なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

謝罪グセは出世の大敵

 

 何かにつけて「すみません」「すみません」と言う人がいる。当たり前のことだが、こうした謝りグセがついている人は出世しにくい。
 謝っているという行為そのものが悪いのではなく、そのような状況に自分を追い込んでいる生活習慣にこそ問題がある。

コミュニケーションは最初が大事
 よくあるのが、会議やアポイントなどの遅刻である。遅れて到着すれば、どうしても「すみません。道が混んでいたもので」といった形で、謝罪からスタートすることになる。相手は、「今日は来ないのかと思いましたよ」などと嫌みを言い、そこで相手の一歩リードとなってしまう。

 もちろん、最初に謝ることになったからといって、その後の流れがすべて不利になるわけではない。

 だが、交渉や会話というものは、スタート地点が非常に重要である。経験が豊富で、交渉力がある人ほど、スタートでよいポジションを確保することを重視する。劣勢になってから挽回することがいかに大変なのかよく理解しているかだ。

 こうした細かい言動は、何年にも渡って蓄積してくる。生活習慣がだらしない人は、日々のコミュニケーションの中で、気付かないうちに不利な立場に追いやられ、結果的にビジネスでも成果を上げることができなくなっている。
 出世できる人が早起きで、生活習慣がしっかりしているというのは、実はこうした面での効果もあるのだ。

sumimasen441

仕事は日常の積み重ねで決まる
 また自分では謙遜のつもりでも、あまりに過剰に「すみません」を連発していると、相手によってはかなり不愉快な印象を与えてしまう可能性がある。

 過剰な謝罪の背後には、多くの場合、責任を回避したいというエゴが隠れていることが多い。控えめな自分を演出したつもりが、欲求丸出しという状況にもなりかねないので注意が必要だ。

 指定時間より前に到着する、「あれはまだ?」と言われる前に報告する、締切りは必ず守るなど、日々の仕事におけるちょっとしたやり取りにおいて、先手を打つということは極めて有効な武器となる。たまに大きな成果を上げるよりも、ちょっとした「勝ち」を積み重ねている人は、非常に足腰が強い。

 反対に、日々のやり取りで「負け」が込んでいる人は、たまに大きな成果をあげても、相応に評価されなかったりする。不公平に思うかもしれないが、評価というものは人が行うという現実を考えると、やむを得ない面がある。

 日常生活において優位な立場にある人は、やはりあらゆる面で優位であり、そうでない人は、逆の結果になってしまう。「成果さえ上げればいいんだろ」と考えている人がいたら要注意である。

  関連記事

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …

FE039_L
社内の評判と社外の評判

 以前の日本では転職やヘッドハンティングとは無縁の会社が多かったが、最近では転職 …

kaigihatugen664
ゆるキャラビジネスをこれでもかと続けられる人は出世できる

 今回は少し皮肉っぽい話である。 自治体などを中心に、ゆるキャラのブームが依然と …

yamamotoiso001
山本五十六の名言を出世にどう応用するか?

 「やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」というのは …

Image2
出世する人の期待の裏切り方

 出世する人は期待の裏切り方が上手だ。いい意味で相手の期待を裏切ることができれば …

ER074_L
知恵よりも知識が重要

 前回は東大話法について述べたが、今回もその延長線上の話題である。  日本では知 …

tuskiai7500
付き合いは等距離が基本

 出世を考えるのであれば、若いうちの社内の付き合いは、できるだけ各方面と等距離な …

ET134_L
たまに大きな成果を上げるより、常にまずまずの成果を

 たまに大きな成果を上げる人と、常にまずまずの成果を上げる人ではどちらが出世しや …

mottaitukeru
何かともったいつけた言い方をする人

 何かと、もったいつけた言い方をするビジネスマンは多い。これは出世の大敵となるの …

miki
楽天英語公用語化の本当の意味

 前回は出世のためには英語はできた方がよいという話を書いた。記事の冒頭に楽天とユ …