なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

ヤフー社員による自社記事批判からから何を学ぶか?

 

 ヤフーの社員が自社のサイトに寄稿しているブロガーが執筆した記事を「しょーもない」とフェイスブックを通じて批判し、記事執筆者が怒って寄稿をストップするという騒ぎが発生した。出世を考えるビジネスマンにとっては、いろいろと考えさせられる出来事である。

自社の商品や取引先を批判する社員は実は多い
 ヤフーには、「ヤフー個人」というニュースのコーナーがあり、個人のブロガーが記事を寄稿している。ここに記事を執筆していたのはブロガーとして知られるITコンサルタントの永江一石氏。永江氏は2014年6月6日に「白鵬を『日本人みたいだ』というのは失礼すぎると思う」というタイトルで記事を書いた。

yahookojinn01 これに対し、ヤフーでサービスマネージャーをしている男性社員が、フェイスブックを通じてコメント欄に「しょーもない記事だ」と書き込んだ。

 永江氏は「Yahoo!の人がYahoo!に書いたのをしょーもないと??」とコメントを返した。すると、この社員はさらに「個人の見解です。実にしょーもないですね」と批判を続けた。永江氏はこの対応に怒り、ヤフー個人の執筆陣から降りると発言した。ヤフーでは、この社員を厳重注意にしたという。

 このサイトを見ている出世を考えるビジネスマンの人であれば、このヤフー社員の対応が論外であることは説明するまでもないだろう。

 記事の内容がどうかという問題ではなく、ヤフーにとってみれば、ブロガーが寄稿した記事は、自社の商品であり、記事を寄稿しているブロガーは取引先である。結果責任を負うことができない立場の一般社員が自社の商品や取引先を公の場で批判していいわけがない。これは記事の内容以前の問題である。

 だがこの話は決して他人事ではない。責任を取れる立場でもない社員が、公の場で自社製品を貶める発言を行ったり、取引先を怒らせる発言をするケースは実は結構多いのである。特に上司という立場になった場合には、こうしたリスクには細心の注意を払う必要がある。

常識で考えれば分かるだろうという考えは危険
 世の中には、会社に勤めていても、ビジネスの常識というものを持っていない人が多数存在する。あるメーカーの課長は、社内で冗談半分で自社製品に対して文句を言ったり、取引先の悪口などを言っていた。自分の部下も含めて、この話は内部のオフレコであると完全に理解していると思っていたからである。

yahookojinn02 そうであるがゆえに、取引先から「ずいぶんひどいことを言いますね」と文句を言われたときには、その課長は言葉を失った。部下が取引先に対して「ウチの課長がこんなことを言ってました」と内輪の話を暴露していたからである。

 しかもその部下には悪気はなかった。課長が部下を呼んで話を聞いても、悪いことをしたという意識はまるでない。何か問題でも?というような顔をしている。

 ヤフーの社員も、永江氏から「ヤフーの人がそんなことを言っていいの?」と指摘されても、そのまま批判を続けたところをみると、何が悪いことなのかおそらくよく理解していないのだろう。

 上司にとってみれば、こんな部下は爆弾も同然である。だがどうすればこうした事態を防げるのか?最終的には、社内では、壮大なタテマエを通すことしか方法はないのである。社内では冗談であっても、取引先の悪口などはしゃべらない方がよい。

 自社の商品はすばらしい!ウチの取引先は皆立派だ!と自己啓発セミナーのように連呼していた方がむしろ安全なのだ。バカバカしいと思うかもしれないが、これが現実であり、最大のリスク管理策なのである。

【参考記事】
グローバル感覚はなぜ大事か?
【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

FE052_L001
相手の言葉の真意を理解せよ

 コミュニケーションは、相手が何を言いたいの理解することから始まる。相手の言葉を …

ET116_L
悪い話は引きずる。良い話はすぐ忘れられる

 日本の会社は減点主義だといわれる。学歴などでどのようなタイプを出世させるのかあ …

Image2
出世する人は質問力が高い

 多くの人は会話の中で何気なく質問、あるいは疑問形の言葉を発しているかもしれない …

a0002_006323445
出世する人は理想の上司など求めない

 多くのビジネスマンが理想的な上司を求めている。筆者も若いサラリーマンだった時代 …

kanpei
飲みに行かないと出世できない?

 最近は社内大宴会という光景はあまり見られなくなってきたが、それでも会社の人と飲 …

setoku7455
出世できる人は、状況に応じて説得方法を変えられる

 ビジネスにおいて相手を説得することは極めて重要なスキルである。営業活動における …

35saitenshoku01
転職35歳限界説が消滅したのは本当か?

 これまで転職市場には、35歳までが限界という説があった。いわゆる転職35歳限界 …

zenryoku001
出世できる人は入社初日から全力投球している

 社内で出世に関して具体的に差が付き始めるのは、多くの企業では管理職になってから …

aiji13711176084
出世できる人はリーダーシップを勘違いしない

 出世する人はリーダーシップがある。そう思っている人は多いだろう。だが、リーダー …

wakai
誰が出世する人を決めているのか?

 前回のコラムでは、出世する人をどのように決めるのかというルールは会社の種類によ …