なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

自己主張にはコストがかかる

 

 会社の中で若いうちから自己主張をすることはマイナスだといわれる。閉鎖的な日本の組織においては、残念ながらその指摘は当たっている。基本的には若いうちは自己主張をしない方が、出世には圧倒的に有利である。

年配者が自己主張できるのは貯金があるから?
 日本の組織は、基本的に年功序列になっており、多少の抜擢はあっても、年次の違いによって秩序が形成されている。これがグローバルに見た場合、弱点になってきているのだが、ここでそれを論じても意味がない。jikoshucho556

 このような組織では、秩序が乱れることを大変に嫌う。このため、若い社員の自己主張は、ポーズとしてなら許されるが、それ以上は決して許容されないのである。

 日本の組織において自己主張はコストがかかる行為と考えた方がよい。年配者は今までガマンを重ねてきたので、その分、貯金がある。自分より下の人に対しては、その貯金を使ってワガママを通してもよいという理屈になっている。
 だが若い人には貯金がない。つまり自己主張をするための原資がないのである。

 その状態であえて自己主張するということになると、それはマイナス、つまり借金ということになる。若いうちから借金まみれになってしまうと、ある程度年次が上になっても、それはようやくプラスマイナスがゼロになる程度である。ワガママを通すための、十分な貯蓄にはならないのだ。

外資系企業は実はもっと厳しい?
 日本の組織では自己主張は御法度だといったが、諸外国はどうなのだろうか?外国の企業は、日本企業に比べて自分の意見を言うことについては寛容かもしれない。だが上司の決定に絶対的に従うかどうかという点では、おそらく日本企業よりもはるかに厳しいだろう。

jikoshucho557 外資系の企業に入り、日本企業と同じような感覚で、聞かれてもいないのに上司に意見をしたり、上司の決定に反対するといった行動を起こして、クビになってしまう人が結構いる。

 諸外国では聞かれた時にはむしろ自分の意見をしっかり言った方がプラスに評価されるが、上司の意思決定権については絶対というところが多い。

 上司の決定をないがしろにするような言動は致命的な結果をもたらす。むしろ日本の組織は不満タラタラの状態でもそれなりに許されてしまう、緩い組織なのである。

 徐々にではあるが、日本の企業風土もグローバル化の方向に進みつつある。

 表面的には自己主張をすること寛容になっていても、上司の決定に対しては、絶対的な受け入れを求められるようになってくるかもしれない。いずれのパターンになるにせよ、聞かれる前に自己主張をすることは百害あって一利なしである。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則

  関連記事

tatibanashi554
出世できる人は2回目を大事にする

 会社の上司や顧客などに自分を売り込むことは出世において非常に重要な意味を持つ。 …

FE024_L
出世するほど仕事が面白くなるのは本当か?

 出世すると会社の仕事が面白くなるといわれているが、それは本当である。特に管理職 …

ketudanryoku
出世する人は決断力があるのか?

 仕事ができる人は決断力がある。少なくとも周囲はそのようなイメージを持っているは …

EY075_L
出世したいなら結果よりも言葉の言い回しに気を使え!

 日本のサラリーマン社会を生き抜くために忘れてはならないことは、結果ではなくプロ …

a0008_001827
転職したいと思ったら

 キャリアのステップアップのために転職を考えている人も少なくないだろう。うまく転 …

robot0081
ロボットに仕事を奪われないためには

 出世競争といえば、これまでは人と人の競争だったが、近い将来は、ロボットとも出世 …

Image2
出世したければオヤジ向けビジネス記事を読め(その1)

 オヤジ向けのビジネス誌には出世のための情報が満載だ。ネットで無料で読めるものも …

miki
楽天英語公用語化の本当の意味

 前回は出世のためには英語はできた方がよいという話を書いた。記事の冒頭に楽天とユ …

a0002_002427
出世できる人はわざわざ人脈作りをしなくてもよい

 人脈はビジネスマンが持つべき重要な資産の一つである。だがいわゆる人脈拡大術のよ …

taihen01
出世したいなら下積みで手を抜いてはダメだ

 ベンチャー企業や中小企業は、人材に余裕がないので、新入社員にのんびり下積み仕事 …