なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

仕事をしないオジサンが増えてくるワケ

 

 このところ、ネット上で会社の中で仕事をせずに、ただ給料をもらっているだけのオジサンに関する話題をよく見かける。要するに余剰な中高年社員という問題なのだが、こうしたことが起きる最大の原因は、終身雇用と年功序列の雇用システムにある。
 だがもうひとつの理由としては、社会のシステム化がある。若い世代の人も注意していないと、やがて仕事をしないオジサンになってしまう可能性がある。

ITツールの普及が変化を加速
 以前は、経済のパイが拡大していたので、下の世代がどんどん増えていた。このため、こうした問題はあまり顕在化していなかったのである。だが、理由はそれだけではない。

sigotosinaiojisan055 20年くらい前までは、基本的な事業環境が、高度成長期のままであり、大きな変化がなかった。しかしIT化とグローバル化の進展で、ビジネスの基本的な枠組みが大きく変化している。中高年が余ってしまうのは、人数の問題もあるが、ビジネス環境の変化に中高年が付いていけていないことも大きく影響している。

 これは単にパソコンができる、スマホの操作が得意といった問題ではない。こうしたITツールの普及がもたらす、仕事のやり方に関する根本的、質的変化のことを示している。

 以前であれば、専門的な知識は、それを持っているだけで価値があったが、今は単独の知識はあまり意味をなさない。必要な知識は効率よく収集し、それらをうまくインテグレートする力が求められている。また単純な仕事は、次々と標準化、システム化される傾向にある。

今の若い人も半数が仕事ができないオジサン化する
 こうした作業のやり方についていけない中高年が多いのである。だがこれは、決して中高年だけの問題とは限らない。今の若い世代の人の中にも、こうした仕事のやり方に実はついていけていない人は多い。

sigotosinaiojisan058 ツールの操作に慣れている分、中高年よりもそれが目立たないだけで、その人たちが中高年になった時には、同じような環境に追い込まれる可能性が高いのだ。

 将来、こうした仕事ができないオジサンにならないためには、標準化、システム化の対象となるような仕事からできるだけ逃れ、標準化の対象とならない付加価値の高い業務を得意とするようになる必要がある。

 これは従来、専門性が高いといわれていたホワイトカラー職種にとっても同じことである。法律や役所の手続き、規則、会計など、その専門性が知識に偏っているものはかなり危ないと思った方がよい。

 多少レベルは高くても、こうした知識偏重型の専門性は、標準化、システム化で取って変わられる可能性が高いのだ。IT化、グローバル化が、本当の意味で怖いのは、まさにこのような点なのである。

【参考記事】
ブラック企業から学べること
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …

gmceo
好きなことを仕事にして出世することはできるか?

 いわゆる一般的なサラリーマンで、好きなことを仕事にすることができ、かつそれで成 …

yakyu
体育会系は出世しやすいが・・・

 体育会の人は、文科系の人に比べて就職に有利だとか出世しやすいといわれているが本 …

a0002_005033
怒鳴る上司への対処方法

 職場には一定数怒鳴る上司が存在する。できることなら怒鳴られるは回避したいところ …

keikoku001
徐々に出される警告を理解できない人は出世できない

 最近は日本企業でもグローバル企業的な文化を持つところも増えてきた。グローバル企 …

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …

a0001_011488
何を言っているのかではなく、誰が言っているのか

 日本社会で生き残るための格言にこういうものがある。「何を言っているのかではなく …

Image3
伊藤忠が導入した社員朝型化から出世の法則を考える

 大手商社の伊藤忠商事が、社員を朝型化するために、フレックスタイムを事実上廃止し …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

PHM11_0019
不本意な結果を受け入れる方法

 サラリーマン人生をすべて順調に過ごせる人はそれほど多くないかもしれない。退職す …