なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、無意味に期待値を上げない

 

 当たり前のことだが、人の評価は人が行う。そうである以上、完全に客観的な評価というものはあり得ない。主観的であることを前提に、どう評価されるかを考えて行動しないと、組織の中で高い評価を得ることは難しい。出世できる人はこのあたりをよく理解している。

心理特性と逆行するのは損
 時々、やたらと自分をアピールする人がいるが、日本の組織では、基本的にこのタイプは評価されない。日本ではと書いたが、日本に限った話ではなく、諸外国でもそれほどの違いはない。

 ただ外国企業の場合には、自己アピールもできない人はやる気がないと見なされてしまうので、過度な謙遜がまったく評価されないという違いがあるだけだ。威勢がいいだけの人が評価されないのは同じである。

 人の評価は、期待値が高いと最終的には低くなり、期待値が低いと逆に最終的な評価は高くなるという傾向がある。
 これは自分に当てはめてみればわかることだが、ウマイ、ウマイとさんざん評判だったレストランに行って、あまり美味しくないと「なんだよ!」ということになる。だがあまり期待しない店で思いのほか味が良かったりするとかなりの高評価となるはずだ。

 これは職場の人間関係でもまったく同じである。本題に入る前に、期待ばかりが高まると、実際に本題に入った時との落差が大きくなる。こうした状況が続くと、相手からの評価は、ある程度、成果を上げることができたとしても、下がる一方となってしまう。

 こうした人間の心理特性と逆行するのは、基本的に損をすることが多い。期待値が高く、かつ、本題の内容がすばらしいとそれは決定打になるが、そのやり方は、よほどのスペックのある人でなければリスクが大きい。

kitaichi4477

過剰な「語り」はできるだけ抑制する
 相手からの評価を高められる人は、自分の話ばかりせず、相手の話をよく聞く。そして必要なところでは、しっかりと自己アピールしている。こうしたバランス感覚が絶妙である。

 先日、あるマーケティング・プランの提案を聞く機会があったのだが、説明する担当者にはウンザリしてしまった。他社のマーケティングの成功事例を例にあげて説明するのだが、どのマーケティングがなぜ上手くいったのかを、得意げな口調で延々と説明していた。

 他者の事例は必要な情報ではあるのだが、こちらとして大事なのは、その人がどういった提案をしてくれるのかである。そこまで、マーケティングについて「語る」のなら、どれだけの提案が出てくるのかと期待値は上がってくる。

 だが、結局出てきたのは、悪くはないが月並みな提案だった。これが、普通の提案であれば、普通に受け入れられたのかもしれないが、あまりにも事前の「語り」が強すぎたため、参加者の多くの反応が「なあんだ。つまらない」というものになってしまった。
 
 このタイプの人は「語りたい」のが本能であり、本人にはそれで自身の評価を下げている自覚はないことがほとんどである。だが、ここまでの段階でなければ、まだ修正は可能である。自身が、不必要に「語っているな」と思った場合には、より慎重になった方がよい。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

EL097_L
全力投球しなくなったら出世は終わる

 中には運のいい人もいるだろうが、出世した人のほとんどは、入社してからずっと全力 …

PHM11_0151
出世したいなら情報は出し惜しみするな

 組織が大きくなればなるほど情報の重要性が高まってくる。人事異動の前には、ガセネ …

sekininkan
出世できる人の責任感とは

 出世できる人は、仕事に対する責任感が強い。だが、責任感という言葉のニュアンスは …

yesno9637
決められない人の思考回路

 組織の中には、物事を決められない人というのが一定数存在する。出世するためには、 …

a0008_001789
出世したいなら話は自己完結させよ

 出世できる人の話や資料には明確な特徴がある。話や資料の中でストーリーが完全に自 …

Image4
出世する人は感情のコントロールが上手い

 会社で働いているといろいろと不愉快なことが起こる。時にはどうにも我慢ならないよ …

atodonokurai665
どのくらい時間がかかるの?と聞かれたら

 前回のコラムでは、出世できる人は「時間の作り方」が上手いという話をしたが、時間 …

FE054_L
仕事への情熱は人によって違う

 会社内での人間関係や取引先とのトラブルなど仕事には精神的ストレスが付き物である …

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

PHM11_01701
スピード出世するのであれば嫉まれることは覚悟せよ

 男の嫉妬は始末に負えないといわれるが、スピード出世するのであれば、他人から嫉ま …