なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できない人は他人が見えていない

 

 出世できない人は、他人が見えていない。もちろん、これは他人の姿が視覚的に見えないという意味ではない。本人の論理の中に他者というものが存在していないのである。これは決して誇張ではなく、結構な割合の人に当てはまる。

自分は相手の要求を全否定していることに気付かない
 人と交渉する時に、自分の都合ばかりしゃべる人がいる。自分達が仕事でミスをして、その代償として、値引きを要求された時、上司が承認してくれない、これでは利益が出ない、など自分達の都合ばかり説明し、相手に理解だけを求める人が多い。

 これは、値引きを要求するという相手の論理に対して、自分の論理を返しているだけなので、厳密な意味でこれは交渉になっていない。「ご理解をいただきたく」などと慇懃無礼な言葉使いはしているが、要するに一歩も譲歩しないという主張しているに等しいわけだ。

 もし、これが論理的に一歩も引かないという明確な意思のもと、あえて自分達だけの都合を説明しているのなら、それはひとつの戦略だが、ほとんどの場合そうではない。本人は板挟みになった被害者だとすら思っているからタチが悪い。

 社内を見渡しても、これに類似するケースは多い。上司からムチャ振りされり、叱責された時、たいていの人は、他にも依頼されている仕事がある、自分はちゃんとしていたつもりだ、など、基本的に自分の都合という論理でしか返さないのだ。

 相手も非論理的な人なら、ワケが分からないうちに、何とかなるケースもあるが、相手が論理的な人だった場合には、交渉が決裂するリスクが一気に高まってくる。
 相手がこちらの事情を察しろと一方的に主張して、ただそれを待つというのは、すべてを相手に委ねる行為であり、これほど危険な交渉はない。

mekakusi5564

チキンレースをしてはいけない
 交渉ごとは、基本的に足し算引き算である。相手が何かを要求してきて、それが飲めない時には、別の譲歩案を出して、相手を納得させるというのが原則である。
 相手がよほどアホなら話は別だが、どんなに丁寧な言葉使いをしても、論理的に相手の要求を突っぱねた場合には、よほどこちらの立場が強くなければ、相手は別な要求を出してくる可能性が高い。

 もし気分を害していれば、要求のハードルはさらに上がるだろう。仕事の仕方がスムーズで、出世できる人は、決してこうしたチキンレースをしない。

 これに対して、出世できない人は、自分でチキンレースを仕掛けているのに、その自覚がない。こうした態度の積み重ねが、社内での評価を下げている可能性がある。

 相手が何か要求してきた時は、なぜそれを望んでいるのか考えることが重要である。もし自分が飲めない条件であれば、それに代わる譲歩案を示す必要があるわけだが、それは相手が望むものしっかりと把握してこそ可能となる。

 世の中には交渉術と呼ばれるハウツーもたくさんあるが、ほとんどの人は、ハウツーを学ぶ以前の状態で、交渉に負けていることがほとんどなのだ。

  関連記事

bokuboku
知ったかぶりも使い方次第では・・・

 知ったかぶりは、もっともやってはいけないことの一つと言われている。実際に知識の …

a0003_001763
自分より年下の人脈を重視せよ

 最近は多くの企業で出世させる人とさせない人を明確に区別するようになってきている …

PHM11_0272
苦手な人はあえて克服するな

 会社の中には必ず2~3人くらいは苦手な人というのがいるものだ。自分が苦手とする …

FE052_L001
相手の言葉の真意を理解せよ

 コミュニケーションは、相手が何を言いたいの理解することから始まる。相手の言葉を …

MAIL
誰が出世するのかを見極める方法

 会社の中で誰が出世するのか分かれば、いろいろと便利だ。もちろん自分がその対象な …

FE198_L
裏切られないためにはどうしたらよいか

 会社では基本的に皆、自分のことしか考えていない。「社員は皆家族である」などとい …

a0002_007987
仕事は押し付けるか捨てるかしかない

 会社の中は、いつも仕事を抱えていて忙しいそうにしている人と、余計な仕事はせずに …

mensetu
転職先でまず気を付けるべきこと

 前回は出世と転職の全般的なことについて書いた。今回はより具体的に、転職先で出世 …

kitaichi4477
出世できる人は、無意味に期待値を上げない

 当たり前のことだが、人の評価は人が行う。そうである以上、完全に客観的な評価とい …

ET106_L
常に本気を出すことが出世の早道

 もし会社で出世しようと思ったら、常に本気を出すべきである。会社の仕事にはくだら …