なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだろう。だがコミュニケーション能力そのものについては多くの誤解がある。

コミュニケーション能力は結局のところ自分の理解レベルである
 コミュニケーション能力が単体のスキルと考えている人も多いが、それは大きな間違いである。コミュニケーション能力を向上させるという講座などを受講しても、コミュニケーションの土台となる部分が出来ていなければ、まったく意味をなさない。

 コミュニケーションにおいてもっとも大事なことは、伝えようとする中身について、自分自身がしっかりと理解することである。どんなにテクニカルな手法を持っていたとしても、自分が的確に理解できていないものを相手に伝えることはできない。

 先日、ある営業マンとやり取りをしていたところ、筆者からの質問に対して、電話で話したい返信がきた。筆者はかなり忙しかったので、とりあえずメールに回答を記載して返信して欲しいと再度、連絡した。しかし相手からの返信はニュアンスが伝わらないかもしれないので電話にして欲しいという。

 筆者はその営業マンと恋愛をしているわけではない。ビジネスの話をしているのである。ビジネスの世界において、文章にできないものを言葉にして伝わるわけがない。
 その営業マンは、微妙なニュアンスが伝わらないのではなく、自分の中で論旨が整理できていないだけなのである。そんな状態で、記録が残らない電話でやり取りなどしてしまったら、後で行き違いが生じるのは目に見えている。コミュニケーション能力以前の問題である。

komyunike
同じ外国人でも結果は大違い
 相手の言っていることを理解することもコミュニケーション能力の重要な部分である。人とうまくコミュニケーションを取れない人のほどんが、相手の言っていることを的確に理解できていない。

 これも同じ話の繰り返しになるが、相手の言っていることを理解するためには、主題となっていることについて自分がどれだけ理解しているのかにかかっている。

 例えば、英語でビジネスのコミュニケーションを行うケースを考えてみよう。相手の知的水準が高い場合には、こちらの英語が下手くそであっても、意思の疎通を図ることは容易である。相手の理解レベルが高いので、こちらの趣旨を的確に把握できるからである。

 だが知的水準の低い外国人と話をすると、たいがいこちらの言うことに対して怪訝そうな顔をする。基本的知識がないので、前後から推定するといった作業ができないのである。

 日本後も状況はまったく同じである。相手の言うことを理解できるかできないかは、基本的に自分の能力に依存するものなのである。自分の理解力さえ高ければ、相手が間違っているのか、自分に知識がないのか、相手が本当に支離滅裂なのか判断するのは容易なはずである。

【参考記事】
出世できる人は正しいか正しくないかを論点にしない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

tamatuska55
ローソン新社長の玉塚氏に見る出世の法則

 ローソンは、現CEOの新浪剛史氏の後任として、玉塚元一最高執行責任者(COO) …

gmceo
好きなことを仕事にして出世することはできるか?

 いわゆる一般的なサラリーマンで、好きなことを仕事にすることができ、かつそれで成 …

hokoku
出世できないタイプの鉄板「社内評論家」

 前回、出世できないタイプとして取り上げた「でもでも」君だが、これに引き続いて今 …

ibaru4469
凝り固まった思考は出世の邪魔

 思考が凝り固まってしまうと、同じような考え方しかできなくなる。それだけならまだ …

a0001_016716
調子に乗りやすい性格は出世にマイナス

 自分の性格を冷静に分析するのは難しい。怒りっぽい性格やシャイな性格は自分でも認 …

a0001_001838
日本ではなぜ学歴差別がなくならないのか?

 日本は学歴社会といわれている。学歴社会の弊害が指摘され、一部の企業では大学名を …

ES120_L01
グルメの方が出世できる

 グルメの人は出世に有利である。いろいろなお店をバランスよく知っていることは仕事 …

GD080_L
誰にでも平等に接した方がよいのか?

 誰に対しても分け隔てなく平等に接するべきとうのは一般によく言われていることであ …

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …