なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世できる人は自己のブランディングがうまい

 

 自己ブランディングという言葉がある。企業におけるブランディングと同様に、自分自身をうまくブランド化するという意味である。当然のことながら、出世できる人は、自己ブランディングが非常に上手である。

自己ブランディングは本質が大事
 だが、自己ブランディングが大事だ!とって、ブランディングに関する書籍を読みあさり、アイデンティティやポジショニングなどという用語ばかり覚えているようでは先が思いやられる。こうした専門用語もいいが、大切なのは事の本質である。

burando401 ブランディングとは、顧客が企業や製品に対して一定のイメージを持つようにするための、一連の手法のことを指している。「パナソニックの製品なら壊れない」といったイメージはまさにブランディングの結果として得られるものである。

 これを社内における自分自身にあてはめると、「営業のことはアイツに任せておけば大丈夫」「アイツは数字に強い」といったような感じになるだろう。

 この分野については社内でトップだというイメージが付けば、まずはブランディングとしては成功である。
 さらに規模が大きく、抽象度が上がってくると、「アイツはデキるヤツだと」といった話になり、最終的には「出世しそうだ」というイメージにもつながってくる。実際に出世できる人は、こうしたイメージ作りを積極的に行っているのだ。

 まずは実務的な部分からブランディングを行い、徐々に、全体的なイメージを構築していくのが望ましいだろう。

相手が存在して初めて成立する
 ただここで注意する必要があるのは、ブランディングとはあくまで相手があって初めて成立するという点である。一方的に自分が得意とするところ、自分に思い入れがあるところをブランド化しようと思っても、それは単なる自意識過剰でしかない。

burando451 ブランド化というのは、相手(顧客)が望んでいるところに、必要なものがうまくフィットすることで機能していく。ここを勘違いする人が非常に多いのだ。

 自分は足で稼ぐ営業が得意だと自負しているビジネスマンが、それをブランド化しようと思っても、足で稼ぐ営業を重視していない会社では何の意味もない。
 ブランディングにおいて最初になすべきなのは、その組織の中で、どのような人材が必要とされているのか、どのような人材が評価されやすいのかについて知ることである。

 その上で、その求められる人材像に対して、自分がどのような部分で貢献できるのかを考え、自分自身のポジションを確立していくことが重要である。

 くれぐれも、自分にとって思い入れが深いという理由だけでブランディングを試みないで欲しい。周囲から見ていて、これほどイタい状況はない。

【参考記事】
昼寝は出世に影響するか?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FQ092_L
年功序列の会社に入ってしまったら

 出世しようと意気込んでいたのに自分が入った会社は強烈な年功序列だったというケー …

ET195_L
会社を「売る」ことは絶対のご法度

 自分の会社の悪口を取引先に言ったり、内部事情を漏らしたりすることは絶対にしては …

a0002_005805
出世する人は怒られ方が上手い

 どんなに優秀で出世した人でも若いうちは上司からこっぴどく怒られた経験を持ってい …

konosuke
松下幸之助や本田宗一郎は参考にならない

 ビジネスマンの中で尊敬する人物として松下幸之助や本田宗一郎の名前をあげる人は少 …

ET064_L
出世は自分ではできない

 出世の道は自分で切り開くものとされている。確かにそれは正しい。誰かに頼っていて …

kijunn
出世する人はメシを食うのが早いというのは本当か?

 前回のコラムでは、職場ごとに出世するための「見えないルール」があることを書いた …

kasendokusen6664
仕事を寡占化できた人は出世に有利だ

 一般にビジネスの世界では、常にライバルがいて競争環境が維持される方が、市場が健 …

FE021_L
誰にアピールすればよいのか?

 組織で出世するためには、誰かの「押し」がなければダメだ。営業職など数字がモノを …

Image2
たかが挨拶されど挨拶

 上司が部下に対して持つ不満のひとつに、挨拶がきちんとできていないというものがあ …

a0002_002425
オンリーワン戦略の罠

 オンリーワンな存在になることは非常に重要である。企業戦略の分野でも一時オンリー …