なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は無意味なことを無意味と理解している

 

 組織の中で仕事をしていると、無意味なことに出くわすことが多い。出世できる人は、無意味なことを無意味と理解しながら取り組んでいる。
 一方、出世できない人は、無意味であることを理解していないか、それを受け入れていないことが多い。当たり前のことだが、この違いは大きい。

日本型組織におけるビジネスマンの分類
 非合理的に仕事が進む日本企業の場合、無意味な作業は非常に多い。このような状況に直面した時、ビジネスマンの行動は以下の3種類に分かれる。

 ①非合理的なことを好まず、抵抗するものの、最終的には嫌々作業をする人
 ②非合理的であることを認識せず、当然のこととして取り組む人
 ③非合理的であることを認識しながら積極的に取り組む人、

 多くのビジネスマンは当初は①なのだが、徐々に組織の現実を受け入れ、②に変わっていく。そのうち、自分が①だったことを忘れて、積極的に②の人材になっていく人も多い。このタイプは日本の組織における中核となる人材といってよいだろう。

 中には最初から②という人もいるが、この人は、筋金入りの小役人タイプということになる。組織に馴染むことは簡単かもしれない。

 中堅社員になっても①のままという人も一定数存在している。日本型組織にはうまく馴染めないタイプということになるかもしれない。

iyaiya6347

気持ちを切り替えるのは早い方がよい
 日本の組織で出世できる人は、当然のことながら③の人材である。③のタイプの人は、上司や同僚、部下がどのタイプの人であってもうまく意思の疎通ができるので、多くの人から信頼を得やすい。

 ①の人に対しては「会社というのはバカバカしいものだが、これも仕事だから手を抜かずにやろう」と励ますだろう。①の人は結局、その仕事をするわけだから、そのように対応してもらった方が気分的にラクになるはずだ。結果的に③の人は①の人からも信頼される。

 ②の人は、非合理的なことが当然と思っているので、否定しないことが重要だ。③の人は、こうした人の仕事の進め方は決して否定しない。それが大きな弊害にならないうちは、尊重していることが多い。結果として②の人からも信頼されることになる。

 上司から見ても、③の人は、周囲をうまく取りまとめることができる人材に映る可能性が高く、評価も上がりやすくなるわけだ。

 どうせ、非合理的な組織に在籍し続けるのなら、早めに気持ちを切り替え、③になった方がよい。スタートは早いに越したことはないのだ。

  関連記事

FE011_L
自分で考えて解決する習慣をつけろ

 日本の職場では周囲との強調が第一である。自分で判断することはむしろ危険ですらあ …

a0001_011489
部下とうまくコミュニケーションを取るにはどうしたらよいか?

 部下をもつ年齢になると、これまでにはなかった仕事上の悩みが出てくる。部下とのコ …

kaigisitsu667
出世できる人は場所の選択がうまい

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明 …

FE183_L
出世できる人は他人に仕事を任せるのが上手いというのは本当か?

 仕事術的なことを解説した書籍などでは、チームのメンバーを信じて仕事を任せること …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …

a0001_013658
聞かれるまで意見は言うな

 仕事をしていると、周囲から意見を求められることがある。ある程度昇進してくると、 …

rakii
上に行けば行くほどケツの穴は小さいと思え

 会社のトップともなれば、人物も大きくて包容力があると思いたいところだが、現実に …

a0002_008546
出世する人の感謝の仕方

 人は感謝されて悪い気はしない。不思議なものでお世辞と分かっていても感謝されると …

a0002_001423
専門性は諸刃の剣

 「日本企業はゼネラリストを重視しているが、諸外国の企業はスペシャリストを重視し …

a0002_007987
仕事は押し付けるか捨てるかしかない

 会社の中は、いつも仕事を抱えていて忙しいそうにしている人と、余計な仕事はせずに …