なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、状況に応じて説得方法を変えられる

 

 ビジネスにおいて相手を説得することは極めて重要なスキルである。営業活動における提案はもちろんのこと、社内でも相手を説得しなければならない場面は多いだろう。

相手が納得する文脈を探す
 成果を上げられる人は、常に同じ方法で人を説得しているわけではない。自分が置かれている状況と、相手が置かれている状況に合わせて説得方法を変えているのだ。

setoku7455 人を説得するためには、相手が深く納得するか、説得する側に権威が存在する必要がある。説得がうまい人は、この2つをしっかりと分けて考えることができる。

 例えば、自分にはまったく実績がないことを相手に提案しなければならない局面がある。この場合、主題とは関係ない過去の実績をいくら並べ立てたところで、何の意味もない。

 大企業出身者が中小企業に転職し、前職での体験をドヤ顔でアピールしている人がいるが、よほど権威のある人でなければ、ほとんど意味をなさない。相手は自分達の環境で物事がうまくいくのかを気にしているのであって、大企業でのやり方をそもそも望んでいないからだ。

 相手が納得するためには、相手が納得する文脈を知る必要がある。不安要素が大きいのであれば、それを取り除く必要があるし、やり方そのものに懐疑的であれば、相手が望むようなロジックを組み立ててあげることが重要だ。

合意した後のフォローが重要
 一方、自分の側に圧倒的に権威が存在する場合には、あれこれ理屈を考えず、そのパワーで押し切ったしまった方が話が早いということもある。こういった場合には、むしろ雰囲気がすべてである。あまり褒められた方法ではないが、時には選択する価値があるだろう。

setoku1411 要するに説得術というのは、自分の状況と相手の状況で自動的に最適な組み合わせが決まるパズルのようなものである。この組み合わせを間違ってしまうと、そもそものスタートラインで躓くことになる。
 
 説得がうまい人は、一旦合意したあとのフォローにも手を抜かない。

 相手が同意したにもかかわらず、その後、いろいろと心配になり「やっぱり考えて直してみる」ということになるケースは少なくない。特に相手が不安に思っている場合はなおさらである。

 この場合には、相手の気が変わらないよう、物事を決断した後に、定期的にフォローしていく必要がある。もし相手が弱気になってきた場合には、あらかじめ用意した材料を提供し、これを押しとどめる努力をしなければならない。

 説得がうまい人は口が達者で丸め込んでいるというイメージがあるが、そうではない。相手が望むロジックを提供できているところに最大の強みがある。

【参考記事】
プーチン大統領に見る交渉術
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ET105_Lmm
出世する条件は一般にどのように解釈されているか?

 出世において本当に必要とされる条件と、世間において出世に必要と思われている条件 …

furo
そこまでするか?という出世学

 世の中には、そこまでするか?ということをやって何とか出世しようとする人もいる。 …

Image3
伊藤忠が導入した社員朝型化から出世の法則を考える

 大手商社の伊藤忠商事が、社員を朝型化するために、フレックスタイムを事実上廃止し …

考えるビジネスマン01
話がダラダラと長い人は要注意

 話が長い人をよく見かける。話が長くなる理由にはいくつかあるのだが、いずれの理由 …

a0055_000551
上司が使うマネジメント手法を理解する

 以前の日本企業は、仕事はガムシャラにやればよいというカルチャーが主流でマネジメ …

Image2
出世を考えるなら責任転嫁は原則禁止だ

 自分の仕事の失敗を人になすりつける人がいる。やられた方はたまったものではないが …

kankeisei
出世できる人は、うるさい相手ではなく、必要な相手に時間を割く

 社内や顧客の中には面倒でうるさい人がいる。こうした人はたいていの場合、深く付き …

PHM11_0252
出世のためにはサービス残業をするべきか?

 最近サービス残業が社会問題化している。サービス残業についてはいろいろな考え方が …

a0002_008023
不満でも3年はガマンした方が出世には有利

 会社に入ったばかりの新入社員で、理想と現実のギャップにショックを受け、会社を辞 …

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …