なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世する人は見えない派閥を作るのがうまい

 

 会社内には、いわゆる派閥というものができることがある。派閥というほど明確でなくても、何となくグループが形成されていることは多い。だが、こうしたグループに属したり、グループを率いたりすることには、メリットもあるが一方でデメリットもある。

見える派閥と見えない派閥
 社内での地位が上がってくると、最終的には何らかの形で派閥を形成せざるを得なくなる。次期社長をめぐって二人の候補者が争い、敗れた側と親密だった人の立場が悪くなるというのはよくある話だからだ。

mienaihabatsu445 だが、それほどの地位になっていない状態の場合、あまり特定のグループの色が濃くなることは必ずしも得策ではない。一方で、まったくグループを形成していないというのも、情報収集などの点でマイナスだったりもする。

 出世が上手な人は、見えない形でグループを形成するのがうまい。周囲からはそれほど強固なグループとはみなされていなくても、しっかりとグループの機能を形成できる人物を自分の周囲に集めている。

 自分のグループがあると好都合な点は、やはり社内の情報収集であろう。ライバルになる人物の動向はもちろん、経営陣の動きなどが、他の部署のちょっとした情報から得られることもある。

 また、自分に付いてきてくれる部下が多いことは、ある程度の役職になると、非常に大きな効果を発揮する。要所要所に忠実な部下を配置することで、全体的な人間関係のバランスを取ることができるからである。

最高の協力者は自覚のない協力者
 グループを形成するメンバーは、必ずしも本人が自覚している必要はない。人心掌握術がうまい人は、本人が意識していない協力者を何人も持っていたりする。

mienaihabatsu485 本人が意識していない協力者とは、例えば、ある人物を非常に嫌っている人であるとか、噂好きな人など、様々なパターンがある。
 つまり、こちから頼んでいないのに、欲しい情報を探って持ってきてくれる人のことである。

 こうした無意識の協力者は、そもそも仲間や敵という概念がないので、非常に安全である。
 社内の情報をうまく吸い上げるには、明確に仲間であると意識しているメンバーに加えて、こうした無意識の協力者を組み合わせることが重要である。

 仲間意識の強い人物は、グループに貢献しようと、情報を都合のいいように解釈してしまう可能性もあるからだ。

 若いうちはこうしたことに気を遣う必要はないが、ある程度立場が上になり、部下を持つような年齢になってきたら、グループ形成のテクニックは常に意識しておいた方がよいだろう。

【参考記事】
出世したければオヤジ向けビジネス雑誌を読め
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FE117_L
総合力は評価されにくい

 「○×すべき」というべき論が出てきた時は要注意だ。学歴にとらわれず採用すべきだ …

soudan3571
出世すると時間の使い方が変わる

 出世して役職が上がっていくと、時間の使い方が大きく変わってくる。こうした変化を …

a0003_001872
出世の糸口はボトルネックにあり

 出世するための最良の方法は、自分が務める会社の出世ルールを的確に理解し、出世し …

PHM11_0672
リストラされた時の対処方法

 終身雇用の制度が崩壊した今、どんなに優良な企業に勤めていても、会社をリストラさ …

Image8
仕事を速く進めるためには

 仕事のスピードが速いことはビジネスマンにとって非常に重要なことだ。仕事のスピー …

FE039_L
社内の評判と社外の評判

 以前の日本では転職やヘッドハンティングとは無縁の会社が多かったが、最近では転職 …

ED181_L
無意味な事務手続きを甘く見るな

 会社の組織は膨大な実務手続きの集合体で出来ている。組織が大きくなってくると、事 …

abeshusho
とうとう年功序列の賃金体系にメス?

 これまで日本の労働市場ではタブーといわれていた年功序列の賃金体系にメスが入る可 …

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …

a0001_009257
身だしなみは出世に大きく影響する

 職場での身だしなみは出世において極めて重要である。身だしなみといってもブランド …