なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

人脈を構築する3段論法

 

 本コラムでは何回か指摘しているが、有益な外部人脈を作ろうと思ったら、数を追い求めることはやめた方がよい。自分と同レベルの階層の人とどれだけ多く知り合っていたとしても、その効果は限定的である。立場の高い人をごく少数、知っていることの方が圧倒的に出世には有利となる。

第一段階は比較的簡単
 だがこうした、人物と密な関係を構築することは極めて難しい。自分には相手と知り合うメリットがあっても、相手には自分と知り合いになるメリットがないからだ。

meisikoukan6440 これから人脈作りに励もうと思っている人は、人脈の構築には3つの段階があることを覚えておくとよいだろう。
 第一段階は、有望な相手とまず接触する段階である。第二段階は、相手にもう一回会ってみようと思わせる段階である。第三段階は継続的に会える関係を構築する段階である。

 人脈と呼ぶにふさわしい人間関係を構築するためには、この3つの段階をすべてクリアしなければならない。

 第一段階は比較的簡単である。かなり立場が上の人でも、とりあえず紹介してもらうことが可能であることは多い。またパーティ会場などで名刺を交換したり、場合によってはどこかで待ち伏せるといった、ちょっとした荒技を使うことも不可能ではない。

 実際、筆者が若い頃、どうしても関係を構築したくて、会社の前で待ち続け、いきなり自己紹介して名刺を渡したこともある(その方は、一瞬、驚いたような顔をしたが、名刺を受け取ってくれて、その後、アポを取ることもできた)。

事前の準備がすべてを決める
 だが問題はその次の段階である。1回顔を合わせたり、名刺交換しただけの相手から、次のアポイントを取ることはなかなか難しい。相手側に、何らかの理由で、もう一度会ってみたいと思わせる理由がなければ、次のアポは成立しないからだ。

apotori6600 自分が商品やサービスを売り込もうと思っているのであれば、その商品やサービスに魅力がなければ、次の面会には至らないだろう。またそれ以外であれば、相手に、もう一度自分に会って話を聞くだけのメリットを感じてもらう必要がある。

 たまたま気に入られたというケースもあるだろうが、本来であれば、2回目に会ってもらえるだけの理由をあらかじめ作っておくことが重要となる。

 その理由が何なのかは人によって異なるし、また相手によっても変わってくる。この準備をしっかりできるかどうかが、人脈作りにおけるもっとも大事なポイントである。
 さらに言えば、1回目のアポイントの際には、次のアポイントを取り付けるために、すべての力を注ぐべきということになる。

 第二段階では、相手もある程度、理解した上で会っているわけだし、十分に時間をかけて、相手を説得することもできる。第一段階から第二段階に進むことに比べれば、第三段階への展開はそれほど難しくはないだろう。

【参考記事】
やったもの勝ちというのは本当だ
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

kaidan
出世したくない人が増えているのは本当か?

 最近、若い世代のサラリーマンで出世を希望しない人が増えているという記事をよく見 …

PHM11_0256
ブレない人になってはいけない?

 近年、ブレない人がブームである。自分自身の考えを持ち、周囲の雰囲気でコロコロと …

tigai
出世する人は異性の扱いが上手

 出世する人は異性の扱いが上手である。これはいわゆるオンナやオトコを武器に使うと …

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …

PHM11_0560
リストラの対象になりやすい人、なりにくい人

 日本の会社に元気がなくなってきていることから、将来のキャリアに不安を持つ人は多 …

kami
書類の体裁を整えられない人が出世できない理由

 書類の体裁は大事だ。中身のない資料ばかり作っているのは論外だが、見栄え良く書類 …

ET105_Lmm
出世する条件は一般にどのように解釈されているか?

 出世において本当に必要とされる条件と、世間において出世に必要と思われている条件 …

mottaitukeru
何かともったいつけた言い方をする人

 何かと、もったいつけた言い方をするビジネスマンは多い。これは出世の大敵となるの …

a0002_001423
専門性は諸刃の剣

 「日本企業はゼネラリストを重視しているが、諸外国の企業はスペシャリストを重視し …