なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

あたなの足を引っ張る人は誰か?

 

 出世の妨げになるのは、自分の競争相手だと思っている人は多い。だが現実にはそうではなく、思いもしないところに敵が潜んでいたりする。実はこうした見えない敵をいかにコントールするのかの方が出世には大事だったりするのだ。

それぞれの部署の人にとっては自分の仕事がすべて
 営業などフロント系の部署にいる人は特にこの傾向が強いのだが、事務手続きなど、社内のプロセスを軽視する人がいる。こうした行動は見えない敵を作りやすいので注意が必要だ。

asipipparu741 お金を稼ぐ部署にいると、会社の中ではそれが最優先事項であると思いがちである。会社全体としてみれば実際にそうなのだが、それぞれの社員にとっては必ずしもそうとは限らない。

 特にスタッフ部門にいる社員にとっては、その業務が重要であり、部署での評価もその業務が基本となる。このため、社内の手続きを軽んじる他の部署の人に対しては、悪い感情を持ちがちである。

 社内の手続きを軽視し、管理部門の仕事を邪魔なものと見る傾向が強い人は、こうした部署の人から反発をくらい、最悪の場合、仕事を邪魔される可能性もある。特に昇進という段階になると、「社内の評判」という形で、大きなマイナス要素になってしまうこともある。

 会社は組織で仕事をしているのであって、一人で仕事をするわけではない。出世を考えているのであれば、そのあたりはよく理解しておいた方がよい。

仕事ができるがゆえに陥りやすいワナ
 ある商社の営業部門に勤務するCさんは、商品を管理し配送を手配する部署とよく揉めていた。Cさんは営業が最優先と考えており、在庫の管理や配送といった業務は、営業サイドの状況に合わせるべきと考えていたのである。

asipipparu777 確かにこの会社は商社なので、営業あっての会社であり、Cさんの考え方はあながち間違ってはいない。だが在庫を管理したり配送を手配する側にもいろいろと事情があることを忘れるべきではない。

 だがCさんは多少営業成績がよいだけに、こういったところに無頓着であった。しばしば商品の配送で無理を押し通し、それが当たり前というような顔をしていたのである。

 日々の業務では、商社ということもあり営業が最優先という社風だったので、管理部門は内心では怒っていたものの、Cさんの要望を受け入れ、無理をして商品の配送手配をしていた。

 だが、こうした人たちの反乱は思わぬところでやってきた。管理部門の課長だった人物が、人事の課長に異動になったのである。この時、Cさんは最初の管理職への選抜タイミングに重なってしまった。Cさんは見事に最初の選抜候補からははずされてしまったのである。

 Cさんにはまだまだチャンスはあるが、こうしたことはない方がよいに決まっている。あなたの足を引っ張るのは、目の前のライバルとは限らないのである。

【参考記事】
出世する人は理想の上司など求めない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kyuka45ty78
長い休暇は出世に響くか

 企業の中には、制度としては比較的長めの休みを取れる仕組みを設けているところも多 …

guntai040
ガバナンスのメカニズムを知れ

 組織で出世しようと思ったら、その会社の出世のルールを知る必要がある。そして、出 …

a0003_001763
自分より年下の人脈を重視せよ

 最近は多くの企業で出世させる人とさせない人を明確に区別するようになってきている …

a0001_016894
能ある鷹は爪を隠さない

 能ある鷹は爪を隠すという諺がある。意味は言うまでもないが、本当に実力のある人は …

mottaitukeru
何かともったいつけた言い方をする人

 何かと、もったいつけた言い方をするビジネスマンは多い。これは出世の大敵となるの …

FE039_L
社内の評判と社外の評判

 以前の日本では転職やヘッドハンティングとは無縁の会社が多かったが、最近では転職 …

Image2
出世できる人は言葉の言い換えが上手い

 同じような内容を話していても、相手を納得させられる人とさせられない人がいる。相 …

tsumaranai001
出世したいならつまらない人間になれ

 あなたの会社ではどのような人が出世しているだろうか?会社によって出世しやすい人 …

a1180_005319
MBAにまつわる大きな誤解

 一時期ほどではないが、MBA(経営学修士)取得を希望する人は少なくない。中には …

FE067_L
新規事業を考えろと言われたら

 日本は単純な高度成長の時代が完全に終了し、モノやサービスを売ることが年々難しく …