なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世する人は話ながら相手を見ている

 

 人との会話をどのように進めていくのかはビジネスにおいて非常に重要である。仕事がうまくいかないのは、たいての場合、仕事そのものがうまくいかないのではなく、相手とスムーズに会話ができていないのである。
 会話をうまく進めるポイントはうまくしゃべることではなく、相手をよく見ることである。出世できる人は、話の最中でも相手をしっかり見ている。

人の表情は情報の宝庫
 人の表情には実の多くの情報が含まれている。言語で伝わる情報にこうしたビジュアルな情報を加えることで、情報収集のレベルは飛躍的に向上する。人とのコミュニケーションが上手な人は、ほぼ例外なく、相手の表情や仕草をよく観察している。

kansatsu4197 同じイエスの返事をもらうという場合でも、一瞬だけ間があった、あるいは、表情が少しだけ曇ったというような情報はとても大事だ。相手にとって、それは微妙なテーマということであり、問題解決の糸口にも、トラブルの原因にもなるからである。優秀な人はこうした情報を見逃さない。

 これに対して会話が下手な人のほとんどが、自分のことしか考えていない。相手の状況を顧みず、自分のことばかりしゃべっていたりする。売りたい商品や説得したい企画について、自分の「思い」ばかり説明する人がいるが、それではビジネスはうまくいかない。

 登山家の野口健氏は、若い時から世界各地の山を制覇してきたが、彼が登山家として成功できたのは、相手の立場に立った巧みなプレゼンテーションを行ってきたからだといわれている。

登山家の卓越した成果は何から生まれた?
 登山家が成功できるかどうかは、登山の能力はもちろんだが、それ以上に資金集めがモノを言う。資金を出してくれるスポンサー企業をいかに説得できるのかが、勝負の分かれ目となるのだ。

arupinoguc6699 多くの登山家は、企業に対するプレゼンにおいて、その山を制覇することに対する自分の思いを語るという。しかし野口氏のプレゼンはまったく違っていたといわれる。

 自分の山に対する思いを説明するのはもちろんだが、自分が提案している登山プロジェクトに企業がお金を出せば、その企業にどれだけのメリットがあるのかを明確に説明するのだ。

 その上で野口氏は自分の山に対する思いを熱く語るという。

 企業にしてみれば、経済的メリットがよく理解でき、そこに登山家の情熱という要素が加わることになる。資金獲得が容易になるのは、ある意味で当然の結果といえるだろう。

 おそらく野口氏は、プレゼンの経験を積みながら、相手の表情をよく観察していたに違いない。そして企業の人が、どういった部分で琴線に触れるのか分析していった結果、最強のプレゼンが完成したのである。
 相手を見るという習慣がなければ、アルピニスト野口は生まれなかったかもしれない。

【参考記事】
自己主張にはコストがかかる
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_002253
上司がなぜ出世できたのか考えよ

 サラリーマンとして組織で仕事をする以上、会社からの評価は100%受け入れなけれ …

EV090_L
出世する人は締切のある仕事とない仕事の区別が上手い

 仕事には2つの種類があるといわれる。ひとつは締切がある仕事でもうひとつは締切が …

ouheitaido01
出世したければ横柄な態度は取るな

 本気で出世しようと思うのなら、人に対して横柄な態度を取るべきではない。これは、 …

GD080_L
誰にでも平等に接した方がよいのか?

 誰に対しても分け隔てなく平等に接するべきとうのは一般によく言われていることであ …

kenjo02
謙譲語を連発する人は出世できない

 敬語は上手に使えればそれに越したことはない。敬語にはコミュニケーションをスムー …

Image2
出世を考えるなら責任転嫁は原則禁止だ

 自分の仕事の失敗を人になすりつける人がいる。やられた方はたまったものではないが …

tuskiai7500
付き合いは等距離が基本

 出世を考えるのであれば、若いうちの社内の付き合いは、できるだけ各方面と等距離な …

tigai
出世する人は異性の扱いが上手

 出世する人は異性の扱いが上手である。これはいわゆるオンナやオトコを武器に使うと …

sochoshussha
新人は朝早く来るべきというコラムが波紋を呼んでいるが・・・

 新入社員はなるべく朝早く来た方がよいという大学准教授のコラムが波紋を呼んでいる …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …