なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

あたなの足を引っ張る人は誰か?

 

 出世の妨げになるのは、自分の競争相手だと思っている人は多い。だが現実にはそうではなく、思いもしないところに敵が潜んでいたりする。実はこうした見えない敵をいかにコントールするのかの方が出世には大事だったりするのだ。

それぞれの部署の人にとっては自分の仕事がすべて
 営業などフロント系の部署にいる人は特にこの傾向が強いのだが、事務手続きなど、社内のプロセスを軽視する人がいる。こうした行動は見えない敵を作りやすいので注意が必要だ。

asipipparu741 お金を稼ぐ部署にいると、会社の中ではそれが最優先事項であると思いがちである。会社全体としてみれば実際にそうなのだが、それぞれの社員にとっては必ずしもそうとは限らない。

 特にスタッフ部門にいる社員にとっては、その業務が重要であり、部署での評価もその業務が基本となる。このため、社内の手続きを軽んじる他の部署の人に対しては、悪い感情を持ちがちである。

 社内の手続きを軽視し、管理部門の仕事を邪魔なものと見る傾向が強い人は、こうした部署の人から反発をくらい、最悪の場合、仕事を邪魔される可能性もある。特に昇進という段階になると、「社内の評判」という形で、大きなマイナス要素になってしまうこともある。

 会社は組織で仕事をしているのであって、一人で仕事をするわけではない。出世を考えているのであれば、そのあたりはよく理解しておいた方がよい。

仕事ができるがゆえに陥りやすいワナ
 ある商社の営業部門に勤務するCさんは、商品を管理し配送を手配する部署とよく揉めていた。Cさんは営業が最優先と考えており、在庫の管理や配送といった業務は、営業サイドの状況に合わせるべきと考えていたのである。

asipipparu777 確かにこの会社は商社なので、営業あっての会社であり、Cさんの考え方はあながち間違ってはいない。だが在庫を管理したり配送を手配する側にもいろいろと事情があることを忘れるべきではない。

 だがCさんは多少営業成績がよいだけに、こういったところに無頓着であった。しばしば商品の配送で無理を押し通し、それが当たり前というような顔をしていたのである。

 日々の業務では、商社ということもあり営業が最優先という社風だったので、管理部門は内心では怒っていたものの、Cさんの要望を受け入れ、無理をして商品の配送手配をしていた。

 だが、こうした人たちの反乱は思わぬところでやってきた。管理部門の課長だった人物が、人事の課長に異動になったのである。この時、Cさんは最初の管理職への選抜タイミングに重なってしまった。Cさんは見事に最初の選抜候補からははずされてしまったのである。

 Cさんにはまだまだチャンスはあるが、こうしたことはない方がよいに決まっている。あなたの足を引っ張るのは、目の前のライバルとは限らないのである。

【参考記事】
出世する人は理想の上司など求めない
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

hirune002
昼寝は出世に影響するか?

 このところ昼寝の効用に関する話題が盛り上がりを見せている。仕事中、眠いところ無 …

kouritsuka4597
出世できる人は効率化を考えない

 「効率化」は魔法のキーワードである。効率化を求めることは絶対的にいいことであり …

aiteniawaseru001
出世したければ骨の髄まで流されろ

 会社という組織の中で出世しようと思ったら、その会社の社風や上司の雰囲気に自分を …

keiken001
経験から学べる人と学べない人

 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶというのは、かつてのドイツの宰相ビスマル …

okoru
怒られ上手な人と怒られ下手な人

 世の中には怒られるのが下手な人がいる。下手というよりも、怒られることに慣れてい …

a0008_001842
上司はたいがい矛盾したことを考えている

 「上司は矛盾したことばかり言う」部下の多くはそう考えている。それは半分は合って …

bakgaesi2
倍返しどころか半返しもダメだ

 TVドラマの影響で、世の中は今、「倍返し」がブームになっている。ドラマのように …

situsmon761
人から何かを聞かれたら

 出世できる人は、自分が詳しい分野について人から尋ねられた時、分かりやすく丁寧に …

MAIL
誰が出世するのかを見極める方法

 会社の中で誰が出世するのか分かれば、いろいろと便利だ。もちろん自分がその対象な …

a0002_0001002
勉強会好きな人には残念な人が多い

 仕事帰りや朝の時間帯などを利用した勉強会は数多く存在している。カリキュラムも実 …