なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

出世したければ横柄な態度は取るな

 

 本気で出世しようと思うのなら、人に対して横柄な態度を取るべきではない。これは、振る舞いが立派な人が出世するというような、タテマエの話をしているのではない。サラリーマンという、組織で働く人間の本質的な損得のことを言っているのだ。

反感を持たれることはマイナスにしかならない
 組織で働く人間にとって、その組織での評価は極めて重要である。というよりも、それがすべてを決めてしまうといってもよい。仕事ができることはもちろん重要だが、それ以上に、組織内での評判がモノをいう世界なのだ。

ouheitaido01 特に日本の組織の場合、採用や解雇を含めて、部門長が全権限を握っているというケースは少ない。誰が出世するのかは、組織全体での評判に大きく左右されるのである。そうなってくると、仕事ができるというだけでは不十分であり、周囲とのトラブルが少ないという点が非常に重要になってくる。

 周囲の人間は誰がどのようなことをきっかけに自分に敵意を持つか分からない。組織で働く以上は、相手が上司の場合はもちろんのこと、同僚や部下に対しても、横柄に振る舞っていいことはほとんどない。

 最近では年功序列も崩れてきており、年下が抜擢されて上司になるケースもある。基本的には誰がいつ自分の上に立つか分からないという前提で行動すべきである。

 よく部下に暴言を吐くような上司というのを見かけるが、これはある意味では、精神面での弱さの裏返しである。出世するためにいろいろガマンしてきた反動で、部下にあたっているわけだが、さらに強いプレッシャーをかけられると壊れてしまう可能性がある。

本当の出世候補者とは?
 これは社外での振る舞いも同じである。鉄道の駅などで、他の乗客や駅員などとトラブルになっている人を時々見かける。こうした出来事が、直接、給料や昇進に響くわけではないが、外部でのトラブルがある人というのは、何らかの形でマイナスの評価につながってくる可能性がある。

ouheitaido02 こうしたことは、ボディーブローのように効いてくるので、本人はなかなか認識しずらい。日頃から意識していないと、こうしたリスクを回避することは難しいのだ。

 最近では、M&Aなどによって別な会社と一緒になることもあれば、中途採用によって外部の人間が社内に入ってくることもある。これまで、自分は顧客の側と思ってエラそうにしていたら、その人が幹部で入社してくるという事態は十分に考えられるのだ。

 見ず知らずの相手でも、上司でも部下でも、取引先でも、基本的には低姿勢に振る舞い、できるだけトラブルを避けるのが、サラリーマンとして正しい行動である。

 口でいうのは簡単だが、実行するのはなかなか難しい。腰が低い人には仕事ができない人が多く、逆に、仕事ができる人は、プライドが高く横柄な人が多いのだ。両方を兼ね備えた人こそが、本当の意味での出世候補者である。

【参考記事】
出世する人は話を聞くフリが上手
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

sumahorenraku6441
LINEで欠勤の連絡がアリなのかについて、どう判断すべきか?

 LINEで欠勤連絡はありか?という記事があった。LINEで欠勤の連絡をすること …

komyunike
コミュニケーション能力は単体のスキルではない

 出世の要件のひとつに高いコミュニケーション能力があることを否定する人はいないだ …

PHM11_0258
アンケート結果から逆算する出世の法則

 日本人の職場に対する考え方は諸外国に比べるとかなり変わっているという。職場に対 …

yahookojinn01
ヤフー社員による自社記事批判からから何を学ぶか?

 ヤフーの社員が自社のサイトに寄稿しているブロガーが執筆した記事を「しょーもない …

seichou0010
成長したいと考える人は出世できない

 入社する企業を選ぶ基準として「自分自身が成長できる会社」というキーワードを上げ …

a0002_002427
出世できる人はわざわざ人脈作りをしなくてもよい

 人脈はビジネスマンが持つべき重要な資産の一つである。だがいわゆる人脈拡大術のよ …

0001
バブル上司など操るのは簡単

 バブル経済の真っ最中に学生時代を過ごした世代が、社内でそれなりの立場に昇進する …

PHM11_0563
「見積もり下手」は出世で大きく損をする

 実際にどの程度仕事ができるかは別にして、仕事ができると思われやすい人と、そうで …

kanpai001
飲みニケーションは必要か?

 最近ではだいぶ少なくなったが、それでも会社での飲み会はそれなりの頻度で存在する …

kyuka45ty78
長い休暇は出世に響くか

 企業の中には、制度としては比較的長めの休みを取れる仕組みを設けているところも多 …