なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は無意味なことを無意味と理解している

 

 組織の中で仕事をしていると、無意味なことに出くわすことが多い。出世できる人は、無意味なことを無意味と理解しながら取り組んでいる。
 一方、出世できない人は、無意味であることを理解していないか、それを受け入れていないことが多い。当たり前のことだが、この違いは大きい。

日本型組織におけるビジネスマンの分類
 非合理的に仕事が進む日本企業の場合、無意味な作業は非常に多い。このような状況に直面した時、ビジネスマンの行動は以下の3種類に分かれる。

 ①非合理的なことを好まず、抵抗するものの、最終的には嫌々作業をする人
 ②非合理的であることを認識せず、当然のこととして取り組む人
 ③非合理的であることを認識しながら積極的に取り組む人、

 多くのビジネスマンは当初は①なのだが、徐々に組織の現実を受け入れ、②に変わっていく。そのうち、自分が①だったことを忘れて、積極的に②の人材になっていく人も多い。このタイプは日本の組織における中核となる人材といってよいだろう。

 中には最初から②という人もいるが、この人は、筋金入りの小役人タイプということになる。組織に馴染むことは簡単かもしれない。

 中堅社員になっても①のままという人も一定数存在している。日本型組織にはうまく馴染めないタイプということになるかもしれない。

iyaiya6347

気持ちを切り替えるのは早い方がよい
 日本の組織で出世できる人は、当然のことながら③の人材である。③のタイプの人は、上司や同僚、部下がどのタイプの人であってもうまく意思の疎通ができるので、多くの人から信頼を得やすい。

 ①の人に対しては「会社というのはバカバカしいものだが、これも仕事だから手を抜かずにやろう」と励ますだろう。①の人は結局、その仕事をするわけだから、そのように対応してもらった方が気分的にラクになるはずだ。結果的に③の人は①の人からも信頼される。

 ②の人は、非合理的なことが当然と思っているので、否定しないことが重要だ。③の人は、こうした人の仕事の進め方は決して否定しない。それが大きな弊害にならないうちは、尊重していることが多い。結果として②の人からも信頼されることになる。

 上司から見ても、③の人は、周囲をうまく取りまとめることができる人材に映る可能性が高く、評価も上がりやすくなるわけだ。

 どうせ、非合理的な組織に在籍し続けるのなら、早めに気持ちを切り替え、③になった方がよい。スタートは早いに越したことはないのだ。

  関連記事

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

ET134_L87003
ゴマスリの効果はどれほどか?

 会社の中にはゴマスリが得意な人がいる。一方でゴマスリなど絶対ゴメンだという人も …

a0002_002427
出世できる人はわざわざ人脈作りをしなくてもよい

 人脈はビジネスマンが持つべき重要な資産の一つである。だがいわゆる人脈拡大術のよ …

Image3
同期社員との付き合いは出世に有効か?

 それなりの規模を持つ会社であれば、同期入社の社員が何人かいるはずである。巨大企 …

KURU
冷静さをムリに装う人は出世できない

 冷静であることは基本的によいこととされている。すぐ熱くなるようなタイプは感情に …

image3
「なかったこと」にしてしまう人に要注意

 自分が主張したことが完全に間違いだと分かったときなど、都合が悪い事態に遭遇する …

miki
楽天英語公用語化の本当の意味

 前回は出世のためには英語はできた方がよいという話を書いた。記事の冒頭に楽天とユ …

ET057_Lq
チームワークを主導できることは出世の早道

 日本企業は集団での業務を得意としているが、欧米企業は個人プレーで成果主義。世間 …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …

shokubamana1112
有休消化にマナーが必要なのかという論争から考える出世のメカニズム

 職場のマナーに関する専門家の指摘がネット上で論争となっている。 有給を取る場合 …