なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世する人は見えない派閥を作るのがうまい

 

 会社内には、いわゆる派閥というものができることがある。派閥というほど明確でなくても、何となくグループが形成されていることは多い。だが、こうしたグループに属したり、グループを率いたりすることには、メリットもあるが一方でデメリットもある。

見える派閥と見えない派閥
 社内での地位が上がってくると、最終的には何らかの形で派閥を形成せざるを得なくなる。次期社長をめぐって二人の候補者が争い、敗れた側と親密だった人の立場が悪くなるというのはよくある話だからだ。

mienaihabatsu445 だが、それほどの地位になっていない状態の場合、あまり特定のグループの色が濃くなることは必ずしも得策ではない。一方で、まったくグループを形成していないというのも、情報収集などの点でマイナスだったりもする。

 出世が上手な人は、見えない形でグループを形成するのがうまい。周囲からはそれほど強固なグループとはみなされていなくても、しっかりとグループの機能を形成できる人物を自分の周囲に集めている。

 自分のグループがあると好都合な点は、やはり社内の情報収集であろう。ライバルになる人物の動向はもちろん、経営陣の動きなどが、他の部署のちょっとした情報から得られることもある。

 また、自分に付いてきてくれる部下が多いことは、ある程度の役職になると、非常に大きな効果を発揮する。要所要所に忠実な部下を配置することで、全体的な人間関係のバランスを取ることができるからである。

最高の協力者は自覚のない協力者
 グループを形成するメンバーは、必ずしも本人が自覚している必要はない。人心掌握術がうまい人は、本人が意識していない協力者を何人も持っていたりする。

mienaihabatsu485 本人が意識していない協力者とは、例えば、ある人物を非常に嫌っている人であるとか、噂好きな人など、様々なパターンがある。
 つまり、こちから頼んでいないのに、欲しい情報を探って持ってきてくれる人のことである。

 こうした無意識の協力者は、そもそも仲間や敵という概念がないので、非常に安全である。
 社内の情報をうまく吸い上げるには、明確に仲間であると意識しているメンバーに加えて、こうした無意識の協力者を組み合わせることが重要である。

 仲間意識の強い人物は、グループに貢献しようと、情報を都合のいいように解釈してしまう可能性もあるからだ。

 若いうちはこうしたことに気を遣う必要はないが、ある程度立場が上になり、部下を持つような年齢になってきたら、グループ形成のテクニックは常に意識しておいた方がよいだろう。

【参考記事】
出世したければオヤジ向けビジネス雑誌を読め
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

okoru
怒られ上手な人と怒られ下手な人

 世の中には怒られるのが下手な人がいる。下手というよりも、怒られることに慣れてい …

ED181_L
無意味な事務手続きを甘く見るな

 会社の組織は膨大な実務手続きの集合体で出来ている。組織が大きくなってくると、事 …

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …

google00aa
Googleの採用基準は出世の参考になる

 従来型の学業成績にこだわらない米Googleの採用基準が話題となっている。同社 …

FE054_L
仕事への情熱は人によって違う

 会社内での人間関係や取引先とのトラブルなど仕事には精神的ストレスが付き物である …

a0001_016894
能ある鷹は爪を隠さない

 能ある鷹は爪を隠すという諺がある。意味は言うまでもないが、本当に実力のある人は …

a0002_008005
若いころの失敗は気にするなのウソ

 よく若いころは失敗など気にせずチャレンジをしろといわれる。若いころの失敗は失敗 …

PHM11_0256
やったもの勝ちというのは本当だ

 「やったもの勝ち」という言葉がある。アンフェアなことであっても先にやってしまっ …

a0002_009039
公務員に学ぶ究極のサラリーマン学

 出世したいか?と聞かれて、したくないと答えるサラリーマンはあまりいないだろうが …

a0008_001842
上司はたいがい矛盾したことを考えている

 「上司は矛盾したことばかり言う」部下の多くはそう考えている。それは半分は合って …