なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は場所の選択がうまい

 

 出世できる人は、状況に応じて場所をうまく使い分ける。顧客との交渉や上司への説明、部下への指導といった局面では、どのような場所を選択するのかで結果は大きく変わってくる。この使い分けが上手な人は、基本的に仕事の進め方がスムーズであり、人からの信頼も獲得しやすい。

アウェイなのかホームなのか
 場所の選択で大事なことは、どの会議室がいいとか、どの店がよいといった各論ではない。なぜなら状況によって同じ店でも効果的な場合とそうでな場合があるからだ。

kaigisitsu667 場所を考える時には、相手にとってそれがどのような場所なのかをりっかりと理解することが重要である。

 場所には基本的に3種類ある。ひとつはアウェイで、もう一つはホーム、最後は中間地点である。
 アウェイは、まさに相手の陣地という意味である。相手の会社の会議室、上司がいつもいる部屋、相手が行き慣れている店、など相手がもっとも安心して、自身を持ってコミュニケーション出来る場所である。

 その反対は当然のことながらホームということになる。ホームは、自分がもっとも安心できる場所のことである。中間地点は相手にとっても自分にとっても、中立的な場所のことを指す。

 場所を選択する際には、双方にとってホームなのかアウェイなのかをよく吟味する必要があるのだ。これに失敗すると、コミュニケーションがうまくいかない、相手が不快な思いをするなどの弊害が出てくる。

中間地点は意外に重要
 相手の気分が多少悪くなる可能性があっても、すべて自分のペースで話を進めたければ、ホームを選択するのがベストだ。多少荒っぽい交渉をする時、ホームを選択するのは定石である。

resutoran8894 一方、相手にリラックスしてもらいたい時は、あえて相手にとってのホームを選択する方がよいことがある。
 また場合によっては、中間地点である方が、相手の心に負担が生じないため、かえって相手が安心できることもある。「ここだけの話」といった会話をするのであれば、中間地点がベストである。

 上司がよくない話を部下に切り出す時は、きまって中間地点であるのはそのためである。

 まずは人と会う目的や話の進め方などを考えた上で、ホームかアウェイを選択する。その先の細かい点は、これが決定してからである。先に各論から決めてしまうと、大きな部分で選択を誤る可能性があるので注意が必要だ。

 相手によってホームと思える場所は様々だったりする。あらゆることに共通のテーマだが、事前の情報収集は欠かせない。こうした地道な努力があってはじめてこうしたテクニックが生きてくることになる。

【参考記事】
好きなことを仕事にして出世できるか
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …

ryouiki6573
出世におけるドメイン戦略とは

 経営戦略の分野のひとつにドメイン戦略というものがある。簡単にいってしまうと事業 …

joushi77a
出世のために超えなければならない2つのカベ

 出世のためには超えなければならないカベが2つある。ひとつは上司を顧客と思えるか …

a0003_001763
自分より年下の人脈を重視せよ

 最近は多くの企業で出世させる人とさせない人を明確に区別するようになってきている …

kenishugi
人は何で動くのか

 組織の中で成果を上げるためには人をうまく動かさなければならない。出世できる人は …

abeshusho
とうとう年功序列の賃金体系にメス?

 これまで日本の労働市場ではタブーといわれていた年功序列の賃金体系にメスが入る可 …

GD172_L001
社長公募が失敗するワケ

 世の中には社長を公募するという会社がある。多くの場合、オーナー社長であり、後継 …

yukoseikouritusei449
出世できる人は、環境の変化に対しても戦略的

 同じ組織に長くいる場合、出世の条件もずっと変わらないように思える。だが、時代の …

denwa
出世できない人はなぜかタイミングも悪い

 一生懸命やっているのだが、いつもタイミングが悪くて成果に結びつかない人がいる。 …

GD006_L
部下に気に入られないと出世できない?

 出世の決め手となるのは、多くの場合、直属の上司と周辺の部署の上司による高評価で …