なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は場所の選択がうまい

 

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明、部下への指導といった局面では、どのような場所を選択するのかで結果は大きく変わってくる。この使い分けが上手な人は、基本的に仕事の進め方がスムーズであり、人からの信頼も獲得しやすい。

アウェイなのかホームなのか
 場所の選択で大事なことは、どの会議室がいいとか、どの店がよいといった各論ではない。なぜなら状況によって同じ店でも効果的な場合とそうでな場合があるからだ。

kaigisitsu667 場所を考える時には、相手にとってそれがどのような場所なのかをりっかりと理解することが重要である。

 場所には基本的に3種類ある。ひとつはアウェイで、もう一つはホーム、最後は中間地点である。
 アウェイは、まさに相手の陣地という意味である。相手の会社の会議室、上司がいつもいる部屋、相手が行き慣れている店、など相手がもっとも安心して、自身を持ってコミュニケーション出来る場所である。

 その反対は当然のことながらホームということになる。ホームは、自分がもっとも安心できる場所のことである。中間地点は相手にとっても自分にとっても、中立的な場所のことを指す。

 場所を選択する際には、双方にとってホームなのかアウェイなのかをよく吟味する必要があるのだ。これに失敗すると、コミュニケーションがうまくいかない、相手が不快な思いをするなどの弊害が出てくる。

中間地点は意外に重要
 相手の気分が多少悪くなる可能性があっても、すべて自分のペースで話を進めたければ、ホームを選択するのがベストだ。多少荒っぽい交渉をする時、ホームを選択するのは定石である。

resutoran8894 一方、相手にリラックスしてもらいたい時は、あえて相手にとってのホームを選択する方がよいことがある。
 また場合によっては、中間地点である方が、相手の心に負担が生じないため、かえって相手が安心できることもある。「ここだけの話」といった会話をするのであれば、中間地点がベストである。

 上司がよくない話を部下に切り出す時は、きまって中間地点であるのはそのためである。

 まずは人と会う目的や話の進め方などを考えた上で、ホームかアウェイを選択する。その先の細かい点は、これが決定してからである。先に各論から決めてしまうと、大きな部分で選択を誤る可能性があるので注意が必要だ。

 相手によってホームと思える場所は様々だったりする。あらゆることに共通のテーマだが、事前の情報収集は欠かせない。こうした地道な努力があってはじめてこうしたテクニックが生きてくることになる。

【参考記事】
好きなことを仕事にして出世できるか
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

EV096_L
出世しやすいポジションというのはあるのか?

 出世するための条件として重要なのはどんなことだろうか?仕事ができること、上司か …

ER074_L
知恵よりも知識が重要

 前回は東大話法について述べたが、今回もその延長線上の話題である。  日本では知 …

iraira001
出世できる人が人格者として振る舞える理由

 出世できる人の多くは、総じて周囲からの評判が良い。日本の会社では周囲からの評判 …

PHM11_0259
出世できる人は大変そうに仕事をしない

 同じ仕事をしていても、つらそうに仕事をしている人とそうでない人がいる。もちろん …

hitodefusoku3301
人手不足というのは本当か?

 今、ビジネスの世界では、深刻な人手不足になっているという。まだ景気が完全に回復 …

bunkipurezen
出世できる人は何十通りもの方法を考えている

 出世する方法には様々なものがある。その中には自分の思い込みだったりするものもあ …

wakamono001
時代で人は変わらない

 会社員の世界では、常に「最近の若いヤツは」という話題で持ちきりである。インター …

EY127_L
出世することは「夢」なのか?

 あなたの夢は何ですか?と聞かれた時に「出世して社長になることです」と答える人は …

EV091_L
怪しい人の見分け方

 外部とのやり取りが多い職場では、社外のいろいろな人付き合わなければならない。そ …

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …