場所に「べき」論を持ち込んでしまうのはナンセンスな行為であることを理解しておく必要がある。組織の中で出世したいと思っているのなら、なおさらである。

  関連記事

newton
時代の変化を知る方法

 同じ会社で出世を目指すにしろ、転職でキャリアアップを目指すにしろ、時代の変化を …

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

a0002_002753
出世できる人は仕事をしながらでも周囲の状況を把握している

 仕事に集中すると周囲の音が耳に入らなくなる人がいるが、一般的にこのような人は会 …

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

fresher02
新入社員の意識にみる出世のカギ

 新入社員はまだ社会人になったばかりなので、それまでの生活とビジネスマンとしての …

iraira001
出世できる人が人格者として振る舞える理由

 出世できる人の多くは、総じて周囲からの評判が良い。日本の会社では周囲からの評判 …

FQ092_L
年功序列の会社に入ってしまったら

 出世しようと意気込んでいたのに自分が入った会社は強烈な年功序列だったというケー …

a0002_002253yy
絶対の禁句「そんなこと分かってます」

 出世を望むビジネスマンにおける絶対の禁句のひとつに「そんなこと分かってます」と …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …