なぜあなたは出世できないのか?-出世の教科書

ビジネスパーソン100人への取材で明らかになった出世する人の特徴

*

昼寝は出世に影響するか?

 

 このところ昼寝の効用に関する話題が盛り上がりを見せている。仕事中、眠いところ無理して起きているよりも、短時間の昼寝をした方が能率が上がるという。だが、出世という観点では、これをどう解釈したらよいだろうか?

昼寝は仕事の効率をアップさせるが・・・ 
 
厚生労働省は今年の3月、睡眠に関する指針を11ぶりに改訂した。この中で、注目されているのが、昼寝の効用である。指針では、仕事の途中で眠気が生じる場合には、30分程度の短い昼寝が効果的だという。

hirune002 おそらくこの指摘は正しい。眠気が襲い、集中力を欠いている状態でダラダラと仕事を続けていても、あまり効率的とはいえない。短時間の昼寝をしてリセットした方がはるかに高い成果が得られるだろう。だが、これはあくまでも個人の仕事の生産性のことを指している。組織で出世するという観点において、同じ結論が得られるかどうかは分からない。

 その証拠に、日本企業における昼寝への取り組みはかなり特徴的だ。昼寝は効率アップによいとの結果を受け、昼寝を推奨しているという会社もある。だが、昼寝をしてもいい、という内容ではなく、時間を決めて皆で昼寝をするといった、工場労働的な考えから脱却できていないところも多い。要するに集団主義なのである。

 本来、仕事の評価を、時間ではなく結果で行うのであれば、いつ出社したり退社してもいいはずであり、昼寝もしようがしまいが自由なはずである。退社時間が不規則で顧客に迷惑をかけているようであれば、その結果も含めて自己責任である。だが制度として昼寝を活用するということになると少し話は変わってくる。

全社一斉の昼寝が意味すること
 制度として昼寝を推奨しているのであれば、それは全社一斉であり、仮に昼寝が必要のない人でも、それを活用することが重要となる。やはり会社の方針に沿って、同じ行動を取ることが求められているのだ。
 昼寝をしても構わないという自然な風潮ではなく、制度として取り入れるあたりが、やはり日本の組織風土をよく表している。

hirune009 ということは逆の考え方もできる。昼寝制度を導入する会社はまだまだ少数派なはずである。
 だとすると、一般的な組織では、今のところ御法度ということになる。そうであれば、やはり会社で眠そうにしたり、昼寝をすることは、出世にとって完全にマイナスと考えた方がよい。

 特に減点主義の傾向が強い会社では「眠そうにしている」ことや「昼寝をしていること」は格好の攻撃材料になる。実際に仕事ができるかできないかではなく、そう見えることが問題なのである。

 「疲れているんじゃないか?」「大丈夫か?」という言葉も、額面通りには受け取らない方がよい。仕事が手一杯になっているという判断をするいい口実に使われる可能性もあるからだ。

 会社の中では、基本的に元気そうにしているのがよいのだ。これはどんなに非効率的でも残業した方がよいという理屈と同じである。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則

  関連記事

EY066_L
お客さんを第一に考える人は出世できない?

 ビジネスにおいてもっとも大切なことの一つが顧客対応である。  顧客からのクレー …

a0002_000157
長距離走が得意な人は出世しやすい

 長距離走が得意といっても、実際に1キロを何分で走るかということを言っているわけ …

a0001_016186
キャリアの複線化は必要か?

 日本では終身雇用の制度が崩れつつあり、入社した会社にずっと在籍し続けるという人 …

a0002_005490
時間管理がうまい人は出世する

 順調に出世する人の多くは時間管理が上手だ。また机の上などが整理整頓されているこ …

mimiari
出世できる人は、重要な情報を握っている

 どんな組織でも情報は強力な武器となる。これは出世に限らず、ビジネス全般に言える …

a0001_008437
成果を評価するのかプロセスを評価するのか?

 自分は努力しているのにまったく評価されないと不満に思うビジネスマンは多い。これ …

bakgaesi2
倍返しどころか半返しもダメだ

 TVドラマの影響で、世の中は今、「倍返し」がブームになっている。ドラマのように …

hyojobosi4673
表情が乏しいのか、感情が乏しいのか

 出世できる人は、先入観を持たずに物事を見るクセがついている。これができるように …

dora
ドラッカーを信奉する人は出世できない?

 日本ではなぜかドラッカーが大流行である。日本ではドラッカーは経営学の世界的権威 …

yasudaDaderot02
怒鳴ってもよい職場とダメな職場

 すべての会社に共通する出世の法則のようなものが存在しているのは事実だが、一方で …