なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

英語はできた方がよいに決まっている

 

 楽天やユニクロで英語が公用語となり大きな話題となったが、一般論として出世するために英語は必要だろうか?

 答はイエスである。

 出世するためには英語はできた方がよい。

 英語についてはその是非をめぐって、感情的なやり取りも見られる。だがその多くは、そもそもの議論の前提条件が間違っている。

 日本という国として英語が必要かという議論と、外国人と仕事をする企業において英語が必要かという議論を混同しているのである。

母国語ですべてが完結するというのは先進国だけの特権
 日本は国として英語が必須かどうかといえばそれはノーである。

 日本には、同じ言語をしゃべる1億2000万人もの人口と、中国に抜かれはしたたものの世界3位の経済規模を持つ巨大マーネットが存在している。しかも歴史的に自ら近代化を成し遂げることに成功し、あらゆる文献が日本語に翻訳されている。

 日本人は当たり前だと思っているが、こんなことは世界では極めてめずらしいことなのだ。

 1億人以上の極めて豊かな顧客が目の前に存在し、世界各国の知恵や知識が、自分の国の言語で読める人など、先進国のごくわずかな人たちだけである。これはまさに特権なのである。その証拠に、日本だって明治時代の初期までは、皆、英語やドイツ語で学んたではないか。かつて列強の植民地だった国は今でも宗主国の言語で勉強することが当たり前である。

日本文化の問題ではなく、日本語を使った方が圧倒的に得という事実
 これを文化の話などにするからおかしなことになる。いくら自国文化といっても、自分の国の言語で「アダムスミス」を読めないのでは意味がないのだ。

 日本は幸いにして自国語であらゆるものを学べる環境が揃っている。これを活用しないなど愚の骨頂だ。

 日本人は人類が編み出したほとんどの知恵や知識を母国語で学ぶことができ、日本国内で十分にビジネスができるという極めて恵まれた民族である。
 日本語が大事だから日本語を使うのではなく、日本人は日本語を使った方が圧倒的に有利なのだ。これがすべて外国のものだったらどうだろうか?効率は半分以下に低下してしまうだろう。

 一方個別の企業に目を向ければ、企業はあくまでお金を儲けるための存在である。お客さんがフランス人なのに、その会社では誰一人フランス語がしゃべれませんは、常識として通用しないだろう。国であれ企業であれ、最後は損得なのだ。

 海外のマーケットに進出したり、外国人と取引きする企業が英語をできる人材を求めるのはある意味で当たり前のことである。また社員として会社から給料をもらっている以上、会社の方針に自分を合わせるのもまた当然である。

英語ができるだけの人が出世してもよいのか?でも会社なんてそんなもの
 英語を公用語にすると、英語だけがうまくて仕事ができない人が出世する弊害があるともいわれる。おそらくそれは正しい。英語を公用語にすればおそらくそうなるだろう。

 事実、アメリカ系の企業では、仕事ができるできないは二の次というところがほとんどである。まずは英語ができるかできないかですべてが決まる。当たり前である。アメリカの会社なのだから。

 日本の会社でアジアに進出した企業を見てみればよい。仕事がロクに出来ないのに、日本語ができるというだけの理由で日本人社員に取り入り、出世している現地人が山ほどいる。

 日本の会社でも英語を公用語にすれば、英語ができるという理由だけでアホでもホイホイ出世することになる。でも外国人がお客様ならやむを得ないだろう。仕事ができるが英語ができない日本人よりも、仕事が多少ダメでも英語が出来た方がよいに決まっているのだ。

語学はただのツールでしかない
 つまり語学はしょせんツールなのである。必要なら覚えなければならないし、マーケットが変わり、その言語が必要なくなれば、もはやその言語を学ぶ意味はなくなるだけだ。

 どうしても語学で評価されるのが気に入らないというのであれば、国内で展開する企業に転職するか独立するしかない。冒頭にも述べたように、日本には世界3位のGDPと1億2000万人の人口という破格の超巨大マーケットが目の前に広がっている。契約から宣伝、決済まですべて日本語でOKだ。いくら日本が衰退を始めた国だいっても、世界でもっとも稼ぎやすい国のひとつであることに変わりはない。

 筆者はサラリーマン時代、職業柄たまに海外出張があり、最低限の英語は使わなければならない環境だった。だが、英語で何の支障もなく仕事が進められる程の語学力があったかというとそうではない。だが自分で会社を経営するようになってからは、顧客が日本国内ということもあり英語を使うケースはほぼゼロになってしまった。筆者が関わっている業界は、おそらく30年後も状況は同じだろう。
 
 一方、サラリーマンをしながらマレーシアやアメリカの不動産に投資をしているB氏は、仕事上で英語を使ったことはこれまで一度もなかった。だが、年金問題を含め日本の将来に不安を持ったB氏は、休みを取っては海外渡航し、現地の投資用不動産を次々と購入している。

 B氏の英語はムチャクチャで、私も半分何を言っているのか理解できない(たぶん私の英語力の問題ではないと思われる)。だがB氏はまったく臆することなく、ハチャメチャ英語で交渉し、不動産を購入している(さすがに契約書はあとで弁護士に見せている)。
 B氏の不動産投資はもはや事業であり、事業で必要となれば、英語ができるできないなど関係ないのである。自分が勤めている会社や業界で英語が求められていて、他の業界に移ったり、独立する気がないのなら、とにかく英語をやるべきだ。

【参考記事】
書類の体裁を整えられない人が出世できない理由
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

hitodefusoku3301
人手不足というのは本当か?

 今、ビジネスの世界では、深刻な人手不足になっているという。まだ景気が完全に回復 …

0001
成果主義はなぜ定着しないのか?

 日本の企業で成果主義という言葉が使われ出してから久しい。一時は多くの会社で成果 …

jousitegara
出世できる人は上司に手柄を独り占めさせる

 上司が自分の手柄を独り占めするという不満は多い。確かにあまり面白いことではない …

a1640_000039
出世したければ自己アピールはほどほどに

 自己アピールはひとつのビジネス・スキルといってよいものだが、日本の会社で出世す …

kaigisitu00a
部下を守る人は出世できない

 部下を守ったり、取引先との信用を維持することはビジネスマンとして重要といわれて …

nagedasu6051
都合が悪いことを無視する人

 都合が悪いことがあっても、それを報告したり連絡しない人というのは必ず一定数存在 …

sonnakoto
真っ先に「でも」と反論するのは最悪パターン

 出世できない人に共通の特徴というものがあるが、その中でも最強の部類に入るのがこ …

sinia
出世する人は、詳しい人を大事にする

 社内にはある特定の分野のものごとにとても詳しい人がいる。それはコンピュータであ …

a0002_005717
筆まめは出世するのウソ

 筆マメは出世するとよく言われる。もちろんマメに連絡を取ったり、挨拶を欠かさない …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …