なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだろう。だがコミュニケーション能力そのものについては多くの誤解がある。

コミュニケーション能力は結局のところ自分の理解レベルである
 コミュニケーション能力が単体のスキルと考えている人も多いが、それは大きな間違いである。コミュニケーション能力を向上させるという講座などを受講しても、コミュニケーションの土台となる部分が出来ていなければ、まったく意味をなさない。

 コミュニケーションにおいてもっとも大事なことは、伝えようとする中身について、自分自身がしっかりと理解することである。どんなにテクニカルな手法を持っていたとしても、自分が的確に理解できていないものを相手に伝えることはできない。

 先日、ある営業マンとやり取りをしていたところ、筆者からの質問に対して、電話で話したい返信がきた。筆者はかなり忙しかったので、とりあえずメールに回答を記載して返信して欲しいと再度、連絡した。しかし相手からの返信はニュアンスが伝わらないかもしれないので電話にして欲しいという。

 筆者はその営業マンと恋愛をしているわけではない。ビジネスの話をしているのである。ビジネスの世界において、文章にできないものを言葉にして伝わるわけがない。
 その営業マンは、微妙なニュアンスが伝わらないのではなく、自分の中で論旨が整理できていないだけなのである。そんな状態で、記録が残らない電話でやり取りなどしてしまったら、後で行き違いが生じるのは目に見えている。コミュニケーション能力以前の問題である。

komyunike
同じ外国人でも結果は大違い
 相手の言っていることを理解することもコミュニケーション能力の重要な部分である。人とうまくコミュニケーションを取れない人のほどんが、相手の言っていることを的確に理解できていない。

 これも同じ話の繰り返しになるが、相手の言っていることを理解するためには、主題となっていることについて自分がどれだけ理解しているのかにかかっている。

 例えば、英語でビジネスのコミュニケーションを行うケースを考えてみよう。相手の知的水準が高い場合には、こちらの英語が下手くそであっても、意思の疎通を図ることは容易である。相手の理解レベルが高いので、こちらの趣旨を的確に把握できるからである。

 だが知的水準の低い外国人と話をすると、たいがいこちらの言うことに対して怪訝そうな顔をする。基本的知識がないので、前後から推定するといった作業ができないのである。

 日本後も状況はまったく同じである。相手の言うことを理解できるかできないかは、基本的に自分の能力に依存するものなのである。自分の理解力さえ高ければ、相手が間違っているのか、自分に知識がないのか、相手が本当に支離滅裂なのか判断するのは容易なはずである。

【参考記事】
出世できる人は正しいか正しくないかを論点にしない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ET071_LL
人は見た目がすべてだ

 人は見た目が重要なのか、中身が重要なのかという論争はかなり以前から存在している …

situsmon761
人から何かを聞かれたら

 出世できる人は、自分が詳しい分野について人から尋ねられた時、分かりやすく丁寧に …

PHM11_0256
やったもの勝ちというのは本当だ

 「やったもの勝ち」という言葉がある。アンフェアなことであっても先にやってしまっ …

asipipparu741
あたなの足を引っ張る人は誰か?

 出世の妨げになるのは、自分の競争相手だと思っている人は多い。だが現実にはそうで …

0001
成果主義はなぜ定着しないのか?

 日本の企業で成果主義という言葉が使われ出してから久しい。一時は多くの会社で成果 …

ET064_L
出世は自分ではできない

 出世の道は自分で切り開くものとされている。確かにそれは正しい。誰かに頼っていて …

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

a0001_017007
ゼネラリストとスペシャリストのどちらが出世できるか?

 日本の会社はゼネラリスト指向だといわれる。かなり以前からスペシャリティが大事だ …

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …