なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

謝罪グセは出世の大敵

 

 何かにつけて「すみません」「すみません」と言う人がいる。当たり前のことだが、こうした謝りグセがついている人は出世しにくい。
 謝っているという行為そのものが悪いのではなく、そのような状況に自分を追い込んでいる生活習慣にこそ問題がある。

コミュニケーションは最初が大事
 よくあるのが、会議やアポイントなどの遅刻である。遅れて到着すれば、どうしても「すみません。道が混んでいたもので」といった形で、謝罪からスタートすることになる。相手は、「今日は来ないのかと思いましたよ」などと嫌みを言い、そこで相手の一歩リードとなってしまう。

 もちろん、最初に謝ることになったからといって、その後の流れがすべて不利になるわけではない。

 だが、交渉や会話というものは、スタート地点が非常に重要である。経験が豊富で、交渉力がある人ほど、スタートでよいポジションを確保することを重視する。劣勢になってから挽回することがいかに大変なのかよく理解しているかだ。

 こうした細かい言動は、何年にも渡って蓄積してくる。生活習慣がだらしない人は、日々のコミュニケーションの中で、気付かないうちに不利な立場に追いやられ、結果的にビジネスでも成果を上げることができなくなっている。
 出世できる人が早起きで、生活習慣がしっかりしているというのは、実はこうした面での効果もあるのだ。

sumimasen441

仕事は日常の積み重ねで決まる
 また自分では謙遜のつもりでも、あまりに過剰に「すみません」を連発していると、相手によってはかなり不愉快な印象を与えてしまう可能性がある。

 過剰な謝罪の背後には、多くの場合、責任を回避したいというエゴが隠れていることが多い。控えめな自分を演出したつもりが、欲求丸出しという状況にもなりかねないので注意が必要だ。

 指定時間より前に到着する、「あれはまだ?」と言われる前に報告する、締切りは必ず守るなど、日々の仕事におけるちょっとしたやり取りにおいて、先手を打つということは極めて有効な武器となる。たまに大きな成果を上げるよりも、ちょっとした「勝ち」を積み重ねている人は、非常に足腰が強い。

 反対に、日々のやり取りで「負け」が込んでいる人は、たまに大きな成果をあげても、相応に評価されなかったりする。不公平に思うかもしれないが、評価というものは人が行うという現実を考えると、やむを得ない面がある。

 日常生活において優位な立場にある人は、やはりあらゆる面で優位であり、そうでない人は、逆の結果になってしまう。「成果さえ上げればいいんだろ」と考えている人がいたら要注意である。

  関連記事

ED118_L
日本語を理解できる人は意外と少ない

 日本語を話す日本人なのに日本語を理解できないとは変な話だが、表題に書いてあるこ …

sasaki
出世できない人はなぜがすぐに体調が悪くなる

 自身の体調不良や家族の病気など、どうしても避けられない理由で仕事をキャンセルし …

kadokawa
KADOKAWAとドワンゴ合併が示す新しい出世の法則

 大手メディア企業のKADOKAWAと、動画配信のドワンゴが経営統合することが発 …

usoda001
ある程度までなら恥知らずでも出世できる

 恥知らずは一般によくないこととされているが、恥知らずな人は意外と得していること …

nannde
分かってます症候群の弊害

 プライドが高いと出世にマイナスの影響を与えることが多いことは過去にも指摘した。 …

ketudanryoku
出世する人は決断力があるのか?

 仕事ができる人は決断力がある。少なくとも周囲はそのようなイメージを持っているは …

FE024_L
出世するほど仕事が面白くなるのは本当か?

 出世すると会社の仕事が面白くなるといわれているが、それは本当である。特に管理職 …

motibeshon3697
出世のモチベーションをどう維持するか

 出世競争は長距離走のようなものである。ある瞬間だけよい成果を上げればよいという …

keiken001
経験から学べる人と学べない人

 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶというのは、かつてのドイツの宰相ビスマル …

GD080_L
誰にでも平等に接した方がよいのか?

 誰に対しても分け隔てなく平等に接するべきとうのは一般によく言われていることであ …