なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自己主張にはコストがかかる

 

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の組織においては、残念ながらその指摘は当たっている。基本的には若いうちは自己主張をしない方が、出世には圧倒的に有利である。

年配者が自己主張できるのは貯金があるから?
 日本の組織は、基本的に年功序列になっており、多少の抜擢はあっても、年次の違いによって秩序が形成されている。これがグローバルに見た場合、弱点になってきているのだが、ここでそれを論じても意味がない。jikoshucho556

 このような組織では、秩序が乱れることを大変に嫌う。このため、若い社員の自己主張は、ポーズとしてなら許されるが、それ以上は決して許容されないのである。

 日本の組織において自己主張はコストがかかる行為と考えた方がよい。年配者は今までガマンを重ねてきたので、その分、貯金がある。自分より下の人に対しては、その貯金を使ってワガママを通してもよいという理屈になっている。
 だが若い人には貯金がない。つまり自己主張をするための原資がないのである。

 その状態であえて自己主張するということになると、それはマイナス、つまり借金ということになる。若いうちから借金まみれになってしまうと、ある程度年次が上になっても、それはようやくプラスマイナスがゼロになる程度である。ワガママを通すための、十分な貯蓄にはならないのだ。

外資系企業は実はもっと厳しい?
 日本の組織では自己主張は御法度だといったが、諸外国はどうなのだろうか?外国の企業は、日本企業に比べて自分の意見を言うことについては寛容かもしれない。だが上司の決定に絶対的に従うかどうかという点では、おそらく日本企業よりもはるかに厳しいだろう。

jikoshucho557 外資系の企業に入り、日本企業と同じような感覚で、聞かれてもいないのに上司に意見をしたり、上司の決定に反対するといった行動を起こして、クビになってしまう人が結構いる。

 諸外国では聞かれた時にはむしろ自分の意見をしっかり言った方がプラスに評価されるが、上司の意思決定権については絶対というところが多い。

 上司の決定をないがしろにするような言動は致命的な結果をもたらす。むしろ日本の組織は不満タラタラの状態でもそれなりに許されてしまう、緩い組織なのである。

 徐々にではあるが、日本の企業風土もグローバル化の方向に進みつつある。

 表面的には自己主張をすること寛容になっていても、上司の決定に対しては、絶対的な受け入れを求められるようになってくるかもしれない。いずれのパターンになるにせよ、聞かれる前に自己主張をすることは百害あって一利なしである。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則

  関連記事

Image2
人間関係は相関図を書いて解決しよう

 職場の悩みでもっとも多いのが人間関係である。性格や能力がバラバラな人間がひとつ …

setoku7455
出世できる人は、状況に応じて説得方法を変えられる

 ビジネスにおいて相手を説得することは極めて重要なスキルである。営業活動における …

iraira001
出世できる人が人格者として振る舞える理由

 出世できる人の多くは、総じて周囲からの評判が良い。日本の会社では周囲からの評判 …

a0002_002241
出世したければ後輩の面倒を見ろ!

 チームには後輩の面倒見がいい人と、そうでない人がいる。後輩といっても部下でなけ …

taido0021
上司がいる時といない時で態度を変えてはいけない

 上司がいなくなると、ついリラックスしてホンネが出てくるものである。だが本気で出 …

Image2
出世する人は決断を迫るのが上手い

 上司や顧客でなかなか決められない人は多い。すばやく決断ができる上司や顧客はむし …

FE117_L
総合力は評価されにくい

 「○×すべき」というべき論が出てきた時は要注意だ。学歴にとらわれず採用すべきだ …

kami
書類の体裁を整えられない人が出世できない理由

 書類の体裁は大事だ。中身のない資料ばかり作っているのは論外だが、見栄え良く書類 …

FE081_L
仕事ができる人が陥りがちな失敗

 仕事ができる人は、多くの場合、他の凡庸な社員とは異なる思考回路を持っていること …

a0055_000580
上司は結構疲れている

 上司に気に入られようといろいろ工夫してるが空回りしている人も多い。上司が求めて …