なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は、相手からの質問に「はい」か「いいえ」で答えられる

 

 出世できる人は、常に自分ではなく、相手の目線で物事を考えている。このためコミュニケーションでのつまらない行き違いがなく、相手からの印象が非常によい。

せっかくのチャンスを逃した営業マン
 相手から、確認の意味で発せられる質問に対して、絶対に「はい」もしくは「いいえ」で答えない人がいる。メーカーで営業をしているNさんは、そのせいでいつもチャンスを逃している。

sitsumon664 Nさんがあるサービスを顧客に提案していた時のことである。キャンペーンでそのサービスは3カ月間は無料となる。顧客の担当者は一通り話を聞いた後で、Nさんに「3カ月間は無料ということでよろしいのですよね」と確認してきた。

 これに対してNさんは「はい。3カ月間は無料となっております」とは答えず、「このキャンペーンは非常に、好評をいただいているんですよ」という言い回しをしてしまった。顧客は、それ以上は聞きにくかったようで、結局、そのサービスの購入は、後日検討ということになってしまった。

 顧客がわざわざ、3カ月間無料かどうかを聞いてきたということは、この部分が、彼等にとって非常に琴線に触れるものだった可能性が高い。社内での説得においても「3カ月は無料ですから、それで様子を見ればいいじゃないですか」と説得する段取りを思い浮かべていたのかもしれない。

 ここは営業ではもっとも推すべきポイントである。「3カ月無料ですから、その間にぜひ、いろいろと試してみてください」と述べ、一気に契約に持って行くことができたはずである。

奥底には無責任体質の存在が・・・
 Nさんは、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまったのである。Nさんがこうした対応をしてしまう理由は2つある。ひとつは相手の立場で物事を考えていないこと、もうひとつは無意識的な無責任体質である。

musekinin675 Nさんには、契約について迷っているという、相手の心情がよく理解出来ていない。
 無料キャンペーンについて質問してきたということは、もう一歩前に進む理由が欲しいのだということが分からないのだ。Nさんは基本的に発想が自分中心になってしまっている。

 無責任体質というのも、実は、自分中心の発想と大きく関連している。
 Nさんは無意識的に、「はい」もしくは「いいえ」とはっきり答えてしまうと、自分が責任を取らなければならなくなるという感覚を持っている。このため、不安に思う相手に対して、しっかりとした返事ができないのである。

 Nさんはおそらく社内でも、上司などからの問いに対して、あいまいな表現を多用している可能性が高い。これでは、顧客や上司から高い信頼を獲得することは難しいだろう。かけひきにおいて、あえて明言しないというテクニックがあるが、これはそういったものとは種類が全く異なっている。

 こうした対応をしている人は案外多い。自分ではなかなか気が付きにくいので、よく注意した方がよいだろう。

【参考記事】
成長したいと考える人は出世できない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

PHM11_0213
「仕事の結果で評価して下さい」は通用しない

 仕事の進め方や日常的な細かい点について上司などから指摘されると「そういう細かい …

konosuke
松下幸之助や本田宗一郎は参考にならない

 ビジネスマンの中で尊敬する人物として松下幸之助や本田宗一郎の名前をあげる人は少 …

FE052_L001
相手の言葉の真意を理解せよ

 コミュニケーションは、相手が何を言いたいの理解することから始まる。相手の言葉を …

kankeisei
出世できる人は、うるさい相手ではなく、必要な相手に時間を割く

 社内や顧客の中には面倒でうるさい人がいる。こうした人はたいていの場合、深く付き …

FE015_L
上司への提案の仕方

 上司に対して積極的に提案することは、場合によっては出世に有効に作用することもあ …

ER074_L
知恵よりも知識が重要

 前回は東大話法について述べたが、今回もその延長線上の話題である。  日本では知 …

a0002_002253
上司がなぜ出世できたのか考えよ

 サラリーマンとして組織で仕事をする以上、会社からの評価は100%受け入れなけれ …

a0055_000551
上司が使うマネジメント手法を理解する

 以前の日本企業は、仕事はガムシャラにやればよいというカルチャーが主流でマネジメ …

0001
成果主義はなぜ定着しないのか?

 日本の企業で成果主義という言葉が使われ出してから久しい。一時は多くの会社で成果 …

a0002_000474
知識はお金で買えるが知恵はお金では買えない

 仕事をうまくこなしていくには、知識と知恵の両方が必要となる。いくら知識があって …