なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自分の魅力を知る必要性

 

 本コラムでは何度も指摘していることだが、出世に結びつく人脈作りのコツは、自分を引き上げてくれるキーマンとどのようにして出会うのかということである。人脈作りのコツは、すべてこの部分に集約されるといっても過言ではない。

立場が上の人に魅力的に思われるには
 自分を引き上げてくれる重要人物というのは、ほとんどの場合、自分よりも立場が上である。つまり、自分自身は、その人よりも高いスキルや実績を持っていないことが大前提ということになる。

miryoku6801 当たり前のことなのだが、この事実を認識していない人が結構多い。
 立場が上の人から注目されるためには、よほど魅力的な材料を提供する必要があるにもかかわらず、そのことを分かっていないのである。よい人脈ができないのは、ほとんど場合、それが原因となっている。

 もし会社の中の話であれば、それほど難しいことではない。

 会社の上司にとって魅力的な部下とは、自分が安心して仕事を任せられる人物であり、ほとんどその一点に尽きるといってよい。

 上司には、必ずその上に上司がいる。上司は上司で、常に上の上司から報告や成果を求められているのである。だが部下というのものは、案外、上司のこうした状況を理解していない。この状況を理解した上で仕事をこなす部下は、部下であっても、上司にとって魅力的に映るものなのである。

 上司の上司が、そろそろ報告を欲しがっている、明日は役員に呼ばれそうだ。こういったことを予測して動くことができれば、あなたの社内人脈は自然と形成されてくる。

営業という立場から問題解決を提言できる立場に
 この話は、顧客であってもまったく同じである。
 顧客への営業は、単に自社の製品やサービスを売り込めばよいと思っている人がいるがそうではない。顧客はあたなの会社に仕事を出したいと思っていても、社内事情が許さないというケースは多いのである。そんな状況で、いくら自社の製品やサービスの特徴を説明しても意味がない。

miryoku6822

 顧客の会社の人間関係がどうなっているのか、中にはどんな問題が発生しているのかを把握し、それを前提に提案を進めていくと、仕事が面白いように進むことがある。

 うまく顧客の企業に入り込めると、こちらから頼まなくても、顧客企業の社員が、いろいろな相談を持ちかけてくれるようになるのだ。

 本来はモノやサービスを売り込むはずの立場が、問題解決(ソリューション)を提供できる立場に変わるのである。
 会社の部下や営業というのは本来、弱い立場なのだが、うまく魅力的な立場を確立できると、その関係性は逆転する。


 どうすれば、自分は相手にとって魅力的な存在になれるのか常に考えておくべきである。間違っても、一方的に自分の魅力をアピールしてはならない。これではただイタいだけである。

【参考記事】
これからは一生働くことを前提にキャリアを考える必要がある
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

hyojobosi4673
表情が乏しいのか、感情が乏しいのか

 出世できる人は、先入観を持たずに物事を見るクセがついている。これができるように …

ittooltoraburu7410
出世できる人はITツールをめぐるトラブルとは無縁

 新しいITツールをめぐる職場のトラブルはなくならいようである。ネット上では「L …

a0008_001841000111
上司にベストなタイミングで報告するコツ

 上司への報告が仕事をスムーズにするコツの一つであることは多くの関係者が指摘して …

yorokobi
出世する人は自分とのコミュニケーションが上手

 出世するためにはコミュニケーション能力が重要といわれる。出世に限らず仕事をうま …

GD080_L7702
出世できる人の社内交渉術

 出世できる人は当然のことだが交渉が上手い。だが社外はともかくとして、社内の場合 …

EV090_L
出世する人は締切のある仕事とない仕事の区別が上手い

 仕事には2つの種類があるといわれる。ひとつは締切がある仕事でもうひとつは締切が …

jikoshucho556
自己主張にはコストがかかる

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の …

motibeshon01
出世できる人は他人のモチベーションについて理解している

 出世できる人はモチベーションに対する理解が鋭い。それは自分自身のモチベーション …

HENSA
企業で学歴が重視されるわけ

 日本の会社では学歴を重視する風潮が強い。社歴が古い大企業などではその傾向が顕著 …

jousibunnrui2147
上司を分類して対処法を探る

 これからのサラリーマンは、たとえ会社に勤務していても、自らをひとつの独立した企 …